• 橙縁社公式

喪主とは|喪主は誰がやるべきで、どのように決めるのかなど葬儀の喪主について徹底解説


お葬式を行う時には、『喪主』を立てるのが一般的です。




ですが、『喪主』という言葉を聞いたことはあっても、

  • 誰が喪主をするのか?

  • 喪主は何をするのか?

という点は、葬儀に携わった経験がないと分からないものです。




そして、まずは『喪主』を決めないと葬儀準備は全く進みません




そこでこの記事では、『喪主』は誰がやるべきで、どのように決めるのか、『喪主』の内容について紹介していきます。


一日葬の内容とメリット・デメリット|近年支流のお葬式一日葬を行うにあたっての注意点
https://www.touensha.com/post/sougi140-ichinichisou


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

喪主とは|喪主は誰がやるべきで、どのように決めるのかなど葬儀の喪主について徹底解説



喪主』とは、遺族の代表者であり、葬儀の主催者です。

そして、葬儀に関する最終決定権を持つのも『喪主』となります。




故人に代わり、『弔問』を受けることが主な務めとなり、

  • 葬儀内容の取り決め

  • 僧侶の対応

など、葬儀を執り行うにあたって、重要な役割が『喪主』にはあります。


通夜・葬儀の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

喪主は誰がやるべきなのか?



まず、『喪主』を決めるにあたり、法律的な決まりはありません。




つまり、

  • 喪主を誰がやるべき

かは、遺族が相談し、『喪主』を決めるのが一般的なのです。




しかし、『喪主』の役割として、

  • 故人に代わって弔問の対応

  • 葬儀内容の取り決め

  • 僧侶の対応

などがあるため、故人との立場が近く、目上の方が『喪主』をするのが良いでしょう。


弔問とは|弔問マナーや服装、持ち物、言葉遣いなど自宅弔問の時に失礼がないための知識
https://www.touensha.com/post/sougi139


 

喪主をどのように決めるべきなのか、その決め方



遺族が相談し、『喪主』を決めるのが一般的とは言いましたが、目安となる『喪主』の決め方もあります

優先順位で並べて紹介していきましょう。




  1. 故人の配偶者

  2. 故人の長男

  3. 故人の次男以降の直系の男子

  4. 故人の長女

  5. 故人の次女以降の直系の女子

  6. 故人の両親

  7. 故人の兄弟姉妹


上記の優先順位に従って、『喪主』を決めるのが一般的でしょう。


仏教宗派ごとの焼香回数と作法|押しを頂く?頂かない?葬儀マナーとして宗派ごとの焼香マナーを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi86


 

喪主の決め方|配偶者や血縁者がいない場合



最近では、独り身の方も多く、亡くなった時に、

  • 配偶者

  • 血縁者

がいないケースが多くなっています。




その場合、『喪主』をどのように決めれば良いのでしょうか?




故人に配偶者や血縁者がいない場合、いくつかの選択肢がありますが、

  • 友人

  • 知人

  • 地域の高齢福祉課

  • 成年後見人

などが、『喪主』を務めることが多くなっています。


*明確には、遺族ではない為施主(せしゅ)』となります。


喪主がやることは何|葬儀準備や葬儀当日、終了後まで喪主が行う役割について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi141-moshu


 

まとめ



今回は、『喪主』は誰がやるべきで、どのように決めるのか、『喪主』の内容について紹介しました。




遺族の代表として、葬儀を執り行う『喪主』。

『喪主』は重要な役割であり、故人の代わりとして『弔問』客と挨拶をかわします。




誰が『喪主』を務めても、法律的には問題ありませんが、故人と立場の近い、責任能力のある方が一般的に務めます。

今回紹介した決め方や優先順位を参考に、家族で一度相談してみて下さい。


葬儀費用の内訳チェック|葬儀社の見積書見方と確認するべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





閲覧数:4回0件のコメント