top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

お葬式Q&A|葬儀の時の焼香には、正式なやり方・作法があるんですか?


【Q】


お葬式に参列した時、いつも焼香』のやり方で悩みます。

基本的には、前の人にならって、真似をしながら行っています。




ですが、正式な『焼香』のやり方とかってあるんですか?

もし作法などあるのであれば、葬儀マナーとして知りたいのですが。




【A】


友人・知人などの立場で、一般会葬者としてお葬式に参列した時、『焼香』のやり方に戸惑いますよね。




確かに、『焼香』には作法があります。

ですが、宗派によって『焼香』作法が異なるため、

  • 葬儀を執り行う際の宗派

が分からないと、正しい『焼香』作法は難しいものです。




基本的には、故人や家族が信仰している宗派の『焼香』作法に則るのが、より丁寧な作法であり、葬儀マナーだとは言えます。

しかし、自分が信仰している宗派があれば、その宗派の『焼香』作法で行っても問題はありません。




また、一般会葬者として参列した場合、大切なのは『焼香』作法ではなく、故人を想う気持ちです。

そのため、形にこだわるのではなく、想いを大切にしてもらえれば、それが一番の供養だと言えるのです。




それでも悩んでしまう方は、額まで掲げる『押しを頂く』行為を行い、

  • 気持ちを込めて1回

の『焼香』をするのが、もっとも無難なやり方ですので、参考にしてみて下さい。


*本来の宗派の『焼香』作法とは異なりますが、参列者が多い葬儀では、『焼香』を1回に統一するケースが多々あります。




 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

お葬式Q&A|葬儀の時の焼香には、正式なやり方・作法があるんですか?



葬儀の際に行う『焼香』には、

  • 宗派ごとの作法

があり、もしも宗派が分かるのであれば、故人の信仰に則って行いたいものです。




しかし、一般会葬者として葬儀に参列する場合、故人の宗派まではなかなか分かりませんよね。

そこで、『焼香』の意味を理解し、形にこだわるのではなく、想いを大切にしてもらえれば、それが一番の供養となる事を理解して下さい。




 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





Kommentare


bottom of page