• 橙縁社公式

創価学会の葬式・友人葬とは|葬儀の流れやマナー、費用など、創価学会の葬儀の特有な内容を徹底解説


日本で最大級の宗教団体である『創価学会』。

その『創価学会』を信仰する学会員の葬儀は、

  • 友人葬

と言われています。




『友人葬』は、日本で一般的に行われる仏式(仏教)の葬儀とは、異なる部分があります

そのため、『友人葬』に参列する場合、多少の知識をもって参列することをお勧めします。




そこでこの記事では、『創価学会』の葬儀である『友人葬』の特徴や流れ、気を付けたい葬儀マナーや費用など、『友人葬』について紹介していきます。


葬儀とは?なぜ葬儀を行うのか?葬儀の意味を理解してお葬式を考え直すための知識を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi62


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

創価学会の葬式・友人葬とは|葬儀の流れやマナー、費用など、創価学会の葬儀の特有な内容を徹底解説



『創価学会』の葬儀は『友人葬と呼ばれ、独自の葬儀形式となっています。




また、『友人葬』は、

  • 故人の家族や親戚

  • 親しい友人

  • 創価学会を信仰する学会員

を中心に行われますが、宗派・宗教を問わず参列することができます。




『創価学会』では、1991年ごろから、身内や友人のみで行われる

  • 友人葬

と呼ばれる独自の葬儀が行われるようになり、近年支流となりつつある『家族葬』の先駆けとも言えるでしょう。


家族葬の内容と流れ、メリットとデメリットは?葬儀費用が安いと増えている家族葬のメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi02


 

創価学会の葬儀・友人葬の特徴



『創価学会』は、大乗仏教の一つである

  • 日蓮大聖人

の仏法を信仰している宗教団体です。




そのため『友人葬』の流れは、一般的な仏教の葬儀と大きく違いがある訳ではありません

始めて『友人葬』に参列する方でも、あまり違和感は感じないはずです。




それでは、『友人葬』と一般的な仏教の葬儀は、どのような部分に違いがあるのでしょうか?


  1. 僧侶は呼ばず、導師を中心に行う

  2. 御布施、戒名がない

  3. 祭壇に独自の決まりがある


一日葬とは?|通夜を行わない一日葬の流れ、葬儀費用の平均など近年支流の葬儀形式一日葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi78


 

友人葬の特徴【1】僧侶は呼ばず、導師を中心に行う



『友人葬』は、僧侶(住職、お坊さん)を呼びません



喪主が『創価学会』の幹部にお願いし、儀典長(友人の代表)が『導師』を務め、読経などを執り行います。




そして、遺族と友人たちで『まごころ』を込めて、

  • 南無妙法蓮華経(なんみょうほうれんげきょう)

の『題目』を唱えて、故人を供養します。


小さなお葬式のお坊さん派遣【てらくる】の内容や住職の質|葬儀社の目線から考えるお坊さん便を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi46


 

友人葬の特徴【2】御布施、戒名がない



僧侶を呼ばない為、御布施』の必要がありません。




また、亡くなった方に『戒名』はつけず

  • 俗名(ぞくみょう)

で、生前の名前のままで葬儀を行います。


戒名のランクと値段相場【宗派別】|戒名の位と戒名料といえる御布施の金額について、全国平均と合わせ徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi24


 

友人葬の特徴【3】祭壇に独自の決まりがある



『友人葬』で使用される祭壇も、一般的な仏教の葬儀とは異なります。




『友人葬』で使用する祭壇は、

  • (しきみ)祭壇

  • 白い生花祭壇

の2種類となります。




ちなみに『樒(しきみ)』とは、緑の葉をもつ植物で、常緑性小髙木の1種です。

葉や茎、根、花、果実、種子など全体に毒を持つ、危険な有毒植物でもあります。




その有毒植物である樒で飾った祭壇は、魔除けとされ好まれています。


小さなお葬式、よりそうお葬式、イオンなど葬儀社紹介サイトの実際の内容とメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi25


