事前のご相談について

consult  in  advance

​わたしたちとお話することで、「不安、心配」が「あんしん」に変わります。

​事前の相談をする目的

葬儀社を比較できる

葬儀社は1つではありません。

水戸市内だけでも10社はあります。それぞれの会社には特色があります。

その場で慌てて決めるより、事前に調べて決めた方が、ご自身にあった葬儀社を選ぶことができます。

不安を軽減することができる

初めてのお店って緊張しますよね?

それと同じで、初めてお願いする葬儀社も緊張すると思います。

事前に会場を見てみたり、葬儀プランや金額などを聞いておくだけでも、不安は軽減されるものです。スタッフの雰囲気も分かりますし、一石二鳥です。​

​もちろん、費用はかかりません。

費用の目安が立つ

残念ながら、葬儀が終わってから「葬儀費用が高かった」というお客様のお声をたくさん聞きます。日本消費者協会調べによると約80%の方が後悔している、と統計が出ています。もちろん、費用だけではないと思っておりますが、非常に残念です。

その原因には、いくつか考えられます。

知らないはトラブルのはじまりです。事前にお話を聞いておきましょう。

_NZ62651-Edit.jpg

​わたしたちにお任せください。

橙縁社からのアドバイス

​お越しになる前に、方向性を決めておくとスムーズです

​どなたに声をかけますか?

人数の選定は、会場選びの参考になります。

「ご家族様だけで執り行うのか」

「ご近所様、友人、会社関係など一般の方に声をかけるのか」

家族葬か一般葬かをイメージすることができます。​

​どういうお別れを考えていますか?

これは、形式の参考になります。

「昔からお願いしているお寺のご住職にお願いしようかな」

「付き合いのあるお寺がないから、紹介してほしい」

「宗教的な葬儀ではなく、お別れの会がいいな」

ご葬儀をイメージすることができます。​

ND5_3536.jpg

もちろんゼロからでも大歓迎です。

​専門スタッフがご提案させていただきます。

ご葬儀に向けてご準備しておくとよい項目

【喪主をつとめるのは誰か】

ご葬儀を進めていく上で、決定権を持つ喪主を決めます。

ご対象者様から、血縁関係の近い方が喪主をおつとめになるケースが多いです。​

【対象者、喪主の情報把握】

亡くなって最初に行う行政の手続きが「死亡届の提出」です。

今はご家族様の代わりに、葬儀社が代行して手続きを行うのが一般的です。

ご記入はご家族様の直筆になりますので、下記の項目をご記入が必要になります。事前に把握しておくと慌てません。

(対象者)住所

     世帯主

     本籍

     筆頭者

     配偶者の有無

(届出人)住所

     本籍

     筆頭者

     お名前

     生年月日

     三文判(シャチハタ不可)

【宗旨宗派を決めておく】

ご葬儀を進めていく上で、大切なのが「お見送りの仕方」です。​

​代々お付き合いのあるお寺様や神社様、またはキリスト教、友人葬、宗教にこだわらない無宗教など、個々のお考えにより異なります。

​当社からのご紹介もできますので、ご相談ください。

【ご葬儀の参列人数】

人数も会場選びの参考になりますので、重要な項目です。

ここ数年コロナウィルス感染症の影響もあり、家族葬が一般的になり15名以下の人数でのお見送りが非常に多いです。

個々のお付き合いにより、従来通り一般的なお葬式を行う方もいらっしゃいます。

【お写真の選定】

お写真選びは大切です。なぜならば、遺るものだからです。

引き伸ばし加工をしますので、できましたらお顔は親指の大きさくらいはあるといいです。

今は加工技術も上がっておりますので、背景や着せ替え加工が可能です。

お写真やデータでのお預かりとなります。

ND5_3288.jpeg