top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

御仏前(御佛前)とは|意味や香典の表書きでいつから使用するのか?御仏前の使い方について解説


通夜や葬儀・告別式に参列する際、『香典』を持参し渡します。

この『香典』の表書きには、

  • 御霊前

  • 御仏前(御佛前)

  • 御香典

というように、様々な書き方があります。




では、どんな場面で、どの書き方をするのが正しいのでしょうか

葬式と言う厳粛な儀式でもあることから、最低限の葬儀マナーを覚え、大人として恥をかきたくはないものですよね。




そこでこの記事では、『御仏前』にスポットを当て、『御仏前』の意味や使い方、いつまで使用するものなのかを紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

御仏前(御佛前)とは|意味や香典の表書きでいつから使用するのか?御仏前の使い方について解説



早速、結論からお伝えします。

『御仏前』の表書きは、

  • 四十九日以降から

使用します。




また、厳密には宗教によって表書きは異なります。


  • 仏式   ⇨ 御仏前(御佛前)

  • 神式   ⇨ 御神前、御玉串料、御榊料




仏式(仏教)の葬儀に参列する機会が多くなりますので、

  • 通夜~三十五日 ⇨ 御霊前

  • 四十九日以降  ⇨ 御仏前

と覚えておきましょう。



 

御仏前(御佛前)の意味とは?



『御仏前』とは、仏様の前という意味です。




おおかたの仏教では、四十九日までの間

  • 中陰

と呼び、死者があの世とこの世をさまよう期間とされています。

中陰の間『』であった故人は、四十九日で『仏』になります。




そのため、四十九日以降は故人は『仏』となっているため、

  • 御仏前

の表書きを使用するのです。




また、仏式(仏教)の葬儀が8割を超えるため、通夜や葬儀・告別式の『香典』の表書きは、宗教・宗派を問わず、

  • 御霊前

でも問題はないとされています。




しかし、四十九日の考え方や、『霊』から『仏』になるのは仏教の考え方であるため、仏教以外で『御仏前』の表書きを使用する事はありません



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

御仏前と御佛前の表書きに違いはあるのか?



四十九日以降は『御仏前』の表書きを使用する訳ですが、印字されている不祝儀袋を見ると、

  • 御仏前

  • 御佛前

2種類の表書きを見かけます。




『御仏前』の表書きは、お盆やお彼岸、法要など使用する機会も多く、間違って使いたくはないものです。

では、『御仏前』と『御佛前』に違いや意味はあるのでしょうか?




結論から言えば、読み方も意味も同じです。

旧字体が『佛』で、新字体が『仏』というだけで、どちらを使っても問題はありません。



 

御仏前を薄墨で書くことはあるのか?



不祝儀袋の表書きは、

  • 薄墨で書く

と覚えている方も多く、『御仏前』も薄墨で書くのか迷われる方もいます。




ですが、薄墨を使用するのは、

  • 通夜

  • 葬儀、告別式

に限ります。

なぜなら、突然の訃報を聞いて急いで駆け付け、悲しみや墨を準備する間もないという意味で、薄墨を使用するからです。




『御仏前』は、四十九日以降に使う表書きです。

そのため、準備をする時間もあり、一般的な黒墨で表書きを書くのです。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

四十九日法要では御仏前と御霊前のどちらを使うのか?



『御霊前』と『御仏前』の境は、

  • 四十九日

となっているため、四十九日法要では『御仏前』を使用します。




しかし、こんなケースの場合は、どうしたら良いのでしょうか?




本来、四十九日法要は亡くなってから49日目に行います。

ですが、葬儀のように忌引きで休みが取れる訳ではなく、法要に参列してもらう親族のためにも、土日や祝日に法要を行うことが多くなります。




そのような場合の法要日程の予約は、

  • 四十九日を過ぎない

ことが前提となり、49日が経っていない日に法要を行う訳です。

では、49日経っていない時は、『御霊前』と『御仏前』のどちらを使用するのでしょうか?




このような場合、四十九日法要をもって成仏したとされます。

そのため、49日以前であっても、

  • 御仏前

の表書きを使用します。



 

まとめ



今回は、『御仏前』にスポットを当て、『御仏前』の意味や使い方、いつまで使用するものなのかを紹介しました。




基本的な考え方としては、

  • 通夜~三十五日 ⇨ 御霊前

  • 四十九日以降  ⇨ 御仏前

と覚えて下さい。

これは、故人の『霊』が四十九日を経て『仏』になるという、仏教の考え方から来ています。




また、四十九日法要を49日以前に行う場合でも、法要をもって成仏したと考えられ、『御仏前』の表書きを使用することが一般的です。



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



 葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓







Comments


bottom of page