• 橙縁社公式

湯灌とは?湯灌を行うべきなのか、意味や料金、デメリットについて徹底解説

最終更新: 6月10日


湯灌(ゆかん)』を知っていますか?




映画『おくりびと』の影響で、一気に認知された湯灌ですが、『湯灌』は本当に必要なのでしょうか?




生前に入浴が好きだった故人のために、『湯灌』を考えている方もいることでしょう。

しかし中には、葬儀社から、

  • 湯灌を行った方がいいです

などと勧められ、言われるがままに行った方もいるはずです。




そこでこの記事では、湯灌の内容や必要性、料金やデメリットについて紹介していきます。


水戸市の葬儀費用の平均相場はいくら?同じ内容でも葬儀社によって違う葬儀費用を徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi11




湯灌とは?湯灌を行うべきなのか、意味や料金、デメリットについて徹底解説



まず『湯灌』とは、故人の体や髪をお湯で洗い、清めることをいいます。

つまり、お風呂に入れてあげる訳です。




長い闘病生活が続くと、なかなか思い通りに入浴ができません

そこで、生前に入浴が好きだった故人を、

  • 最後にお風呂に入れてあげたい

という家族の希望から、『湯灌』を考える方は多いものです。




また、『湯灌』行うことにも、ちゃんとした理由はあります。

そこで、『湯灌』の意味から解説します。




湯灌の意味について



『湯灌』の意味は、主に2つあります。




1つは衛生面です。

人は亡くなった瞬間から腐敗が始まり、体液漏れや皮膚の変色が起こります。




そこで『湯灌』を行い、『納棺』の前に体をきれいにするのです。




2つ目は、宗教上の観点から『湯灌』を行います。

『湯灌』を行い、現世での穢れ(けがれ)や煩悩を洗い清め、魂を浄化し、来世に導かれるようにと願いを込めて、『湯灌』を行うのです。


納棺の儀式とは?家族で行う納棺式の重要性や納棺時の服装、火葬式が増えているからこそ納棺式が大切な理由

https://www.touensha.com/post/sougi64




湯灌を行う料金相場は?



『湯灌』は昔、家庭で行われてきました。

ですが現在では、専門業者の湯灌師に依頼することが、ほとんどでしょう。




では、湯灌師に依頼した場合、いくらぐらい料金が掛かるのでしょうか?


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書でチェックするポイントを徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi12




湯灌の料金相場は5~12万円



『湯灌』を依頼する際、ほとんどのケースで葬儀社を通して湯灌師に依頼します。

また、『湯灌』は葬儀費用の基本料金プランには含まれていないため、オプション料金として追加費用が発生します。




葬儀社や地域によって金額に違いはありますが、

  • 5~12万円

が、『湯灌』の料金目安と考えておくのが良いでしょう。


家族葬の費用、実は高いって知ってます?葬儀費用は額面だけで判断してはいけない理由を徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi05




湯灌を行うデメリットについて



『湯灌』の内容について、多少は理解して頂けたはずです。

費用面の問題がなければ、そのまま『湯灌』を依頼する方もいる事でしょう。




しかし、『湯灌』にもデメリットはあります。

  • 高額な費用

  • 感染症などの衛生面

  • 遺体の腐敗を進ませる




高額な費用



まず1つ目のデメリットが、『湯灌』に掛かる高額な費用です。




先程、『湯灌』の料金相場を5~12万円と解説しました。

この金額に開きがある理由が、『湯灌』の内容の違いです。




湯灌師に依頼した場合、

  • 身体を拭くのみ

  • 浴槽を使い入浴

の2種類があり、それぞれ料金が異なります。




一般的な料金相場は以下の通りです。

  • 身体を拭く⇨ 5万円前後

  • 浴槽で入浴⇨ 10万円前後




感染症などの衛生面



次のデメリットは、感染症などの衛生面のリスクです。




故人の遺体をきれいにするための『湯灌』ですが、血液や体液に直接触れてしまう可能性があります。

傷口や縫合後はもちろん、口や鼻、皮膚や性器など、体液が出る恐れがある所は沢山あります。




人は亡くなった時から腐敗が始まり、菌やウイルスが体の内部で繁殖します。

また、何かしらの病原菌に感染している可能性もあります。




感染防止用のグローブやマスクを必ず着用し、感染症対策には十分気を付けましょう。




遺体の腐敗を進ませる



都市部になるほど、火葬の予約がなかなか取れず、安置する日数が長くなります。




安置する日数が長引くということは、腐敗が進み、故人の見た目に変化が起こりやすくなってしまいます。

そのため、ドライアイスなどを使用し、極力体の状態を保つよう努めるのですが、『湯灌』を行い遺体の温度が上がることで、腐敗の進行を進ませてしまう可能性が出てくるのです。




都市部に住んでいる方は、

  • 火葬の予約状況

  • 納棺の日程

などをよく考えて、『湯灌』を行うかを選択しましょう。




また、腐敗を防ぎつつ『湯灌』を行いたい場合、『エンバーミング』という選択肢もあります。


葬儀でのエンバーミングとは?内容や費用、注意点や勘違いされているエンバーミングの範囲など徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi21




湯灌は本当に必要なのか?



最後に、『湯灌』の必要性を考えてみたいと思います。

大前提として、地域ごとの考え方や風習が強く残る内容なため、あくまでも一個人の意見として紹介するので、参考までにお考え下さい。




結論から言えば、『湯灌』は特に必要な訳ではないと言えます。




現在では『清拭(せいしき)』といって、病院などでアルコールを使い、遺体を拭いて清めています。

そして、『エンゼルケア』の一環で、口や鼻、肛門などに脱脂綿を詰め、体液が出てしまうことを防いでいます。




このことから、家族・遺族以外の方にも、故人のきれい姿を見せることが可能です。




また、浴槽に入浴させなくても、『逆さ水』で作ったぬるま湯で濡らした布で、身体を拭いてあげることは、湯灌師に依頼せずとも、家族の手で行うことができます。

この身体を拭いてあげることを、『古式湯灌』ということもあり、これも立派な『湯灌』になります。




  • どうしても最後にお風呂に入れてあげたい!!

という強い希望がない限り、『古式湯灌』を家族の手で行うか、『湯灌』はせずともよいと考えます。




『湯灌』にこだわるより、腐敗を極力抑え、より生前に近い姿で見送ってあげる方が、私は大切ではないかと思います。


エンゼルケア・ラストメイクとは?葬儀社の人間なら誰でもできるエンゼルケアの内容を徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi20




まとめ



今回は、湯灌の内容や必要性、料金やデメリットについて紹介しました。




確かに『湯灌』は古来より続く、葬儀前の文化です。

しかし現在、医療も発達し、感染症対策の面から見た時に、アルコールを使用した『清拭』が基本となっています。



また、『湯灌』イコール『湯船に入浴する』イメージが強いかと思いますが、逆さ水で作ったぬるま湯で体を拭く『古式湯灌』も、伝統的な『湯灌』です。




『最後にお風呂に入れてあげたい』

と気持ちは理解できますが、衛生面費用面メリット・デメリット、また内容をよく考えた上で、『湯灌』を選択するようにしましょう。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に

https://www.touensha.com/