• 橙縁社公式

法事とは|いつ何をするのか?法要の種類や法要予定の立て方など法事について徹底解説


お葬式が終わり、ほっと一息。

しかし、仏教の考え方では、葬儀が終わったからといって、全てが終了する訳ではありません。




葬儀が終わった後、

  • 法事

  • 法要

という故人の供養を行っていくのです。




49日や一周忌などという言葉は、皆さん聞いたことがあるでしょう。

しかし、『法事』や『法要』を何のために行い、いつ行うべきなのかは、意外と知らない方も多いのではないでしょうか?




そこでこの記事では、『法事』・『法要』とは何なのか、法要の種類や意味、日程の立て方など、『法事』・『法要』について紹介していきます。


葬儀とは何か|なぜ葬儀を行うのか?葬儀の意味を理解してお葬式を考え直すための知識を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi62


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

法事とは|いつ何をするのか?法要の種類や法要予定の立て方など法事について徹底解説



仏教において、法事』『法要』は欠かせないものです。

ですが、家を引き継ぎ、墓守になった方は詳しいですが、それ以外の方や若い方には馴染みがないかもしれません。




また、『法事』『法要』は言葉が似ているため、混同されて使われることが多いですが、多少意味の違いがあります。

そこでまずは、『法事』『法要』の違いから紹介します。


葬儀の流れ|臨終~火葬、葬儀後・これさえ読めば焦らない葬儀の流れを分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18


 

法事と法要の違い|法事の意味とは?



法事』とは、

  • 僧侶

  • 遺族

  • 親族

などが集まり、故人の冥福を祈る一連の行事を指します。




つまり、寺の本堂などで供養のお経を読んでもらうことや、その後の会食に至るまで、全ての内容を含めて『法事』と言うのです。


宗派ごとの焼香回数と作法|押しを頂く?頂かない?葬儀マナーとして宗派ごとの焼香マナーを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi86

 

法事と法要の違い|法要の意味とは?



次に『法要』とは、

  • 読経

  • 焼香

などの供養するための儀式を指します。




そして『法要』には、

  • 日単位 ⇨ 中陰法要(ちゅういん)

  • 年単位 ⇨ 年忌法要(ねんき)

があります。


葬儀の焼香作法|焼香の意味とやり方、葬儀マナーとしての焼香作法を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi87


 

法要の種類と法要をいつ行うのか



次に、法要の種類と、いつ法要を行うのかを紹介します。




ちなみに、法要を行う日は、

  • 故人の命日

から数えますのでご注意下さい。

そのため、例えば初七日法要であれば、命日から7日後に行います。




分かりやすくするため、法要の一覧表と該当する日をまとめてみましょう。

*参考とするため命日を2022年4月1日としています。


法要

中陰

該当日

初七日

しょなのか

2022年4月7日

ふたなのか

2022年4月14日

みなのか

2022年4月21日

よなのか

2022年4月28日

三十五日

ごなのか

2022年5月5日

むなのか

2022年5月12日

四十九日(しじゅうくにち)

なななのか

2022年5月19日

百箇日(ひゃっかにち)

2022年7月9日

一周忌

2023年4月1日

三回忌

2024年4月1日

七回忌

2028年4月1日

十三回忌

2034年4月1日

十七回忌​

2038年4月1日

二十三回忌

2044年4月1日

二十七回忌

2048年4月1日

三十三回忌

2054年4月1日

五十回忌

2071年4月1日

*地域や宗派よって、命日の1日前から数える場合もあります。

*二十三回忌、二十五回忌、二十七回忌と行うこともあります。




上記の表を見ると分かりますが、法要の日程での注意点は2つです。

  • 命日から数える

  • 三回忌は2年後


お彼岸とはいつ?|お彼岸にすることや意味、お供えや食べ物など、お彼岸の内容を分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi88


 

法要は該当する日に行わなくてはいけないのか?