 

創価学会の友人葬の流れ【式次第】



それでは次に、『友人葬』の一般的な式次第を紹介します。


  1. 開式の辞

  2. 読経、唱題

  3. 焼香

  4. 御祈念文、題目三唱

  5. 追慰文

  6. 導師挨拶

  7. 謝辞

  8. 題目三唱

  9. 閉式の辞


葬儀・通夜の時間の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

友人葬の流れ(1)開式の辞


司会者から、『友人葬』開式の案内。


コロナ禍で葬儀の常識が激変|一般会葬者が葬儀参列しないコロナ式の葬儀について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi91


 

友人葬の流れ(2)読経、唱題


導師である儀典長が、読経唱題を行います。




読経は、法華経の『方便品』、『寿量品』の『自我偈(じかけ)』を2回読みます。


・方便品 ⇨ 法華経の経文の一つ。悟り極めるためには、努力が必要であることを説いたもの。


・寿量品 ⇨ 法華経の経文の一つ。釈迦は未来永劫にわたり存在する仏であると説いたもの。


・自我偈 ⇨ 創価学会員が朝夕に唱える経文。




唱題は、『題目』の南無妙法蓮華経を唱えます。


線香をあげる作法と意味|葬儀や仏壇、49日法要などお線香を何故あげるのか、内容について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi93


 

友人葬の流れ(3)焼香



通常、一回目の『自我偈(じかけ)』の際に、焼香を行います




『創価学会』の焼香の回数は、3回が一般的ですが、心を込めて1回でも問題はありません。




焼香の順番は、

  1. 導師

  2. 副導師

  3. 遺族

  4. 親族

  5. 参列者

の順番に行います。


焼香回数と作法|押しを頂く?宗派ごとに違う?葬儀マナーとして宗派ごとの焼香マナーを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi86


 

友人葬の流れ(4)御祈念文、題目三唱



全員の焼香が終わると、導師が題目終了の合図として鈴を鳴らします。

その鈴の音に合わせて、参列者全員で、

  • 題目(南無妙法蓮華経)

3回唱えます。


創価学会の友人葬に参列する注意点|服装や香典、注意点するポイントなど友人葬の参列について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi100


 

友人葬の流れ(5)追慰文



追慰文弔電を紹介。


納棺式の服装は?|納棺師が教える納棺の儀の服装、平服の意味など、納棺式のマナーについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi77



 

友人葬の流れ(6)導師挨拶



導師が挨拶を行う。


湯灌とは|湯灌は行うべきなのか?意味や料金、デメリットについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi65


 

友人葬の流れ(7)謝辞



喪主、または親族代表が謝辞を述べる


臨終~火葬、葬儀後までの流れ|これさえ読めば焦らない、葬儀の流れを簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18


 

友人葬の流れ(8)題目三唱



導師が鈴を鳴らし、『題目』を3回唱えます。


葬儀の種類選び方のポイント|葬儀の選択肢は6種類。内容を決める際のポイントを簡単に分かりやすく解説
https://www.touensha.com/post/sougi17


 

友人葬の流れ(9)閉式の辞



司会者から、『友人葬』閉式の案内。


お彼岸とお盆は意味が違う|お墓参りに行く日だけではないお盆とお彼岸の違いを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi90


 

創価学会の友人葬では友引を気にしない




これは、地域差や家族ごとの考えもありますが、

  • 友引

の日でも、『友人葬』が行われます。




基本的に、『友引』の日は葬儀が避けられます

しかし、『友人葬』の場合、あまり重要視はされていないため、『友引』の日でも葬儀が行われるケースもあります。




ただし、日本の葬儀の8割以上は仏式(仏教)の葬儀であるため、

  • 斎場

  • 火葬場

が、定休日となっていることが多く、現実的には『友引』の日に葬儀が行われるケースは少ないでしょう。


友引に葬儀を行わない理由|通夜・葬儀・納棺は友引以外の日に行うべきかなど、意味や考え方について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi117


