• 橙縁社公式

檀家(だんか)をやめる注意点|離檀料トラブル、メリット・デメリットについて解説


皆様は『檀家』ですか?




実は、ご自身が知らないだけで、

  • お寺にお墓がある

  • 先祖代々引き継いでいる

などの理由で、『檀家』の方は思っているよりも多いものです。




そして現在の日本では、

  • 墓守がいない

  • 生活圏が別の場所になり地元が遠くなった

など、やも得ない理由で、『檀家』をやめようと考えている人が多いのも現状です。




ちなみに、『檀家』を抜けることを『離檀(りだん)』と言います。




では、『離檀』は簡単にできるのでしょうか?

また、『離檀』のメリット・デメリットは何なのでしょうか?




そこでこの記事では、『離檀』の内容やメリット・デメリットについて紹介していきます。


檀家(だんか)とは|意味や掛かる費用、メリット・デメリットを簡単に分かりやすく解説
https://www.touensha.com/post/sougi157-dannka


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

檀家(だんか)をやめる注意点|離檀料トラブル、メリット・デメリットについて解説



昔から日本では、寺院との結びつきが強く、寺院に先祖代々のお墓を管理してもらっているケースが非常に多くなっています。

そして、寺院にお墓がある方は、皆さん『檀家』となっています。




しかし、核家族化が進む現在の日本において、

  • 檀家

と言われても、いまいちピンとこない方が多いのではないでしょうか。




非常に簡単に説明するならば、

  • 檀家 ⇨ 特定の寺院に所属し、寺院を経済的に支援する家

  •    ⇨ 特定の寺院に、仏事の全てを任せている

というのが『檀家』です。




そして、『檀家』が所属する特定の寺院を、

  • 菩提寺(ぼだいじ)

と言い、『檀家』に経済的支援をしてもらう代わりに、

  • 法事、法要

  • お墓の管理

  • 仏事に対する相談

など、仏事に関わる全ての事を行います


寺院で行うお葬式・寺葬とは|流れや費用面、メリット・デメリットなど寺院葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi151-terasou


 

なぜ檀家をやめることを考えている人が増えているのか?



葬儀や法要など、先祖を供養する仏事は、日常生活で接点が少なく、分からないことだらけで大変です。

その大変な仏事を、全て任せることができる『菩提寺』は、頼りになり安心感を与えてくれます。




しかし、『檀家』を抜けることを考えている人が増えているのも現状です。

では何故、『檀家』を抜けて『菩提寺』との縁を断ってしまうのでしょうか?




その理由としては、以下の3つが代表的でしょう。

  1. 転居し菩提寺が遠方に

  2. 引き継ぐ継承者がいない

  3. 経済的理由


お墓の費用|建てる墓地の種類で違う値段と維持費を抑えるための知識、お墓とお金の話
https://www.touensha.com/post/sougi32


 

檀家をやめる理由【1】転居し菩提寺が遠方に


  • 独立し生活圏が変わった

  • 転勤で引っ越し

など、仕事や生活と結び付きが強い内容ですが、

  • 転居したことで菩提寺が遠方になる

ことで、『檀家』を抜ける方は多いものです。




確かに、遠方になると仏事を任せることも難しく、『菩提寺』との関係を維持していくことも困難になってしまいます。


 

檀家をやめる理由【2】引き継ぐ継承者がいない


  • 子供がいない

  • 子供が女性のみ

  • 独立した子供が地元を離れている

など、少子化の日本では、家の後を引き継ぐ継承者がいないケースが増えています。




継承者がいないという事は、『檀家』として関係を保つことができないため、必然的に『離檀』せざるを得ない訳です。


 

檀家をやめる理由【3】経済的理由


  • 御布施

  • 寄付

など、『離檀』は『菩提寺』に経済的支援を行います




しかし経済的な事情で、『菩提寺』を支援することが難しく、『離檀』を考える方もいるものです。


 

離檀するメリット・デメリットとは



『離檀』はよく考え、慎重に検討した上で判断するものです。

あくまでも参考ですが、『離檀』のメリット・デメリットを紹介するので、検討する上での参考にして下さい。




『離檀』のメリット

  • 経済的な負担が減る

  • 自分の希望通りの葬儀が行える



『離檀』のデメリット

  • 仏事を任せる相手がいない

  • 墓じまいしなくてはならない

  • 離檀料の支払い


お布施と初穂料・玉串料の金額相場|安いと言われる神道の謝礼は本当に金額が安いのか
https://www.touensha.com/post/sougi137


 

