• 橙縁社公式

一日葬の内容とメリット・デメリット|近年支流のお葬式一日葬を行うにあたっての注意点


昔ながら従来のお葬式は、

  • 1日目 ⇨ 通夜

  • 2日目 ⇨ 葬儀、告別式

というように、2日間掛けて行うのが一般的でした。




しかし近年、人付き合いの変化、宗教的な考え方など、様々な理由の元、

  • 一日葬

が注目を集め、増加傾向となっています。




ですが、本来2日間掛けて行う葬儀を、1日で行う『一日葬』にデメリットはないのでしょうか?




そこでこの記事では、『一日葬』の内容やメリットとデメリットを紹介していきます。


家族葬の内容とメリットとデメリット|葬儀費用が安い噂で増えている家族葬の本当の内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi02


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

一日葬の内容とメリット・デメリット|近年支流のお葬式一日葬を行うにあたっての注意点



一日葬』とは、

  • 葬儀、告別式

  • 火葬

1日で行う葬儀形式です。




通夜を行わないことで、

  • 精神的

  • 体力的

にも、そして経済的にも遺族の負担を軽減できるため、『一日葬』を選択する方が増えています。




また、都市部を中心に家族葬』が急増していることも、『一日葬』増加に影響していると言えるでしょう。

近年、お葬式の規模は縮小化しており、小規模な葬儀を考えている方は、『一日葬』を選択する傾向にあります。




しかし、『一日葬』にもデメリットはあります。




そのため、メリットとデメリットを把握した上で、自分の家族に合った葬儀形式を選ぶようにしたいものです。

そこでここからは、『一日葬』のメリット・デメリットを紹介していきましょう。


通夜を行わない家族葬が増えている理由|家族葬の通夜の流れや内容と合わせて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi69


 

一日葬のメリットとは



まずは、『一日葬』のメリットを紹介します。


  1. 遺族の負担を軽減できる

  2. 葬儀費用を抑えることができる

  3. 参列者の負担も減らすことができる


一日葬とは|通夜を行わない一日葬の流れ、葬儀費用の平均など近年支流の葬儀形式一日葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi78


 

一日葬のメリット【1】遺族の負担を軽減できる



『一日葬』最大のメリットは、遺族の軽減負担でしょう。




通夜を含めて2日間葬儀を行うことは、

  • 体力的

  • 精神的

に、大きな負担となります。




大切な人が亡くなり、悲しみに暮れ、頭がパニック状態の中、葬儀の内容を決めなくてはなりません。

それから、夕方~夜にかけて通夜を行い、次の日には葬儀、告別式が行われます。




亡くなった知らせを出し、自宅や電話などで親族、知人の対応。

そして通夜や葬儀、告別式でも、親族や一般会葬者への挨拶や対応に追われます。




正直、気が休まる時間もなく、心身共に疲弊し、

  • 気が付いたら葬儀、火葬が終わっていた

という感想を持たれる喪主さんも多いものです。




ですが『一日葬』は、通夜を行わないため、葬儀の前日に体を休める時間をとることが可能です。

一瞬でも、落ち着く時間が取れることは、想像以上に遺族の負担軽減となるのです。


通夜・葬儀の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

一日葬のメリット【2】葬儀費用を抑えることができる



葬儀費用は高額です。

そして葬儀費用の内容は、葬儀を行う為に掛かる費用だけではありません。




  • 飲食費用

  • 施設利用料

  • 返礼品の費用

  • 参列者の宿泊施設費用

というように、式に掛かる費用以外にも、これだけの費用が掛かります。




上記の費用が、2日分ではなく1日分になることを考えれば、費用負担が軽減されるイメージが湧くでしょう。


*注・返礼品は後日も香典のやり取りが発生するため、一概に費用軽減とは言い切れません。




また、2日間式場の予約を押さえるとなると、施設の予約状況に応じて、スムーズに予約が押さえられず、日程が先送りになる可能性があります。

すると、葬儀社の霊安室利用時に掛かる、

  • 安置料金

  • ドライアイス料金

など、火葬を行うまでに発生する費用も、日ごとに増していきます。




その点『一日葬』は、1日だけのスケジュールで良いため、施設の予約が押さえやすく、比較的希望の日程で葬儀が行え、火葬までに掛かる費用も抑えられます。


安置とは|安置の意味、自宅安置と安置室利用のメリット・デメリットまで、安置の内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi19


 

