• 橙縁社公式

互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説


日本全国で約2,400万件、莫大な契約件数を誇る冠婚葬祭『互助会』。




一人で複数の加入者もいますが、

  • 日本人口の約20%

となり、件数だけで言えば、日本人の5人に1人が加入している計算になります。




しかし、現在では葬儀も多様化し、選択肢が広がっています。

そのため、『互助会』加入者は減少傾向にあり、以前加入していた方も解約を考える人が増えています。




そして、『互助会』解約が増える共に、

  • 解約トラブル

  • 互助会の対応に対するクレーム

がメディアなどを通し、耳にする機会が増えました。




そこでこの記事では、『互助会』の解約とトラブル、解約手数料の違法性などについて紹介していきます。


互助会(ごじょかい)と互助会費とは?葬儀の積立会員制で戦後から続くサービス内容について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi14



互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説



『互助会』は、毎月少額ずつの積立式でサービスを受けられる、会員制度の組織です。

この前払い、積立の性質上、実際に葬儀が行われ、サービスを受けるまでは、現金を預けっぱなしの状態になります。




昔は、『転ばぬ先の杖』とばかりに、そのまま放置していた方も大勢いました。




しかし現在では、

  • 葬儀に関する情報が多い

  • 葬儀費用がより安価に

  • 葬儀の選択肢が増えた

などの理由から、途中で『互助会』を解約する方が多くなったのです。


水戸市の葬儀費用平均いくら?同じ内容でも金額が大きく葬儀社によって違う理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi11



そもそも互助会は解約できるの?




割と知られていませんが、『互助会』は解約できます

積立型のサービスなので、当たり前と言えば、当たり前なのですが。。。




しかし、『互助会』に加入している方は、何故か『互助会』を解約できることを知らない方が多いのです。


水戸市で葬儀社を選ぶポイント|3タイプ別の葬儀社の特徴や、メリット・デメリットなど葬儀社の選び方を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi08



互助会解約時にトラブルが多いのは何故なのか?




本来であれば、契約した条項を解約できることは、社会的に当たり前のことであり、一般常識と言えるでしょう。




そして、『互助会』も解約が可能です。

しかし、冠婚葬祭『互助会』を解約する際に、トラブルが発生しているケースが非常に多く挙がっています。

参考書類:経済産業省 商務流通保安グループ商取引監督課

『前払式特定取引に係る現状と課題』

年間苦情3,000件超…互助会に何が起きているのか?!<冠婚葬祭互助会のイマ(3)> | お知らせ・コラム | 葬式・葬儀の雅セレモニー (miyabi-sougi.com)




解約手数料がトラブルの原因



上記の表から、

  1. 解約全般

がトラブルとして一番多いのですが、その理由となるのが2番目に多い

  • 解約料

のトラブルが原因です。




結論から言えば、解約手数料が異常に高いのです。




その解約手数料の高さを表している表を、参考までに見てみましょう。


参考資料:ベルコ『FUNERAL PIAN EWコース(月2,000円掛金)』

解約手数料率(2018年12月データ)

年間苦情3,000件超…互助会に何が起きているのか?!<冠婚葬祭互助会のイマ(3)> | お知らせ・コラム | 葬式・葬儀の雅セレモニー (miyabi-sougi.com)




あくまでも、入会後すぐの解約時手数料データですが、異常に高い手数料であることが分かります。

支払い5回目までに解約すると、実質元金が戻ってきません。




異常に高い解約手数料のため解約をためらう人が多数



先程お見せしたデータは、あくまでも参考資料としてご覧ください。

ですが、実際に『互助会』解約手数料が高く、解約することを辞めた方の話は、現場にいてよく聞きます。




あくまでも昔の話ですが、

  • 30%の解約手数料

を、担当した方から聞いたことがあります。




また以前京都で、途中解約手数料が、

  • 9~60%

それまで積み立てた額に掛けられ、消費者団体が訴えたケースもありました。


葬儀費用の平均を安くできる家族葬|実際どのくらいの割合で行われているのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi04



最高裁にて手数料無効の判決事例



先程の消費者団体の裁判の続きです。




2審の大阪高等裁判所で、

『解約によって会社側が受ける損害は、月々の掛金を振り替える際などに負担した、僅かな費用だけで、それを超える額の手数料は違法だ』

という、手数料を定めた契約条例のほとんどを無効にする判決が出ました。




更に、最高裁判所は上告を退ける決定をし、2審の判決が確定しました。


参考資料:考える葬儀屋さんのブログ

互助会の解約手数料は高過ぎだと、裁判所に認定されるまで | 考える葬儀屋さんのブログ (kangaerusougiyasan.com)




このように、過去の高額過ぎる『互助会』解約手数料は、

  • 判決上違法

となり、解約手数料が無効となった過去があります。




冠婚葬祭『互助会』は解約するべきなのか?



ここまで、過去の判決などを例に挙げ、『互助会』の解約手数料に触れてきました。




冠婚葬祭『互助会』は、元々相互扶助の考えの元、戦後から広がったサービスです。

急な出費に備えるべく、助け合いの精神が組織・会社になった訳です。




ですが、元々の思いとは裏腹に、『互助会』トラブルは

  • 年間3,000件

を超えてしまっています。




では実際、『互助会』は、

  • 加入した方が良いのか?

  • 辞めた方がよいのか?

どちらなのでしょうか?


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05



互助会が向いている人、向いていない人



葬儀の選択肢が増え、消費者にとってとても良い状況が出来上がりつつあります。

また、現在の社会情勢、社会的な人間関係の変化を考えれば、

  • 互助会加入する必要はない

と言えるでしょう。




しかし、葬儀参列者人数が多く、盛大な葬儀を考えている方は、

  • 互助会加入をお勧め

した上で、会員サービスを受けた葬儀が良いのではないでしょうか。




『互助会』加入を考える時は、

  • 葬儀の規模

  • 葬儀費用

  • 希望する会場

などを考慮した上で、各葬儀社に事前相談で確認をしましょう。


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12



まとめ



今回は、『互助会』の解約とトラブル、解約手数料の違法性などについて紹介しました。




『互助会』は、助け合いの精神から生まれた、冠婚葬祭サービスです。

しかし、解約手数料の問題もあり、

  • 年間3,000件

を超えるトラブルが発生していることも現状です。




皆さんが、本当に受けたいサービス、負担にならない葬儀費用などを参考に、会員について検討するのがよいのではないでしょうか。


家族葬の内容と流れ、メリットとデメリットは?葬儀費用が安いと増えている家族葬のメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi02



葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。

水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に
https://www.touensha.com/