• 橙縁社公式

安置とは?安置の意味や内容、安置所・安置室など施設利用のメリット・デメリットまで徹底解説

最終更新: 3月8日


葬儀業界の用語で、『安置』という言葉があります。




安置』の意味は、一定の場所に丁寧に据え置くことです。

そして、葬儀業界での『安置』は、臨終から火葬までの間、

  • 遺体を保管しておく

ことを指します。




お葬式は、『安置』から始まります。

そのため、『安置』の内容について簡単にでも理解しておくと、葬儀の段取りが非常にスムーズに進めることができるでしょう。




そこでこの記事では、『安置』の内容や方法、場所の違いによるメリット・デメリットなどを紹介していきます。


葬儀・葬式の流れを簡単解説|これさえ見れば焦らない、臨終から葬儀・火葬など葬儀の流れを徹底解説|橙縁社|茨城県水戸市 (touensha.com)



安置とは?安置の意味や内容、安置所・安置室など施設利用のメリット・デメリットまで徹底解説



大切な人が、息を引き取り、臨終となってしまいました。

そんな悲しみに暮れる中、病院や施設などから、安置する場所へと移動しなくてはなりません。




主に、『安置』場所の選択肢は2つです。

  • 自宅

  • 安置施設

*まれに、老人介護施設に安置所が備わっていて、入居者であれば利用可能な場合もありますが、選択肢からは外しています。


水戸市の葬儀|葬儀社の選び方は事前相談を活用すれば分かる!!葬儀社の事前相談で何を聞くべきなのか徹底解説|橙縁社|茨城県水戸市 (touensha.com)



自宅安置と安置施設の違い



まずは、『自宅安置』と『安置施設』の違いについて解説します。




自宅安置』とは言葉の通り、自宅に『安置』することです。

自宅は、故人が生前過ごした場所であり、最後に帰る場所として相応しいと言えます。




また『自宅安置』は、故人との最後の時間を、ゆっくりと過ごすことができます。




しかし、近年の住宅事情から、自宅に『安置』が不可能、もしくは困難なケースが増えています。

そこで、もう一つの選択肢、『安置施設』が選ばれます。




主に『安置施設』は、葬儀社が運営・管理をしています。

施設の内容は葬儀社ごとに違いますが、『安置』に関する全てのことを、葬儀社の担当が行ってくれます。




そのため、『安置施設』を利用した場合、遺族は何もする必要がなく、本来慌ただしい葬儀の準備を、落ち着いて進めることができるでしょう。


水戸市の葬儀社選びのポイントは?水戸市の葬儀社は大きく分けて3種類。タイプ別の特徴を徹底解説|橙縁社|茨城県水戸市 (touensha.com)



自宅安置の内容と注意点



次に、『自宅安置』の内容と注意点を解説していきます。




まず、ほとんどの方が葬儀社に依頼をするでしょう。

そのため、必要となる物は、ほとんど葬儀社が準備してくれます。




基本的に、遺族の方に準備してもらうのは、たったの3つです。

  • 安置できるスペース

  • 敷布団


互助会(ごじょかい)と互助会費とは?戦後から今なお続くサービスと内容について徹底解説|橙縁社|茨城県水戸市 (touensha.com)



自宅安置の時にするべきことは?