一日葬のメリット【3】参列者の負担も減らすことができる



『一日葬』は、スケジュールを1日だけ空ければよく、結果参列者の負担も減らすことができます。




通夜を行う従来通りのお葬式では、特に親族は2日間共に参列しなければならないケースが多々あります。




しかし、『一日葬』の場合、

  • 仕事の都合

  • 旅費

など、様々な面で負担が軽減され、遠方の方でも、日帰りを選択することが可能です。


法事とは|いつ何をするのか?法要の種類や法要予定の立て方など法事について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi136


 

一日葬のデメリットとは



『一日葬』のメリットを紹介した所で、次にデメリットを紹介しましょう。


  1. 葬儀後に弔問対応が多くなる

  2. 檀家は寺院から反対される可能性も

  3. 香典収入が集まりずらい


コロナ禍で葬儀の常識が激変|一般会葬者が葬儀参列しないコロナ式の葬儀について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi91


 

一日葬のデメリット【1】葬儀後に弔問対応が多くなる



通夜は、18時か19時に行われることが多く、仕事や学校が終わってから参列するなど、多くの人が予定を合わせやすい時間帯となっています。




しかし『一日葬』は、11時や13時頃に開始されるため、友人や知人といった一般会葬者にとって、時間の都合がつけずらく、式に参列しずらい傾向にあります。




その結果、葬儀が終わった後に、自宅などで弔問』の対応が多くなる可能性があるのです。




『弔問』対応は、必ず連絡がきてから、時間を合わせてお願いできる訳ではありません。

そのため、基本的には誰かが自宅で待機し、いつでも対応できる状態でいる必要があります。




また、故人の友人・知人など、遺族にとっては見知らぬ人でも、しっかりとした対応が必要です。

これは、葬儀が終わって一息付けた遺族にとって、なかなかのストレスとなることでしょう。


弔問とは|弔問マナーや服装、持ち物、言葉遣いなど自宅弔問の時に失礼がないための知識
https://www.touensha.com/post/sougi139


 

一日葬のデメリット【2】檀家は寺院から反対される可能性も



この内容は、檀家(だんか)』限定となります。




若い世代になる程、

  • 檀家 = お寺にお墓がある

という認識だと思いますが、『檀家』とはその寺院の弟子であることを意味します。




そのため『檀家』の方は、菩提寺の指示に従わなくてはなりません




仮に、家族の意向で『一日葬』を選んだとしても、寺院側から、

  • 通夜も行いなさい

と言われた場合、通夜を含めた2日間の葬儀を行わなければなりません。




通夜も宗教儀式の一つとして重要な式です。

  • 宗派

  • 地域

  • 寺院ごとの考え方

によって、色々なケースが考えられますが、一概に家族の希望通りにはいかないとだけ、覚えておいて下さい。


戒名とは何か|戒名は必要?いらない?戒名の疑問・質問を分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi22


 

一日葬のデメリット【3】香典収入が集まりずらい



通夜を行う2日葬を行う理由の一つに、会葬者が多く、

  • 香典が集まりやすい

という側面もあります。




通夜は18時や19時に行われるため、一般会葬者が参列しやすいのです。

そのため、『香典』も集まりやすくなります。




遺族の関係者はもちろんですが、故人の生前の義理事や付き合いを含めると、葬儀を執り行う側にとって、参列者は想定しずらいものです。




『香典』収入は、そのまま葬儀費用の軽減となります。




『一日葬』や『家族葬』など、請求書などの支払い面だけで見れば、葬儀費用を抑えられている気がしますが、『香典』収入を含めた最終的な差額支払いで考えた場合、必ずしも同じ結果とは言えないのです。


家族葬は葬儀費用が割高|値段の安さで有名な家族葬が最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05


 

まとめ



今回は、『一日葬』の内容やメリットとデメリットを紹介しました。




通夜を含め、2日間で行っていた従来のお葬式とは異なり、

  • 葬儀、告別式

  • 火葬

までを1日で行う『一日葬』。




現在の人間関係や社会情勢を踏まえ、『一日葬』のメリットは多く、『一日葬』を選択する遺族は非常に多くなっています。




しかし、『一日葬』にもデメリットはあります。



自分の家族にとって、メリット・デメリットを比較し、よく検討してから『一日葬』を選ぶようにして下さい。


互助会解約トラブルは年間3,000件超|解約手数料の違法性など互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




閲覧数:17回0件のコメント