• 橙縁社公式

エホバの証人のお葬式|王国会館の追悼式に参列する注意点など、エホバの証人の葬儀について徹底解説


日本での葬儀は、そのほとんどが仏式(仏教)です。

そして、葬儀全体の約1%が『キリスト教』の葬儀だと言われています。




更に、『エホバの証人』の葬儀となると、参列する機会も少なく、イメージが沸かない方も多いことでしょう。




しかし、葬儀に参列した際は、大切な方を丁寧に見送るためにも、最低限の葬儀マナーは押さえておきたいものです。




そこでこの記事では、『エホバの証人』の葬儀内容や、参列する際の注意点など、『エホバの証人』の葬儀について紹介していきます。


キリスト教の葬儀に参列するマナー|仏式(仏教)と違うキリスト教の葬儀に参列する時、気を付ける事
https://www.touensha.com/post/sougi95


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

エホバの証人のお葬式|王国会館の追悼式に参列する注意点など、エホバの証人の葬儀について徹底解説



まず、エホバの証人』の葬儀は、『追悼式』と呼ばれています。




『エホバの証人』は、

  • キリスト教系の宗教

で、その教えから、葬儀のような宗教的な儀式は行いません。




ですが、故人の死を悲しむことは当然のこととされ、遺族を慰め、聖書に書かれた教えを朗読する『追悼式』が行われるのです。




『追悼式』は、基本的に葬儀式場などで行わず、

  • 王国会館

と呼ばれる、『エホバの証人』が集会場所として利用する施設で行われます。




また『追悼式』は、王国会館以外にも、

  • 故人の自宅

  • 斎場

  • お墓の前

など、特定の場所の定めはなく、当家の希望に沿って行われます。


コロナ禍で葬儀の常識が激変|一般会葬者が葬儀参列しないコロナ式の葬儀について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi91


 

エホバの証人の信者は葬儀に参列しない



『エホバの証人』の『追悼式』の内容を解説する前に、一点理解して頂きたい内容を紹介します。




それは、『エホバの証人』の信者の方は、

  • 他宗教の葬儀には参列しない

という事を基本としています。




宗教の教えからの行動なので、誤解しないようにご注意下さい。

但し、親しい方が亡くなった訳ですから、式の前や後に遺族に挨拶にくることはあるでしょう。


葬儀・通夜の時間の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

エホバの証人の葬儀・追悼式の内容



それでは、『追悼式』の内容に触れていきます。




大前提として、『エホバの証人』は、故人のために行う宗教儀式的なセレモニーは行いません。

近親者で見送る『追悼式』を行います。




そして、『追悼式』は絶対に行わなければならない訳ではありません




また、『エホバの証人』の『追悼式』では、信者以外の参列は非常に少ない特徴があります。

理由として、近親者で見送るのが前提であったり、故人の冥福を祈るような宗教的な儀式ではないからでしょう。


葬儀とは?なぜ葬儀を行うのか?葬儀の意味を理解してお葬式を考え直すための知識を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi62


 

エホバの証人の葬儀・追悼式の目的



『追悼式』は、

  • 遺族を慰める

  • 死と復活の希望について聖書の説明

を目的として行います。




そのため、『エホバの証人』の『追悼式』は、決まった形がありません




また『追悼式』は、先に火葬を行い、別日に行うのが一般的です。

場所は、王国会館が基本ですが、自宅や斎場、墓地などでも行われます。


火葬式と直葬の違いは?火葬のみの葬儀の内容や流れ、費用の違いなど2つの葬儀の違いについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi74


 

エホバの証人の追悼式では何を行うのか?