離檀するメリットとは



  • 経済的な負担が減る

  • 自分の希望通りの葬儀が行える

以上が、『離檀』するメリットと言えるでしょう。




御布施、寄付など、『檀家』として『菩提寺』と付き合いを持つ以上、少なからず経済的な負担はあります。

その経済的な負担を軽減する意味では、『離檀』はメリットになるでしょう。




また近年では、葬儀形式が多様化しており、様々な方法で故人を見送るケースが増えています。

しかし『檀家』の場合、『菩提寺』の指示に従って葬儀を行わなくてはならず、必ずしも希望通りの葬儀形式が行えるかは分からないのです。


お別れ会、偲ぶ会とは|無宗教葬の内容や費用、自由な演出ができるお別れ会の特徴について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi102


 

離檀するデメリットとは



  • 仏事を任せる相手がいない

  • 墓じまいしなくてはならない

  • 離檀料の支払い




『離檀』することにより、仏事を任せる相手がいません

確かに近年では、ネットで『住職紹介サービス』もあり、その場限りのお願いをすることは可能です。




しかし、供養の意味で考えた時に、信用できるかも分からない人に仏事を頼むよりも、代々家の仏事を任せた寺院に頼む方が、より良い供養が行えるのではないでしょうか。




また、『離檀』するにあたって、いくつかの費用が発生します

  • 墓じまい

  • 離檀料

上記の2つが代表的です。




墓じまい』とは、お墓を更地に戻し、寺院に土地を返すことを言います。

更地に戻すということは、

  • お墓の解体工事

  • 石材の撤去

  • 遺骨の移動

など、石材店など専門職でないと、何かと難しい作業内容のため、費用が発生するのです。




また、『檀家』を抜ける時には、今までお世話になったお礼として、

  • 離檀料

を渡すことが一般的です。




『離檀料』の金額相場は、

  • 1030万円

が多くはなっていますが、寺院によって異なります。




100万円を超える高額な『離檀料』もあり、トラブルの原因にもなっています。




『離檀料』トラブルにならない様、まずは『菩提寺』とよく話し合いを行いましょう。


墓じまいとは|流れや手続き方法、費用相場など墓じまいについて解説
https://www.touensha.com/post/sougi158-hakajimai


 

檀家をやめる際の注意点は



『離檀』の理由やメリット・デメリットは理解できたかと思います。

では最後に、『離檀』を考えている方に注意点を説明しておきます。




『離檀』というのは、

  • 先祖代々続いた付き合いの終わり

を意味します。




そして、寺院と故人間ではなく、

  • 寺院と家

との付き合いが終わるという事です。




そのため、後継ぎや『墓守』だからといって、一人で判断せず、

  • 家族間、親族間

  • 菩提寺

としっかり話し合いをして、双方納得の上で『離檀』の判断をしましょう。




そして、『菩提寺』との相談や『離檀』の伝達は、

  • 直接出向いて挨拶

することがマナーです。




先祖代々お世話になった感謝の気持ちを忘れず、一方的な連絡だけで済ませることが無い様、最後まで円満な関係を築いて下さい。


家族葬が行われている割合|葬儀費用が安い家族葬は実際どのくらいの割合で行われているのか
https://www.touensha.com/post/sougi04

 

まとめ



今回は、『離檀』の内容やメリット・デメリットについて紹介しました。




様々な理由で『檀家』を抜ける、つまり『離檀を考えている方が増えています。




確かに、

  • 葬儀

  • 法要

といった仏事を、その場限りお願いできる『住職派遣サービス』も存在します。




しかし、先祖代々続く関係を途絶えさすことは、それ程簡単に判断してよいことではありません。

  • 家族間、親族間

  • 菩提寺

と、しっかり話し合い、双方納得の上で『離檀』の判断をするようにして下さい。


親族の香典相場|祖父母/兄弟/叔父叔母/従兄弟など年齢ごとの香典金額を関係性で解説する香典マナー
https://www.touensha.com/post/sougi06


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




閲覧数:11回0件のコメント