さて、行うべき『法要』の種類と、命日から数えていつ『法要』を行うのかは理解できたと思います。




そこで、疑問が出てくるでしょう。




それは、命日から数えた該当日に合わせて、『法要』を行わなくてはならないのかという点です。

もしも、『法要』該当日が平日だった場合、仕事や都合などで予定を立てるのが難しいものです。




そこで答えです。

必ずしも『法要』該当日ではならない訳ではありません




ただし、『法要』該当日を過ぎてしまうことは良くありません。

そのため、『法要』該当日よりも早い日程で、『法要』の予定を立て、住職に相談をして下さい。


お盆とはいつから?|新盆・7月盆、意味や準備する物など、地域ごとのお盆の内容について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi89


 

法事・法要はいつまで続けて行うのか?



先程紹介した『法要』の種類の表では、五十回忌まで紹介しました。

五十回忌ということは、命日から49年後に当たる訳です。




そこで問題が発生します。

遺族も年を重ね、代替わりしている可能性が高いはずです。

そんな中、いつまで『法要』を行い、供養を続けるのでしょう。




仏教の考えには、『弔い上げ』という言葉があります。

この『弔い上げ』とは、故人に対して、人一人の供養終了を意味します。




『弔い上げ』をいつ行うのかは、明確な決まりがありません

また、宗派や地域によっても異なります。

一般的には、

  • 三十三回忌

  • 五十回忌

の『法要』で、『弔い上げ』するケースが多いのですが、寺院や地域の決まりに則って行うのが良いでしょう。


お彼岸とお盆は意味が違う|お墓参りに行く日だけではないお盆とお彼岸の違いを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi90


 

親族はいつまで法要に参加するのが一般的なのか?



ここまで、遺族の立場で『法要』の日程を紹介しました。

では、親族全員も同じように供養をするのでしょうか?




一般的には、命日から1年目となる、

  • 初七日

  • 四十九日

  • 一周忌

には、できるだけ親族も参加します。

亡くなってから1年は『喪中』と言われ、喪に服します。




そして、三回忌から遠方の親族は参加しなくなる傾向で、回忌ごとに規模を小さくしていくのが一般的でしょう。

地域差はありますが、

  • 三回忌

  • 七回忌

を目安に、親族は『法要』に参加しなくなっていきます。


親族の香典金額|年齢や関係性での相場はいくら?恥をかかず、失礼にならない香典マナー
https://www.touensha.com/post/sougi06


 

中陰法要を7日ごとに行う意味と考え方



では最後に、日単位の法要である『中陰法要』の意味について紹介します。

なお、宗派や寺院、地域によっても考え方が異なるケースがありますので、寺院や地域の風習に従う様にして下さい。




仏教では、故人は死後7日ごとに、閻魔大王の裁きを受けると考えられています。

そして、亡くなってから49日間を『中陰』と言い、

  • 7日ごとに追善供養(ついぜんくよう)

を行い、故人が極楽浄土に行ける様、7日ごとに『法要』を行うのです。




また、35日法要(ごなのか)は、

  • 閻魔大王の裁きの日

とも呼ばれており、宗派や地域によっては、49日法要と同様に重要視され、盛大に行われる場合があります。




そして、7日ごとの『中陰法要』最後の49日法要を行い、成仏し、極楽浄土へ旅立つと考えられているのです。


水戸市の葬儀社選びのポイント|3タイプ別葬儀社の特徴や、メリット・デメリットなど葬儀社の選び方
https://www.touensha.com/post/sougi08


 

まとめ



今回は、『法事』・『法要』とは何なのか、法要の種類や意味、日程の立て方など、『法事』・『法要』について紹介しました。




墓を引き継ぎ『墓守』となった方は、『法事』や『法要』を執り行うことが多く、内容や予定の立て方もご存じの方が多いことでしょう。




しかし、一般的には『法要』で何を行い、何のためにするのか分からない方が多いものです。

故人を供養するために、仏教の考え方として重要な日となりますので、意味を理解した上で、『法要』に臨むようにしましょう。


互助会解約トラブルは年間3,000件超|解約手数料の違法性など互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





閲覧数:30回0件のコメント