• 橙縁社公式

葬儀互助会(ごじょかい)、互助会費とは|積立会員制サービスの内容について徹底解説


互助会(ごじょかい)』という言葉を、聞いたことがありますか?




東京を始めとした首都圏の方や、若い方は聞き覚えがない言葉かと思われます。

しかし、地方部や高齢者の方にとっては、絶対的な信頼がある制度なのです。




そこでこの記事では、戦後に生まれ、今なお続くサービス『互助会』について紹介していきます。


互助会解約トラブルは年間3,000件以上!?互助会の解約と解約手数料の違法性について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15



  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




葬儀互助会(ごじょかい)、互助会費とは|積立会員制サービスの内容について徹底解説



まず『互助会』とは、相互扶助(そうごふじょ)の精神から設立されました。

つまり、お互いを助け合う気持ちが、制度として形になったのです。




昔から冠婚葬祭の費用は、

  • 高額になる

  • 突然必要になる

ケースが多くなっています。




その不安感を、毎月少額ずつ積立て、

  • 会員同士が費用を出し合う

ことで、会員の負担を軽くすることを目的としているのが『互助会』です。


互助会会員とJA葬祭、JA祭典組合員の違い|葬儀の会員制度の内容はどのような違いがあるのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi43



互助会は戦後に生まれたサービス



『互助会』の歴史は古く、

  • 昭和23年

戦後の混乱期に生まれたサービスです。




当時としては、

  • 消費者を重視した珍しいサービス

で、その利便性から、徐々に全国に拡大していきました。


葬儀費用の内訳チェック|葬儀社の見積書見方と確認するべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12



互助会のサービス内容は?



『互助会』は、毎月現金を積立てていきます。

しかし、同じように現金を積立する貯金や共済、保険とは大きな違いがあります。




その大きな違いとは、貯金や共済、保険などは、

  • 現金を積立 ⇨ 現金で戻ってくる

となっているため、何かがあった場合お金が手元に残ります




しかし、『互助会』のサービスは違います。




『互助会』のサービスは、

  • 現金を積立 ⇨ 契約内容に応じたサービスを受け取る