• 橙縁社公式

エンバーミング処理トラブルとデメリット|葬儀社の嘘で広がってしまった?エンバーミングトラブル


エンバーミング』とは、遺体の腐敗を防ぎ、遺体を修復するために行う行為です。




海外では『エンバーミング』が一般的で、90%以上の遺体に『エンバーミング』を行う国もある程です。

しかし、主に土葬文化のある国で『エンバーミング』が普及しており、火葬文化の日本では、一般的には知られず、普及していないものでした。




ところが近年、葬儀業界で注目度が高まっており、『エンバーミング』の特集がTVなどマスコミにも取り上げられていて、『エンバーミング』という言葉自体が、一般的にも広がってきてはいます。




それに伴い、『エンバーミング』のトラブルが増えているのも現状です。




そこでこの記事では、『エンバーミング』のトラブルの原因や、デメリットなど、マスコミが伝えない『エンバーミング』のマイナス部分について紹介していきます。


湯灌とは|湯灌は必要?費用や内容、意味、湯灌デメリットなど湯灌について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi65


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

エンバーミング処理トラブルとデメリット|葬儀社の嘘で広がってしまった?エンバーミングトラブ



日本は、火葬が一般的な国であり、『エンバーミング』を行うケースはほとんどありませんでした

しかし、コロナ禍の影響などもあり、亡くなる前に故人と会えないケースが増えてしまいました。




そこで、『エンバーミング』処理を行い、最後の姿を皆さんに見てもらいたいという想いから、近年需要が増し、注目度が上がっています。


エンバーミングとは?費用や内容、日本では必要ない理由など、勘違いされているエンバーミングを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi21


 

エンバーミングとは?



エンバーミング』とは、遺体の防腐や消毒、外見の形成を行う処置です。

  • 遺体の血液を防腐剤に入れ替える

  • 体液の吸引

  • 外傷の修復




内容が専門的になることからも、

  • エンバーマー

という有資格者が『エンバーミング』を行います。




『エンバーミング』を行った遺体は、感染症の伝染を防ぎ、腐敗を遅らせることが可能です。

また、見た目を整える専門技術のお陰で、生前の姿に近づけることも可能となっています。


火葬式と直葬の違い|火葬のみを行う葬儀の内容や費用の違いなど2種類の葬儀について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi74


 

エンバーミングとラストメイク・エンゼルケアの違い



遺体を整える処置には、

  • ラストメイク

  • エンゼルケア

というものがあります。




まず『ラストメイク』とは、死に化粧』とも呼ばれ、髭を剃り、髪を整え、化粧を施します。

基本的には、故人の顔を整える処置だと考えて下さい。




次に『エンゼルケア』は、アルコール綿などで体を綺麗にしたり(清拭)、鼻や耳などに脱脂綿を詰めたり、医療器具を外したりと、逝去直後の遺体の処置を指します。




そのため、腐敗処理の内容や、外見を整える内容など含め、『エンバーミング』は専門性が非常に高く意味合いとしては似ていますが、内容が違うことを理解して下さい。


エンゼルケア、ラストメイクとは?葬儀社スタッフ必須スキルであるエンゼルケア、ラストメイクの内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi20


 

葬儀社の嘘!?エンバーミングのトラブル



私見ですが、理由がない限り『エンバーミング』は必要ありません

そのため、当家から自主的に希望が出ない限り、『エンバーミング』は行いません。




しかし近年、『エンバーミング』のトラブルが増えている状況にあります。




では、何故『エンバーミング』のトラブルが増えているのでしょうか?

  1. 葬儀社に勧められるがまま、エンバーミングを行った

  2. エンバーミングではないのに、エンバーミングと葬儀社が説明


互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15


 

エンバーミングトラブル(1)葬儀社に勧められるがまま、エンバーミングを行った


昔と比べ、年々葬儀費用は安くなっています。

それは依頼者側にとって良いことですが、葬儀社にとっては経営を圧迫しています。




更に、コロナ禍の影響で、加速的に葬儀の縮小化が進んでいます。

となると、葬儀社にとって売上を上げるための内容が、ほとんど無い状況と言えるのです。




そこで注目されたのが『エンバーミング』です。

『エンバーミング』は、NHKを始めとして、メディア等で数々の特集が組まれています。

特に高年齢の方にとって、TVの影響は計り知れないものです。




葬儀社にとっても、チャンスです。

売上を上げるための内容がなかった状況で、TVの影響もあり、『エンバーミング』を推奨する動きが強まったと言えるでしょう。


散骨トラブルや後悔しないために|お墓問題や墓じまいで注目されている散骨で失敗しないために注意すべきこと
https://www.touensha.com/post/sougi75


