• 橙縁社公式

葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説


葬儀の費用に、不透明な印象をお持ちの方も、多いではないでしょうか?




確かに、昔の葬儀では、

  • 葬儀屋

  • 町内の人

が、おおよその予算を伝え、葬儀の前に現金を受け取り、その金額に応じて葬儀を取り仕切っていたものです。




その昔の風習の影響か、

  • 何にいくら掛かっている?

のかが分からず、葬儀費用に不透明な印象が強くなってしまいました。




しかし、現在では違います。

葬儀の選択肢も増え、必ず見積書内容説明があり、不明確な部分が改善されています。




一般常識で考えれば当たり前のことですが。。。




そこでこの記事では、葬儀社の発行する見積もりの見方と、注意するべきポイントを紹介していきます。


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05



葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説




確かに昔から比べれば、葬儀費用は明確になりました。

ですが、葬儀特有の専門用語も多く、見積書を見ただけでは、理解できない内容も多いはずです。




また、葬儀屋に勧められても、

  • 本当に必要なのか

  • それとも不必要なのか

ということも分からないものですよね。




そこでまずは、当社『橙縁社(とうえんしゃ)』の見積書を参考に、見積書の見方と葬儀用語の説明をしていきます。


水戸市の葬儀費用平均いくら?同じ内容でも金額が大きく葬儀社によって違う理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi11



葬儀見積書の見方




それでは、葬儀見積書の見方を説明していきます。

参考とするのは、当社『橙縁社』の家族葬ホールプランとなります。




1枚目が、葬儀の式に掛かる費用。

2枚目が、葬儀に関連して掛かる費用となっています。


家族葬とは?実際の葬儀費用や、どこまでの葬儀を家族葬としているのか等、家族葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi01



1枚目・式に掛かる費用





見積り1枚目の詳しい説明


まず1枚目の見積もりは、葬儀自体を行うために掛かる費用の見積もりです。




左側が『家族葬ホールプラン\268,000』のプランに、含まれている内容です。

式を行うために、最低限必要なものは全て揃っていますが、

  • 生花祭壇

  • 祭壇供物

  • 司会進行

と言った、式自体を彩るようなものは、含まれていないシンプルな内容です。




また、49日まで自宅でお骨を祀る『後飾り祭壇』も、プランの内容に含まれていません。


水戸市の葬儀社選びのポイントは?水戸市の葬儀社は大きく分けて3種類。タイプ別の特徴を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi08



葬儀費用の追加項目の説明


見積書1枚目の右側は、葬儀を行うに当たり、プランに含まれていない追加内容です。

  • 搬送費

  • 安置料

  • ドライアイス




搬送費』は、病院や施設などに迎えに行き、安置場所まで移動するために掛かる費用です。

10㎞ごとに料金が変動し、

  • \16,500

から料金が発生します。




『シーツ』は、搬送の際に使用し、そのまま布団安置に使います。




安置料金』は、自宅での安置が難しく、当社の安置施設を利用する場合に発生します。

そして、安置の際に、故人様をお手当するため『ドライアイス』を使用します。




もちろん『安置料金』は、自宅安置であれば一切掛からない費用です。


安置とは?安置の意味や内容、安置所・安置室など施設利用のメリット・デメリットまで徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi19



2枚目・葬儀に関連して掛かる費用






見積り2枚目の詳しい説明


見積書2枚目は、葬儀の式自体ではなく、葬儀に関わる内容で発生する費用です。




大きく分けて4つに分類されています。

  1. 立替費用

  2. 人員費用

  3. おもてなし費用

  4. 返礼品費用




1.立替費用




立替費用』とは、葬儀社が立替で払っている金額です。

主に、火葬場に支払う費用を、一旦立て替えています。




  • 火葬するための料金 ⇨ 火葬料金

  • 斎場の控室を利用  ⇨ 控室料金

  • 斎場の式場を利用  ⇨ 式場使用料




2.人員費用




人員費用』とは、葬儀に関わる人件費です。




  • 香典対応をする ⇨ 受付

  • 待合室対応   ⇨ 湯茶

  • お墓に納める  ⇨ 納骨一式




この『人員費用』は、親族の手を借りて、自分達で行うことも可能です。

しかし、式に参加する方達は、

  • 故人との最後のお別れ

  • 弔問客の対応

などに時間を掛けてもらい、雑務は人に任せてしまう方が、何かと楽で安心できると思います。


香典金額、一般・友人・知人の相場はいくら?お葬式マナーとして失礼にならず、恥をかかない親族の香典金額を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi07



