• 橙縁社公式

戒名とは何か?戒名は必要か、いらないのか等、戒名の疑問・質問を簡単に分かりやすく徹底解説


  • 『戒名ってどうすればいいんですか?』

  • 『戒名は必要ですか?』




葬儀社として、よく聞かれる質問の一つです。




そこでこの記事では、『戒名』の意味や必要性などについて、簡単に分かりやすく紹介していきます。


臨終~火葬、葬儀後までの流れ|これさえ読めば焦らない、葬儀の流れを簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18



戒名とは何か?戒名は必要か、いらないのか等、戒名の疑問・質問を簡単に分かりやすく徹底解説



戒名(かいみょう)』とは、仏弟子となった証として、故人に送られる名前の総称です。




また、宗派によって考え方が異なり、

  • 浄土真宗 ⇨ 法名(ほうみょう)

  • 日蓮宗  ⇨ 法号(ほうごう)

というように、全ての宗派で『戒名』という訳ではありません。




そして『戒名』は本来、亡くなってから付けられる名前ではありません。




俗名を捨て、仏弟子になった証として、出家の際に与えられるもので、生前に授かるものでした。

ちなみに『俗名(ぞくみょう)』とは、生きている時の名前、つまり自分の名前のことです。




近年では、出家をしない在家のままでも『戒名』を受けられるようになり、生前に『戒名』を受けなくとも、葬儀の際に『戒名』を授けるようになりました。


葬儀の種類選び方のポイント|葬儀の選択肢は6種類。内容を決める際のポイントを簡単に分かりやすく解説
https://www.touensha.com/post/sougi17



戒名は金額が高いほどいいの?



『戒名』に対して、

  • お寺にお金を支払って付けてもらう

と、思っている人も多く、金額が高ければ高い程、良い『戒名』を授けられると考えている方もいるはずです。




大きな捉え方で言えば、あながち間違っているとは言えませんが、『戒名』の本来の考え方から言えば、その考え方は違います


葬儀社の選び方|事前相談で聞くべき5つの質問。葬儀社選びや葬儀の内容が分かる事前相談の質問内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi16



戒名は日本独自のもの



現在のような『戒名』は、日本独自のものと言われています。




日本は、仏教伝来と共に『戒名』が伝わり、平安時代末期の死生観の変化により、死後に成仏するという思想が生まれました。

そして、故人に『戒名』を授けて、死後の安寧を祈る風習が広がりました。




また、日本で『戒名』が広がったのは、位牌(いはい)』が関係していると言われています。

仏教が始まったインドは『戒名』はなく、位牌の由来は中国の儒教の中から生まれています。

そのため、仏教がインド~中国~日本と伝わるうちに、『戒名』と『位牌』の文化が広がったと考えられています。




そして、現在のような『戒名』は、江戸時代が起源とされ、身分によって『戒名』にも差がありました。

結果、お金でより位の高い『戒名』を求める文化が生まれ、その名残が現在も続いているのです。


戒名のランクと値段【宗派別】|戒名の位と戒名料といえる御布施の金額について、全国平均と合わせ徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi24



戒名の位は金額で決まる訳ではなかった



先程の説明にもあるように、江戸時代ごろから、より位の高い『戒名』をお金で求める文化が生まれてしまいました。




しかし、本来の『戒名』の位は、お金で決められるものではありません




本来『戒名』の位は、

  • 寺院や社会への貢献

  • 信仰心の厚い人

  • 多額の寄付を行った人

など、仏の教えを守り、寺院・社会に対する貢献度によって決められるものです。


戒名の読み方・文字数について|戒名の位・ランクを知るために戒名の基本を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi23



戒名は絶対に必要なのか?



  • 人が亡くなったら、『戒名』をつけるべき

と考えている方も多いことでしょう。




では、実際に『戒名』は必要なのでしょうか?


互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15



お寺にお墓がある方は戒名が必要




日本のお葬式は、9割近くが仏教です。

そのため、お寺の檀家の方も多く、『寺墓地』にお墓がある方も多いことでしょう。




  • 仏教で葬儀を行う

  • お寺にお墓がある

以上のどちらかでも該当する方は、『戒名』が必要です。




ちなみに特例として、『戒名』なしでの葬儀も不可能ではありません。

ですが、お寺の墓地にお墓がある場合は、絶対に『戒名』が必要です。

なぜなら、お寺のお墓に入るということは、そのお寺の弟子になることを意味するからです。


お墓の値段・費用は建てる場所によって変わる?維持費によっても変わる、いまさら聞けないお墓とお金の話
https://www.touensha.com/post/sougi32



仏教以外、無宗教なら戒名は必要ない


次に、仏教以外を信仰していたり、無宗教の方の場合です。

  • 戒名は必要ありません




そもそも『戒名』は、仏教の教えであり、他の宗教には違った考え方があります。

また、無宗教の方にとって、『戒名』は関係がないと言えるでしょう。




まとめ


今回は、『戒名』の意味や必要性などについて、簡単に分かりやすく紹介しました。




昔から人が亡くなると、『戒名』を授けてもらっていました。

それは、現在よりもお寺との付き合いがあり、仏教が日常生活に溶け込んでいた証拠でしょう。




しかし、近年お寺との交流は少なく、信仰心も薄らいでいます。

そのため、『戒名』に対してネガティブな印象が強い方も多いのではないでしょうか?




まずは、『戒名』の意味と理由を知って、自分の家族・家系にとって必要なものなのか、しっかりと考えてから判断をしていきましょう。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ

葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。 しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。

そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。

いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は、

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。




一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。


水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に
https://www.touensha.com/