 

エンバーミングトラブル(2)エンバーミングではないのに、エンバーミングと葬儀社が説明



この内容は、あくまでも相談を受けた時にあがった内容であり、実際に行われているかは分かりません。

でも、火のない所に煙は立たないはずです。




相談内容としては、事前相談で『エンバーミング』を勧められ、

  • 提示金額が10万円程

だったということでした。

相談者は高いと思って、他社にも話を聞きたいと考え、当社に相談に来たと言っていました。




結論から言いますと、『エンバーミング』で10万円は安過ぎます!!

あくまでも相場ですが、

  • 25~40万円

が『エンバーミング』に掛かる費用です。




『エンバーミング』は、専門的な処置の為、金額は高額になります。

そして、血液を抜き、防腐剤の入れ替えをするなど、設備が揃った限られた施設でしか、『エンバーミング』を行うことができません。




つまり、何を言いたいかというと、

  • エンゼルケア

  • ラストメイク

といった処置を、『エンバーミング』と伝えている葬儀社がいるということです。




そして、後々調べた結果、遺体処置の内容が『エンバーミング』ではなかったため、トラブルやクレームの原因になったと考えられるのです。


永代供養のメリット・デメリット|費用相場・内容から見る永大供養墓のメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi34


 

エンバーミングのデメリットを理解しましょう



『エンバーミング』には、大きなメリットがあります。

しかし、当たり前ですがデメリットもあります。




そこで、『エンバーミング』のデメリットを簡易的に紹介します。

もしも、下記の内容で引っ掛かる部分を感じる方は、一度思いとどまって、検討し直すようにして下さい。


  1. 費用が高額

  2. 施設が少なく、処置に時間が掛かる

  3. 家族や親族の反対


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12


 

エンバーミングが浸透していないからこそ内容確認の徹底を



最後に、『エンバーミング』を希望する方に、一つだけアドバイスを。




確かに、『エンバーミング』には大きなメリットがあります。

特に、最後の故人との時間を、少しでもゆっくり取りたい方には非常に満足度が高い内容です。

かけがえのない時間は、高額な費用が掛かったとしても、天秤にかけることができないものでしょう。




だからこそ、『エンバーミング』を選択した方には、後悔して欲しくありません




はっきり言って、『エンバーミング』は世の中にまだまだ浸透していません。

そのため、『エンバーミング』の内容の理解度も、遺族はもちろん、葬儀社でも曖昧です。




必ず内容を細かく確認しましょう。

一言で『エンバーミング』で済ませるのではなく、

  • 実際にどこまでの処置をしてくれるのか

  • 施設はどこなのか

  • ラストメイクやエンゼルケアとの違い

など、事細かに葬儀社に質問して下さい。




また、費用が安いことは良いことですが、10万円前後の『エンバーミング』はありません。

内容に伴った費用が掛かることを理解し、費用が安過ぎる場合は警戒して下さい。


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05


 

まとめ



今回は、『エンバーミング』のトラブルの原因や、デメリットなど、マスコミが伝えない『エンバーミング』のマイナス部分について紹介しました。




コロナ禍の影響で、『エンバーミング』の情報が急激に広がっています。

高額な費用が掛かることはもちろん、本当に『エンバーミング』が必要なのかを検討して下さい。




また、遺体の処置方法には、

  • ラストメイク

  • エンゼルケア

といった方法もあります。




葬儀社によっては、ラストメイクやエンゼルケアを、『エンバーミング』と説明しているケースの報告もあります。

金額と内容を細かく確認し、後悔をしないように『エンバーミング』を選択して下さい。


互助会会員とJA葬祭、JA祭典組合員の違い|葬儀の会員制度の内容はどのような違いがあるのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi43


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


閲覧数:433回0件のコメント