3.おもてなし費用



おもてなし費用』とは、葬儀参列した親族などへの食事代です。




  • 茶菓子

  • 飲物

  • 食事

  • 忌中祓い

などの接待費が、『おもてなし費用』となる訳です。




4.返礼品費用




返礼品費用』は、返礼品・香典返しの代金です。




香典を頂いた方に渡す物なので、葬儀参列者の人数に応じて、返礼品を準備するようにしましょう。


香典金額が多いは失礼?一般会葬者の高額な香典金額の目安はいくらぐらいなのかを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi72



見積書を見る時の注意するべきポイントを解説




見積書の見方・内容が分かった所で、次に見積書を見る際の注意点を解説しましょう。




現在では、どこの葬儀社でも見積書を提示してくれます。

本来、社会的に当たり前のことですが、昔の葬儀では見積書がありませんでした




ですが、『見積書を出してくれたから安心』という訳ではありません。




特に2枚目の内容『葬儀に関連する費用』には、過剰に計上されているケースもあります。

  • 何にいくら掛かっている

  • 本当に必要な内容なのか

を、しっかりと皆さんでも判断できるように、注意点を押さえておきましょう。


水戸市の葬儀|葬儀社の選び方は事前相談を活用すれば分かる!!葬儀社の事前相談で何を聞くべきなのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi16



葬儀の見積書1枚目の注意点



まずは、葬儀の式に掛かる費用の注意点です。




基本的には、式を行う際に掛かる費用なため、

  • プラン料金が高い

  • プラン料金が安い

という点が一番重要でしょう。




また、仮にプラン料金が安いとしても、プラン内容が乏しければ追加費用が必ず発生してしまいます。

そのため、プラン内容だけで最低限の式が可能であることが絶対条件です。




その上で、注意するべきポイントを3つ挙げます。

  1. プラン内容の重複

  2. 日数計算は正しいか

  3. 内容不明の項目はないか




1.プラン内容の重複


プラン内容に含まれているものが、追加項目にも計上されていませんか?




  • 各商品のランクアップ

  • 別途費用了承の追加

であれば問題ありませんが、もしも商品やサービスが重複していないか、しっかりとチェックしておきましょう。




2.日数計算は正しいか


安置料金やドライアイスの料金は、1日ごとに追加されていきます。




葬儀や火葬の日程と、日数計算が正しいかチェックをしましょう。




3.内容不明の項目はないか


葬儀の内容は、分からなくて当たり前です。

そして、葬儀特有の言葉が多いとも言えます。




そのため、少しでも分からない内容や用語があれば、必ず担当者に確認しましょう。




お葬式では、地域の風習や決まりなど、日常生活では分からない事も多いものです。

地域の葬儀社は、その辺を熟知しているため、必要な物として準備をしてくれます。




しかし、近年では町内などが衰退しており、地域ごとの風習も途絶えてきています。

つまり現在の葬儀において、

  • 昔ながらの風習

  • 一般的な葬儀

のどちらを選んでも、世間体的に問題がなくなっているのです。




  • 葬儀屋が勧めるから正しい

のではなく、あくまでも一つの提案として捉え、内容をしっかり把握した上で、自分自身で葬儀を判断していきましょう。




葬儀の見積書2枚目の注意点



次に、見積書の2枚目『葬儀に関連して掛かる費用』の注意点です。




まず『立替費用』は、公的機関に支払うものなため、内容が合っていればチェックするポイントは特にありません。

そこで、残りの3つに絞って注意点を解説していきます。




人員費用の注意点


『人員費用』は、人件費です。

そのため、自分達で行うこともできる内容です。




しかし、全てを自分達で行うと、不慣れな内容も多いため、後々親族間でのトラブルの元になってしまうケースもあります。




そこで一つの目安として、

  • 10名前後の家族葬

であれば、自分達でまかない、それ以上の人数であれば、人員を手配してもらうのが良いと考えます。




また、業者によっては、過剰に人員を準備するケースを見かけます。

  • 受付

  • 湯茶

これらの人数が、適正な人数か確認しましょう。


香典金額、親族の相場はいくら?お葬式マナーとして失礼にならず、恥をかかない親族の香典金額を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi06



おもてなし費用の注意点