• 橙縁社公式

枕経とは|行うタイミングやお布施、立会う時の服装など仏式の枕経について徹底解説


人が亡くなった時、納棺前に故人の枕元で、

  • 枕経

という読経をして頂くことがあります。




昔の日本では、枕経』は当たり前の光景でした。

しかし現在では、立ち会ったことも、見たこともない方が多いことでしょう。




では、『枕経』は必ずあげてもらうべきなのでしょうか?

また、『枕経』のタイミングや流れ、マナーなどはあるのでしょうか?




そこでこの記事では、故人様の枕元であげてもらう『枕経』のタイミングや、お布施、立会う時の服装など、『枕経』の内容について紹介していきます。


葬儀社の選び方|どんな方法で選ぶと失敗しないのか簡単なポイントで解説
https://www.touensha.com/post/sougi152-sougisya


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

枕経とは|行うタイミングやお布施、立会う時の服装など仏式の枕経について徹底解説



枕経』は、納棺の前に故人の枕元で読経することです。

浄土真宗では、『枕勤め』とも言います。




意味合いは諸説ありますが、

  • 霊が迷わず成仏する様に導く

という意味が一般的でしょうか。




昔は、自宅で臨終を迎える人が多く、『枕経』は当たり前の光景でした。

しかし現在は、ほとんどの方が病院などで亡くなり、住宅事情で自宅には安置せず、葬儀社の霊安室で安置することが一般的です。




そのため、本来自宅に住職を招き、『枕経』をあげて頂いていましたが、安置場所の問題からも『枕経』を見かけることが少なくなっていったのです。




また、『枕経』は宗派によって死生観の違いから、

  • 臨終勤行(りんじゅうごんぎょう)

  • 無常経(むじょうきょう)

という読経が行われることもあり、『枕経』を行わないこともあります。


安置とは|安置の意味、自宅安置と安置室利用のメリット・デメリットまで、安置の内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi19


 

枕経を行うタイミングはいつなのか?



枕経』は、どんなタイミングで行われるのでしょうか?




実は、正式な時間帯やタイミングに決まりがある訳ではありません。

  • 亡くなった後すぐ

  • 通夜の前

など、地域によっても異なりますが、亡くなってからできるだけ早いタイミングで行います。


通夜を行わない家族葬が増えている理由|家族葬の通夜の流れや内容と合わせて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi69


 

枕経をお願いした時に何を準備するべきなのか?



『枕経』は、基本的に『檀家』の方が、菩提寺の住職に亡くなったことを連絡した上で、住職の判断で行うタイミングが決まります。




では、住職に『枕経』を行ってもらう時、遺族は何か準備をしておく必要があるのでしょうか?




『枕経』の際に準備するものとしては、

  • 白木の台に三具足(香炉・燭台・花立て)

  • 枕飯(水と茶・一膳飯・枕団子)

  • 枕刀

などを準備します。




ですが、宗派や地域によって異なるため、事前に確認して下さい。

なお、葬儀社に依頼した場合、葬儀社が全て準備してくれます。




ちなみに、祭壇などを用意する必要はありません。


戒名ランクと値段相場(宗派別)|戒名料の全国平均から考える戒名とお金の話を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi24


 

枕経の参列と服装は?



『枕経』の参列ですが、

  • 基本的には遺族のみ

となります。




ですが、『枕経』を行うこと自体が少なくなった現在、親戚が一緒に立会うことも多く、住職が問題なければ参列するケースが多くなっています。

友人、知人の一般の方は参列しません。




また、『枕経』に参列する場合の服装ですが、

  • 平服(普段着)

で問題ありません。




しかし、葬儀儀式の一環であるため、

  • 派手な色合い

  • 数珠以外のアクセサリー

などは避けるようにしましょう。




ちなみに、葬儀の席での『平服』は、『準喪服』・『略喪服』を指します。

ではなぜ『枕経』の『平服』は、日常的に使われる意味の『平服』になるかと言うと、

  • 元々も枕経は生きている時にあげるもの

で、亡くなってから故人にあげるものではなかったからです。


お葬式の服装マナー|女性編|葬儀参列時の喪服選びのポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi50


 

枕経に対するお布施は必要?



  • 通夜、葬儀の読経

  • 戒名

に対するお礼となる『お布施』ですが、『枕経』を行ったときにも渡すのでしょうか?




これについては、寺院の考え方や地域でも異なりますが、

  • 枕経単独でのお布施は必要ない

ことが一般的です。




『枕経』は、あくまでも葬儀儀式の一環であるため、通夜・葬儀の『お布施』に含まれていると考えられています。




また、より丁寧な作法としては、

  • 御車代

として、移動に対するお礼を多めに包むのが良いでしょう。


お布施と初穂料・玉串料の金額相場|安いと言われる神道の謝礼は本当に金額が安いのか
https://www.touensha.com/post/sougi137


 

まとめ



今回は、故人様の枕元であげてもらう『枕経』のタイミングや、お布施、立会う時の服装など、『枕経』の内容について紹介しました。




昔の日本では当たり前の光景であった『枕経』。

現在では、住宅事情などもあり、自宅ではなく葬儀社の霊安室に安置することが増え、『枕経』を見かけることも少なくなりました。




基本的には、『檀家』の方が『菩提寺』にお願いし、『枕経』をあげて頂くため、『菩提寺』がない方は『枕経』を行わないことが多くなります。





ですが、『枕経』には、

  • 霊が迷わず成仏する様に導く

という意味もあるため、葬儀儀式として検討してみるのも良いのではないでしょうか。


納棺の儀式とは|火葬式が増えている今、家族で行う納棺式の意味や大切さ、納棺式の服装など納棺式の解説
https://www.touensha.com/post/sougi64


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





閲覧数:8回0件のコメント