top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

真言宗の焼香回数と作法|回数3回(押し頂く)葬儀マナーとして葬儀に参列する際の焼香作法を徹底解説


葬儀に参列した時、何かと慌てるのが『焼香』です。




『焼香』の回数や作法には、宗派ごとにやり方があり、故人に敬意を表すためにも、相手方の宗派の作法を知っておきたいものです。

もちろん、自分が信仰する宗派の『焼香』作法でも問題はなく、決して失礼に値する訳ではありません。




しかし、相手方に合わせることは、より丁寧な作法と言え、知識の一部として抑えておくのも良いでしょう。




そこでこの記事では、宗派ごとに『焼香』回数や作法として、『真言宗』の作法を紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

真言宗の焼香回数と作法|回数3回(押し頂く)葬儀マナーとして葬儀に参列する際の焼香作法を徹底解説



では、真言宗』の『焼香』回数と作法です。

  • 回数 ⇨ 3回

  • 押し ⇨ 頂く(3回とも)

*地域やお寺の考え方で、若干異なります。




押しを頂く』とは、物を目よりも高く捧げることを言います。




そして、摘まんだ『抹香(まっこう)』を額の高さまで掲げ、故人に対して祈りを抹香に込めることを、『押しを頂く』と言われる様になりました。



 

真言宗葬儀の焼香やり方



『真言宗』は、

  • 高野山真言宗

  • 豊山派(ぶざん)

  • 智山派(ちさん)

と3つの宗派に分かれますが、『焼香』回数や作法は一緒です。




  1. 順番が来たら、焼香台に移動

  2. 住職、遺族に一礼

  3. 御霊前(遺影)に一礼

  4. 焼香3回(押しを頂く)

  5. 合掌

  6. 一歩下がって、御霊前に一礼

  7. 住職、遺族に一礼

  8. 自分の席に戻る



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

真言宗は3という数字を大切にしている



『真言宗』は、3という数字を大切にしています。

そのため、『焼香』回数は原則3回です。




3回 ⇨ 仏、法、僧の三宝に捧げて、3つの煩悩を消し去る

*仏(ぶつ)とは、釈迦様、阿弥陀様など仏様

*法(ぽう)とは、仏様の説かれた教え

*僧(そう)とは、仏様を敬い、その教えに従う人々




また、3回の焼香には、

  • 貪(とん) ⇨ むさぼり

  • 瞋(じん) ⇨ いかり

  • 痴(ち)  ⇨ おろかさ

という3つの煩悩、『三毒』を焼き払い清浄にする意味も込められています。




 

まとめ



今回は、宗派ごとに『焼香』回数や作法として、『真言宗』の作法を紹介しました。




『焼香』回数や作法は、宗派ごとに違います。

そして、故人に敬意を表すのであれば、故人の宗派に沿った『焼香』作法で行うのが、より丁寧であると言えます。




しかし、一番大切なことは、故人を思う気持ちであり、しっかり見送ってあげたいという想いです。

心を込めて『焼香』を行い、できたら故人の宗派に合わせた『焼香』作法を行えると良いでしょう。



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



 葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





Comentários


bottom of page