先程も触れたように、『追悼式』に決まった形はありません。

そこで、一般的な『追悼式』の内容を紹介します。




  • 故人の人柄や歴史の紹介

  • 親族、友人が故人の思い出を語る

  • 故人が抱いていた聖書の希望について

  • 賛美歌と祈り




なお、『エホバの証人』の信者でない方は、

  • 聖書を読む

  • 賛美歌を歌う

などはせず、黙って座っていても問題はありません。


キリスト教の葬儀|キリスト教の葬儀マナーや仏式との違いなど、キリスト教のお葬式について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi94


 

エホバの証人の追悼式の注意点と絶対にしてはいけないこと



確かに、『追悼式』には決まった形はありません。

しかし、『エホバの証人』の教えから、注意点タブーがあります。




まず『追悼式』の注意点として、

  • 儀式的な祭壇

  • 焼香、玉串奉奠、献花

  • 故人の遺影写真(スナップ写真は可)

上記のような宗教儀式に当たる物は、一切ありません。


家族葬の内容と流れ、メリットとデメリットは?葬儀費用が安いと増えている家族葬のメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi02


 

追悼式に参列する場合に絶対してはいけないこと



次に、『追悼式』に参列する際のタブーも紹介します。

それは、故人に対して、手を合わせることです。




『エホバの証人』では、

  • 偶像崇拝はタブー

とされています。




そのため、故人に対して手を合わせる行為は禁止されています。

更に、仏教用語である、

  • 冥福

  • 成仏

  • 供養

といった言葉を使うことも禁止です


一日葬とは?|通夜を行わない一日葬の流れ、葬儀費用の平均など近年支流の葬儀形式一日葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi78


 

エホバの証人の追悼式では、香典は必要ない



『エホバの証人』の『追悼式』に参列する際、

  • 香典

  • 御玉串料

  • 御花料

と言った、いわゆる香典』は必要ありません。




一般的に『エホバの証人』の方は、『香典』を受け取らないのです。




しかし、今までのお付き合いや、葬儀費用の足しになればと、何かしらの形で『香典』を渡したい方もいることでしょう。




その場合は、

  • 白い封筒に名前だけ書いたもの

に包んで、当家の方に渡しましょう。




なお、サイトなどで、

  • 『御花料』と書く

と説明しているケースもありますが、御花料』はキリスト教の葬儀の際に使う言葉なので、正式な葬儀マナーとは言えず、もしかすると受取りを断られる可能性があります。


香典金額、一般・友人・知人の相場はいくら?お葬式マナーとして失礼にならず、恥をかかない親族の香典金額を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi07


 

エホバの証人の追悼式での服装は?



最後に、『追悼式』に参列する際の服装を紹介します。




まず、一般的な『喪服』を着ても、マナー違反ではありません。




しかし、『エホバの証人』の信者の方は、基本的に『喪服』を着用しません

  • グレー

などダーク系の物を選び、黒のブラックスーツを避ける傾向にあります。




『追悼式』に参列した際、周囲の方は『喪服』を着ていません。

しかし、『喪服』がマナー違反という訳ではなく、信者以外の方は『喪服』を選ぶのが無難だといえるでしょう。




もしも、故人の宗教に沿って見送りをしたい方は、ブラックスーツを避け、ダーク系のフォーマルスタイルで、『追悼式』に参列するのが良いでしょう。


お葬式の服装マナー男性編|男性が葬儀参列する時の喪服選びのポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi49


 

まとめ




今回は、『エホバの証人』の葬儀内容や、参列する際の注意点など、『エホバの証人』の葬儀について紹介しました。




宗教や宗派によって、葬儀マナーは異なります。

そして、故人に敬意を表し、より丁寧な見送りをしてあげるのであれば、故人の信仰に沿った見送り方をしたいものです。




『エホバの証人』の『追悼式』には、なかなか参列する機会が少ないでしょう。

しかし、『エホバの証人』の教えは、仏式の葬儀と異なる所が多く、非常に考え方を大切にしています。




まずは、『香典』や『お悔やみの言葉』を避け、合掌など手を合わせる行為は行わず、『エホバの証人』の考えに沿った見送り方をしてあげて下さい。


互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ


葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。




  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。 いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。 一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


閲覧数:159回0件のコメント