• 橙縁社公式

湯灌師とは|儀式を行う【おくりびと】は資格がいらないって本当なのか?湯灌師について徹底解説

更新日:2021年12月14日


故人の入浴を手伝い、身体を清める儀式、それが『湯灌(ゆかん)』です。

そして、その『湯灌』を専門的に行うのが『湯灌師』となります。




映画『おくりびと』の影響で一気に知られ、『湯灌師』を志した方もいることでしょう。




そして、『湯灌師』が担当する内容としては、

  • 湯灌を行う

  • 身支度を整える

  • 納棺の儀式に携わる

以上が、一般的な『湯灌師』の仕事です。




これだけ専門的な仕事なだけに、資格が必要になり、ハードルを感じ足踏みをして、求職できない人もいるのではないでしょうか?




そこでこの記事では、『湯灌師』の仕事内容や資格、納棺師との違いなどについて紹介していきます。


湯灌とは?湯灌を行うべきなのか、意味や料金、デメリットについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi65


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

湯灌師とは|儀式を行う【おくりびと】は資格がいらないって本当なのか?湯灌師について徹底解説



湯灌』とは、故人の体を洗い清め、現世での悲しみや苦しみ、穢れ(けがれ)や煩悩を洗い落とし、来世の生まれ変わりを願う儀式です。

その『湯灌』の儀式を専門に行う人が、『湯灌師』と呼ばれています。




この故人を入浴させる『湯灌』には、特別な設備が必要です。

そのため、『湯灌』の設備を持っていない業者では、入浴させる『湯灌』を行うことができません。




基本的には、葬儀社との打合せの際に提案され、葬儀社から『湯灌』の専門業者に依頼されることが一般的でしょう。


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書でチェックするポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12


 

湯灌師と納棺師の違いとは?



故人を棺に納める際、

  • 湯灌師

  • 納棺師

といった専門業者に依頼するケースがあります。




基本的には、棺に納める『納棺師』湯灌を行う『湯灌師なのですが、葬儀の現場で仕事を分けることはほとんどありません。




  • 納棺

  • ラストメイク

  • エンゼルケア

など、納棺までの基本的な業務を『湯灌師』も行うため、一回の葬儀に『納棺師』と『湯灌師』が同時に呼ばれることはありません。


納棺の儀式とは?家族で行う納棺式の重要性や納棺時の服装、火葬式が増えているからこそ納棺式が大切な理由
https://www.touensha.com/post/sougi64


 

納棺師の仕事は葬儀社のスタッフが行うのが一般的



ちなみに現場での話になりますが、一般的な『納棺師』の仕事は、葬儀社のスタッフが行います。

  • 納棺

  • ラストメイク

  • エンゼルケア

  • 着せ替え




稀に葬儀社によっては、自社で『納棺の儀式』を行うことができない会社も存在します。

そのような葬儀社では、『納棺師』に依頼を行っています。




気を付けるべきポイントとして、『納棺師』に依頼している葬儀社では、納棺の費用が別途掛かります。

相場としては、8~12万円ぐらいが多いでしょうか。




全く同じ葬儀内容でも、自社で『納棺』ができるかどうかで、葬儀費用に大きな金額差が生じますので、事前に確認しておきましょう。


エンゼルケア・ラストメイクとは?葬儀社の人間なら誰でもできるエンゼルケアの内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi20


 

湯灌師や納棺師は資格がいらない



『湯灌師』、『納棺師』の仕事内容は、とても専門的だと言えます。

しかし、特に資格はいりません




『湯灌』を専門的に行っている業者はありますが、『納棺師』の経験があるスタッフが在籍しているだけで、資格を持った認定者ではないのです。




ですが、『納棺師』の仕事と違って、『湯灌師』の仕事は、

  • より専門的な内容

  • 設備の問題

などから、葬儀社のスタッフが行うことは難しく、『湯灌師』の業者に依頼することになります。


葬儀社の選び方|まずは事前相談へ!5つの質問で分かる葬儀社選び、葬儀の事前相談で何を聞くべきか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi16


 

まとめ



今回は、『湯灌師』の仕事内容や資格、納棺師との違いなどについて紹介しました。




『湯灌』は、古来より続く伝統的な儀式です。

特に、古式湯灌』は家族の手で行われ、故人に対するお世話の一つでした。




しかし現在では、病院などでアルコールを使用した『清拭(せいしき)』を行い、感染症対策の考え方からも、『湯灌』を行うケースはほとんどなくなりました。




『お風呂が好きだった故人を、最後に入浴させたい』

という家族の強い思いがある場合、費用が問題なければ選択肢に入れるのは良いでしょう。




しかし、絶対に必要な儀式ではないことを、一度理解した上で選択して下さい。


互助会解約トラブルは年間3,000件超|解約手数料の違法性など互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




閲覧数:87回0件のコメント