 

創価学会の納骨について



一般的な市営墓地、共同墓地、民間墓地であれば、『創価学会』の学会員でも、特に気にする必要はありません。




しかし、『寺墓地』に納骨する場合は、話が変わってきます。

そして、『創価学会』の墓地や納骨堂に納骨する場合も、いくつか注意点があります。


お墓を建てる場所で費用と維持費、値段は大きく違います|お墓の費用を抑えるための知識、お墓とお金の話
https://www.touensha.com/post/sougi32


 

創価学会の学会員で寺墓地の場合



寺墓地』は、読んで字のごとくお寺のお墓です。

先祖代々のお墓が、お寺にある方も多いことでしょう。




この『寺墓地』は、そのお寺の弟子である檀家しかお墓に入ることができません

そして、そのお寺の弟子として、戒名』を授かる必要があります。




そのため、『友人葬』を行っても、『寺墓地』には納骨できない可能性が高いのです。

改めてお寺で葬儀を行ったり、『友人葬』の前に葬儀を行うなど、何かしらの対処が必要になります。




この内容については、お寺ごとの考え方が大きくなるため、『創価学会』の学会員で、『寺墓地』を希望する方は、葬儀の前に必ず菩提寺に相談をしましょう。


戒名とは何か?戒名は必要か、いらないのか等、戒名の疑問・質問を簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi22


 

創価学会の墓地や納骨堂を希望する場合



『創価学会』は、全国に墓地や納骨堂を所有しています。

そのため学会員の方は、『創価学会』の墓地納骨堂を希望するケースが多くなっています。




なお、『創価学会』の納骨堂には、

  • 長期収蔵型納骨堂

  • 常楽納骨堂

の2種類があります。




長期収蔵型納骨堂』は、遺骨を20年間管理してくれます。

そして、『常楽納骨堂』は永久供養となっており、『長期収蔵型納骨堂』の試用期間終了後は、『常楽納骨堂』へと移動します。




『創価学会』の『納骨堂』に埋葬する費用としては、

  • 20万円

からが一般的な金額となっています。




『創価学会』の墓地や納骨堂に納骨する場合は、係員の立ち合いも元、親族など葬儀関係者が納骨をします。

そのため、墓地管理人に連絡を入れておきましょう。


お墓の値段、年間費用相場|お墓を建てる時に掛かる金額と継続して掛かる費用、お墓とお金の話を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi31


 

創価学会の友人葬の葬儀費用は?



『友人葬』では、基本的に香典を受け取りません

そのため、葬儀費用は全て実費となります。




しかし、『戒名代』を含めた『御布施』を支払うことが無く、『友人葬』は身近な人達で行われることが多いため、食事代返礼品の費用など、一般的な葬儀で掛かる費用が抑えられます。




あくまでも目安ですが、

  • 火葬式のみ   ⇨ 20~25万円

  • 式典あり友人葬 ⇨ 45~60万円

ぐらいの金額が、『友人葬』の葬儀費用だと言えるでしょう。


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12


 

まとめ



今回は、『創価学会』の葬儀である『友人葬』の特徴や流れ、気を付けたい葬儀マナーや費用など、『友人葬』について紹介しました。




『創価学会』は、日本全国に信者(学会員)がいるため、信仰している方も多く、葬儀に携わり、参列する機会が多いのではないでしょうか。




そして、日本の葬儀の8割以上を占める仏式(仏教)の葬儀と比較しても、大きく異なる訳ではないため、初めて『友人葬』に参列した場合でも、それほど戸惑うことは少ないはずです。




ですが、『友人葬』には独自の決まりもあり、その葬儀マナーを少しで理解した上で、葬儀を執り行い、参列したいものです。


JA葬祭(農協)の葬儀費用やプラン|費用が安いイメージが強いJA葬祭の葬儀費用は実際どうなのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi36


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


閲覧数:59回0件のコメント