• 橙縁社公式

創価学会の友人葬参列の注意点|服装や香典、注意するポイントなど友人葬の参列について徹底解説


日本全国に、多数の信者がいる『創価学会』。

その『創価学会』のお葬式は、『友人葬と言われています。




そして、日本全国に信者(学会員)がいるからこそ、『友人葬』に参列する機会も多いと言えます。

また、参列するからには、故人の信仰を尊重し、その宗教や宗派に沿った見送りをしてあげたいものです。




そこでこの記事では、『創価学会』の葬儀『友人葬』に参列した際の注意点、葬儀マナーを紹介していきます。


創価学会の葬式・友人葬とは|葬儀の流れやマナー、費用など、創価学会の葬儀の特有な内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi99



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

創価学会の友人葬参列の注意点|服装や香典、注意するポイントなど友人葬の参列について徹底解説



友人葬』だからといって、一般的な仏式(仏教)の葬儀と全く違う訳ではありません

そのため、特に戸惑うことことはないはずです。




しかし、『友人葬』には『創価学会』の教えから、独自の形式や葬儀マナーもあります。




そこで、大きく7つのポイントに分け、『友人葬』参列時の注意点を説明します。

  1. 服装

  2. 数珠

  3. 香典

  4. 供物

  5. 題目三唱

  6. 友引

  7. 写真撮影


互助会会員とJA葬祭、JA祭典組合員の違い|葬儀の会員制度の内容はどのような違いがあるのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi43



 

友人葬参列の注意点【1】服装



まずは服装です。

『創価学会』の葬儀であることから、何か特別な決まりがあるのではと、心配になる方もいることでしょう。




しかし、一般的な『喪服』を着ていけば、何も問題はありません。




また、『通夜』でも同じ『喪服』で大丈夫です。

強いて言えば、一般会葬者として参列する場合、喪主や遺族よりも格上の装いにならないよう、

  • 準喪服

を着ていくのが良いでしょう。




これは、一般的な葬儀マナーとなりますので、どんな宗派の葬儀でも心掛けて下さい。


お葬式の服装マナー女性編|女性が葬儀参列する時の喪服選びのポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi50


お葬式の服装マナー男性編|男性が葬儀参列する時の喪服選びのポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi49


 

友人葬参列の注意点【2】数珠



『創価学会』の『数珠』は、両手に掛けるため、長めに作られた物を使っています。




しかし、『創価学会』の学会員以外の参列者は、

  • 普段使用している数珠

でも問題なく、マナー違反ではありません




大切なのは、故人を弔う気持ちです。




もしも、『創価学会』の学会員が使用する独自の『数珠』と、持参する『数珠』の違いが気になるようであれば、

  • 数珠を持って行かない

という選択肢もありますので、深く悩まないのが良いでしょう。


お葬式の服装マナー子供編|子供が葬儀参列する時の喪服選びのポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi51


 

友人葬参列の注意点【3】香典



お葬式に参列する際は、『香典』を持参します。




しかし『友人葬』では、

  • 儀式的な意味での香典は不要

とされているため、『香典』に悩む方が多いものです。




また一部の噂で、『友人葬』では、

  • 『香典』を全て関係者が持っていってしまう

などの話を聞くことがあり、『香典』が必要ないのであれば、『香典』を渡したくないと考える方もいらっしゃいます。




結論を言います

一応『香典』は準備し、持参しておきましょう。




まず、『創価学会』の関係者が、『香典』を持っていってしまうことはありません

そして、『友人葬』であっても、

  • 地域

  • 遺族の考え方

などによって、『香典』を受け取るか、一切受け取らないか、対応が違ってきます。




そのため、どちらに転んでも良いように、『香典』を準備しておくのが無難です




もちろん、遺族から『香典は辞退します』と伝えられている場合は、『香典』の必要はありません。


香典金額、一般・友人・知人の相場はいくら?お葬式マナーとして失礼にならず、恥をかかない親族の香典金額を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi07


 

友人葬参列の注意点【4】供物



葬儀の式典の際、スタンド花などの『供物』『供花』といったお花を、送った経験がある方も多いことでしょう。




『友人葬』では、祭壇を設ける際、

  • (しきみ)の祭壇

  • 白い生花祭壇

という2種類の祭壇が一般的です。




そのため、『友人葬』に『供物』としてお花を出す場合、

  • 樒(しきみ)

  • 白い生花

のどちらかを送ることになります。




まずは、遺族に内容を確認してから、『供物』を送るようにして下さい。


香典金額が多いは失礼?一般会葬者の高額な香典金額の目安はいくらぐらいなのかを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi72


 

友人葬参列の注意点【5】題目三唱



『友人葬』では、『創価学会』の学会員の方達が、

  • 題目三唱

という『南無妙法蓮華経』を3回唱える場面があります。




『友人葬』に初めて参列した人にとっては、最も一般的な葬儀と違いを感じ、驚く部分かもしれません。




ですが、『創価学会』の学会員にとって、『題目』を唱えることは日常的なことのため、特別なことではありません。

一般参列者は、『友人葬』の一つの項目、式次第だと考えるのが良いでしょう。


葬儀・通夜の時間の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

友人葬参列の注意点【6】友引



日本には古来より、日にちの吉凶を占う際に用いられる『六曜』と言うものがあります。

  • 先勝

  • 友引

  • 先負

  • 仏滅

  • 大安

  • 赤口




その六曜の一つ『友引』は、友を引き連れてしまうとの理由から、

  • 納棺

  • 通夜

  • 葬儀、告別式

を、基本的には行いません




しかし、『創価学会』の『友人葬』では、

  • 友引は葬儀を避ける

いう風習はないのです。




そのため『友引』の日にも、『友人葬』や葬儀に関わる儀式が行われます。




『友人葬』に参列する方で、仮に『友引』に葬儀が行われたとしても、宗教上の考え方なので、理解するようにして下さい。


友引に葬儀を行わない理由|通夜・葬儀・納棺は友引以外の日に行うべきかなど、意味や考え方について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi117


 

友人葬参列の注意点【7】写真撮影



近年は、故人との最後のお別れや葬儀など、昔タブーとされていた場面でも、写真撮影が行われるのが一般的です。




もちろん、『友人葬』でも写真撮影は行われますが、一点だけ注意点があります。




それは、『創価学会』では南無妙法蓮華経の文字曼荼羅を『ご本尊とし、その『ご本尊』をとても大切に扱っています。

そのため写真撮影の際に、『ご本尊』が入らないようにして下さい。




『創価学会』の学会員の方には、スマホやデジカメのレンズを『ご本尊』に向けるだけでも、不快感を覚え、嫌な気持ちにさせてしまう可能性があります。

葬儀マナーとして、覚えておいて下さい。


お彼岸とお盆は意味が違う|お墓参りに行く日だけではないお盆とお彼岸の違いを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi90


 

まとめ



今回は、『創価学会』の葬儀『友人葬』に参列した際の注意点、葬儀マナーを紹介しました。




『創価学会』は、日本全国に信者がおり、その葬儀である『友人葬』に参列する機会もあるでしょう。

基本的には、一般的な仏式(仏教)の葬儀と大きく異なる訳ではありませんが、独自の葬儀形式、葬儀マナーもあります。




特に、

  • 香典

  • 供物

には、悩む方も多いはずです。




しかし、故人の信仰を尊重し、心のこもった最後の時を過ごすためにも、『創価学会』の『友人葬』の葬儀マナーに沿った見送りをしてあげて欲しいものです。


互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



閲覧数:97回0件のコメント