top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

墓じまい費用の補助金|費用が払えない場合、自治体に補助金がもらえることを知っていますか?


お墓を引き継ぐ『墓守』がいない。

これは、現代の社会問題と言えるでしょう。




そのため、『墓じまい』を検討する方が、年々増加傾向にあります。




ですが、『墓じまい』に掛かる平均費用は、

  • 50~150万円

ほどの高額な費用が掛かり、簡単に行えるものではありません。


*墓じまいの費用は、場所や立地条件、石材店によって大きく異なります。




そこで一つの制度を活用することができます。

全ての自治体が行っている訳ではありませんが、

  • 墓じまい補助金制度

を設ける自治体があるのです。




そこでこの記事では、自治体が行っている『墓じまい』の補助金制度について紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

墓じまい費用の補助金|費用が払えない場合、自治体に補助金がもらえる制度を知っていますか?



墓じまい』の補助金は、地方公共団体や自治体が、墓地の返還を促進する目的で行っている補助金制度です。




『墓じまい』では、墓地を更地に戻すために、

  • 墓石の解体

  • 撤去工事

などを行うのはもちろんのこと、

  • 埋葬されていた遺骨の永代供養

  • 檀家の場合、離檀料

などの費用が発生することになります。




その『墓じまい』の費用の一部に対して、自治体から補助金が貰える制度なのです。




ですが、『墓じまい』の補助金制度を実施している自治体は、ごく一部の自治体に限られます



 

何のために自治体が墓じまいの補助金制度を実施するのか?



そもそも、何故家族の問題である『墓じまい』に対して、補助金が貰えるのでしょうか?




その理由は、誰にも管理されていない、

  • 無縁仏(むえんぼとけ)

を増やさない為です。




お墓を引き継ぐ『墓守』がいないことで、『墓じまい』を考える方は多いものです。

しかし、『墓じまい』には多額の費用が掛かり、簡単に行えるものではありません。




その結果、放置されているお墓が増えている現状があります。




管理されず、放置されてしまったお墓は、

  • 墓地の管理者

  • 自治体

などにより撤去されることになります。




つまり、『無縁仏』の撤去費用を全額負担するよりも、『墓じまい』の補助金を出した方が、自治体が負担する費用を抑えることが出来ることになる訳です。



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

墓じまい補助金制度を行っている自治体は?



『墓じまい』の補助金をもらうためには、

  • お墓がある自治体に申請

をする必要があります。

手続きや補助金の内容は、自治体によって異なるため、問合せを入れてみて下さい。




では、『墓じまい』の補助金制度を実施している自治体は限られますが、いくつかの自治体と内容を紹介していきます。



 

千葉県市川市の墓じまい補助金制度


千葉県市川市では、『一般墓地返還促進事業』として、

  • 市川市霊園一般墓地

使用許可を受けている人向けに、補助金制度が実施されています。




【内容】

  1. 墓地使用料の返還

  2. 現状回復費用の助成

  3. 特例許可




【1】墓地使用料の返還


墓地使用許可後、3年以内に未使用(更地)で墓地を返還

⇨ 納付した墓地使用料の2分の1を返還


上記以外

⇨ 納付した墓地使用料の4分の1を返還




【2】現状回復費用の助成


墓地を現状回復(更地の状態)して返還する際、原状回復に掛かる費用の全部、または一部を助成。


上限金額 75,000円 ~ 440,000円

*区画によって異なる




【3】特例許可


返還することを条件に、市川市霊園合葬式墓地を許可


*埋蔵されている遺骨と、生前の使用者合わせて2体まで


 

群馬県太田市の墓じまい補助金制度


群馬県太田市では、

  • 八王子山公園墓地

の無縁墓地対策として、返還時に掛かる、

  • 墓石撤去に伴う費用

の補助金制度があります。




条件として、平成31年4月1日以降に返還届と出し、墓石の撤去が完了した人で、これまで管理料の滞納がない人となります。



 

まとめ



今回は、自治体が行っている『墓じまい』の補助金制度について紹介しました。




お墓は、先祖代々引き継いでいくものです。

しかし、少子化や都市部への人口集中などにより、お墓を引き継ぐ『墓守』がいないことが社会問題となっています。




そのため、『墓じまい』を検討する人が増加傾向にあります。

しかし、『墓じまい』には高額な費用が掛かり、簡単に行えるものではありません。




そして、『墓守』がおらず、『墓じまい』を行わなかったお墓は、『無縁仏』となってしまいます。

そこで、『無縁仏』対策のため、自治体が『墓じまい』の補助金制度を設けているのです。




まだまだ、『墓じまい』の補助金制度を実施している自治体は少ないのですが、『墓じまい』を検討している方は、墓地がある自治体に問合せをしてみるのも良いでしょう。



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





Comments


bottom of page