『自宅安置』だからと言って、遺族が特別なにかをする訳ではありません。

基本的なことは、全て葬儀社の人間が行ってくれます。




ですが、一応流れなどを知っておいた方が良いでしょう。

  1. 故人を布団に安置

  2. 寝る姿勢を整え、処置を施す

  3. ドライアイスで手当て

  4. お参り道具の設置




1.故人を布団に安置



用意してもらった

  • 敷布団

の上に、葬儀社が用意した白いシーツを掛け、故人を寝かせて安置をします。


寝かせる方向には決まりがあり、可能であれば以下のようにしましょう。

  • 基本は、頭が北向き

  • もしくは、西向き


理由としては、お釈迦様が亡くなった時に、頭が向いていた方向が北向きだったためと言われています。

そして、西という方向には、西方浄土に向けるという意味があります。




2.寝る姿勢を整え、処置を施す



故人の両手を胸元で合掌を組み、寝る姿勢を整えます。

この時、枕の高さに注意をしましょう。

特に、枕の高さが低いと、故人の口が開きやすくなるのです。


次に、故人の処置を行います。

喉や耳、鼻、まぶた等に綿を詰め、遺体の処置と共に、顔周りの形成をします。


人が亡くなる時は、必ずしも安らかな表情な訳ではありません。

そのため、生前の面影とは、違う表情になってしまうケースが多くなります。

その表情を、少しでも安らかになるように『ラストメイク』を行います。


処置が終わったら、『掛け布団』を掛けて差し上げます。

『掛け布団』は、普段使う上下を逆さまにして掛けます。

つまり、布団の裾が顔の方に来るようにするのです。


これは、人が亡くなることは非日常であることから、『逆さ事(さかさごと)』として、日常と反対のことをすることを意味します。




3.ドライアイスで手当て



遺体は、室温のままで『安置』しておくと、徐々に腐敗が進んでしまいます。

そのため、内臓がある、

  • 肺や胃など上半身

  • 腸のある下腹部

を中心に、ドライアイスを置いて、故人の手当をします。


火葬までの間、生前の面影に少しでも近い状態で、お別れの日を迎えることができる様、

  • 毎日定期的に10㎏

のドライアイスを使用します。




4.お参り道具の設置



最後に、お参り道具を設置して、『安置』の完了となります。


この際、浄土真宗以外の宗派では、お布団に『守り刀』を置き、魔除けとしています。

そして、枕花枕飯を供えます。




自宅安置の注意点



さて、無事に『自宅安置』が行えました。

次に、遺族の方に3つほど注意点をあげておきます。

  • 故人の隣で一緒に寝ない

  • 部屋の温度を低めに設定

  • 弔問客のお参り対応が発生




故人の隣で一緒に寝ない



折角自宅に帰ってきたことだし、最後の日まで寄り添っていたい気持ちは分かります。

しかし、故人の隣で一緒に寝るのはオススメしません。


なぜなら、ドライアイスは二酸化炭素です。

厳密には、個体二酸化炭素なのですが、気化して空気中の濃度が濃くなると、有害性があります。

更には、二酸化炭素は空気よりも重いため、下に溜まります。


そのため、人体の影響を加味すると、ドライアイスで処置されている遺体の隣で寝ることは、危険性があるため止めておきましょう。




部屋の温度を低めに設定



遺体は、高温多湿であるほど、痛みが早くなってしまいます。

そのため、ドライアイスで処置はしていますが、

  • 部屋自体の温度設定も低め

にしておきましょう。




弔問客のお参り対応が発生



故人が亡くなった知らせを聞きつけて、

  • 友人

  • 知人

  • 会社関係の人

など、自宅に弔問客が訪れるケースがあります。

皆さん、葬儀などでバタついていない時に、故人に一目会い、家族にも挨拶したいとの思いから訪問されます。

しかし、この弔問客対応は、なかなか大変です。


いつ誰が来るか分からず、家を空けられない家庭もあるはずです。

また、常に部屋を綺麗に片付け、弔問客の相手をしなくてはなりません。




人が亡くなり、お葬式が終わるまでは、ソワソワして落ち着かず、睡眠不足になってしまう人もいます。

更に、精神的にも不安定な時期でもあります。


『自宅安置』を選んだ時は、弔問客の対応をする必要があることを、しっかりと認識しておきましょう。


安置施設の内容と注意点



次に、『安置施設』を選んだ場合の内容と、注意点を解説します。




『安置施設』は、葬儀社が運営・管理しているため、『安置』に関する設備が整っています。

また、弔問客の対応も、葬儀社が行ってくれるため、遺族の身体的なストレスは、かなり軽減されることでしょう。




『安置施設』を利用する際の注意点は、基本的に2つとなります。

  • 安置費用が掛かる

  • 施設のよって時間帯が決まっている




安置費用が掛かる



『安置施設』は、葬儀社が運営・管理し、設備が整っているため、安置費用として料金が掛かります

無料、もしくは○○日間無料など、葬儀社によって安置費用の内容は異なりますが、基本的にはお金が掛かると考えて下さい。




『安置費用』の目安は、宿泊施設と同じように、

  • 1泊 ⇨ 1~2万円

の安置料金が、一般的に掛かります。




施設のよって時間帯が決まっている



『安置施設』は、自宅安置のように、いつでも故人と会える訳ではありません。

施設ごとに営業時間が決まっています

中には、24時間お参り対応の施設もありますが、

  • 9時or10時オープン

  • 17時or18時クローズ

上記の営業時間が一般的でしょう。


なお、故人への弔問希望がある方にも、しっかり時間の伝達をしましょう。




自宅安置と安置施設のメリット・デメリット



ここまでで、『自宅安置』と『安置施設』の内容は、理解して頂けたと思います。

そこで次は、お互いの内容を比較して、メリット・デメリットを考えてみましょう。




自宅安置のメリット・デメリット



『自宅安置』のメリットは、以下の2点です。

  • 故人との時間をゆっくり取れる

  • 安置費用が掛からない




そして、『自宅安置』のデメリットは、以下の2点になります。

  • ご近所に知られてしまう

  • 弔問客の対応が大変




遺族の中には、亡くなったことを人に知られたくない方も多くいます。

しかし、『自宅安置』の場合、葬儀社の担当や搬送車・霊柩車の出入りなど、ご近所の方に何かしら伝わってしまいます。




  • 亡くなった事を知られたくない

  • 後日落ち着いてから知られたい

と考えている遺族にとって、『自宅安置』はデメリットとなることを理解して下さい。


水戸市の葬儀費用の平均相場はいくら?同じ内容でも葬儀社によって違う葬儀費用を徹底解説|橙縁社|茨城県水戸市 (touensha.com)



安置施設のメリット・デメリット



『安置施設』利用のメリットは、以下の2点です。

  • 安置設備が整っている

  • 弔問客対応が楽




遺体は、必ずしも状態が良い訳ではありません。

出血や体液が出てしまったり、腐敗の進みが早いこともあります。

『自宅安置』でも、ドライアイスの処置をしてはいますが、何かと対応が難しいケースがあるのが現実です。


その点『安置施設』では、安置をするための設備が整っています。

故人を寝かせるための寝具はもちろん、冷蔵保存する設備が置いてある施設もあるぐらいです。


そして、『安置施設』利用のデメリットは、以下の2点です。

  • 安置料金が掛かる

  • 施設の時間帯が決まっている

まとめ


今回は、『安置』の内容や方法、場所の違いによるメリット・デメリットなどを紹介しました。 お葬式の始まりである『安置』。

できれば『自宅安置』を希望する方が多いでしょう。




しかし、諸事情や住宅問題などで、『自宅安置』が困難なケースが増えています。




『自宅安置』と『安置施設』のメリット・デメリットを考えて、あなたに合った『安置』場所を、一度検討してみるのも良いのではないでしょうか。

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。 しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。




そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。 いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。

一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。

あんしん葬儀・お葬式|茨城県水戸市|橙縁社(とうえんしゃ) (touensha.com)


〒310-0805 茨城県水戸市中央1-3-9 

Copyright © 2018 TOUENSHA All Rights Reserved.