• 橙縁社公式

お葬式が家族葬の流れになった理由|葬儀のスタンダードが家族葬に変化したのは何故なのか徹底解説


最早、お葬式のスタンダードは家族葬』だと言えます。

特に、首都圏を中心に顕著に表れています。




儀式を重んじ、伝統的な習わしがあるお葬式。

そのお葬式が、何故ここまで変化しているのでしょうか?




そこでこの記事では、何故お葬式が『家族葬』の流れになったのかなどを紹介していきます。


家族葬のメリットとデメリットとは?増加傾向にある家族葬のメリット・デメリットを徹底解説 (touensha.com)



お葬式が家族葬の流れになった理由|葬儀のスタンダードが家族葬に変化したのは何故なのか徹底解説




特に、俗にいう『古いしきたり』は、価値観の変化と共に駆逐され、過去の物へと追いやれていくものです。

そして、葬儀の世界にも、同じ流れが起こっています。




特に顕著なのが、『家族葬』の一般化だと言えます。




それでは何故、『家族葬』が一般的になったのでしょうか?

その理由について解説していきます。


  1. 地域コミュニティーの変化

  2. 少子高齢化

  3. 葬儀費用の高額化

  4. 葬儀自体の小規模化


家族葬とは?葬儀費用や、どこまでの葬儀を家族葬というのか徹底解説 (touensha.com)



地域コミュニティーの変化




『家族葬』が広まった理由の一つとして、地域コミュニティーの変化が挙げられます。




昔は、各地域に町内会があり、地域交流も盛んでした。

また、地元で就職をする人の割合も高く、地域の結束は強固なものでした。




そのため、お葬式を町内会の人達で取り仕切り、町内の人達は皆、故人の葬儀に参列するのが当たり前でした。




しかし現在では、より都市部へ就職することが当たり前です。

つまり、地元に根付く傾向にありません。

結果、地域コミュニティーも希薄になってしまいました。




地域コミュニティーが希薄になれば、当然町内会がなくなってしまいます。

そして、町内やご近所付き合いもなくなり、地域の葬儀参列者はいなくなるのです。




結果、葬儀に大勢の人を呼ぶことの意味も、薄れてしまった訳です。




少子高齢化




『家族葬』が増えた理由として、少子高齢化の影響もあります。




少子化の影響で、兄弟の少ない家庭が増えました。

そのため、親族としての葬儀参列者も減少します。

結果、香典収入などの収益が減り、葬儀を行う際の一人当たり費用が高くなってしまいました。




また、超高齢化で長生きする程、知人との縁が疎遠になります。

そして、参列者も高齢化しているため、地方の親戚・知人が参列できなくなっているのです。




以前のお葬式のように、葬儀参列者が集まりずらい。

そのため、大規模な葬儀を行う必要性が、薄くなってしまったと言えるでしょう。




葬儀費用の高額化




昔は、お葬式の費用が、

  • 150万~200万円

以上掛かることが当たり前でした。




そして今もなお、一般葬を行えば、同じように葬儀費用が掛かります




確かに、故人にとって人生一度きりの儀式です。

誰でも、盛大に送り出したい気持ちはあるでしょう。




しかし、長く続く不景気と、将来の経済的な不安。

費用を抑え、資産を極力ストックしておくという考えは、社会的にも当たり前になりました。




つまり、言い方は悪いですが、亡くなった人に多くの予算を掛けられないのです。




現在の消費者にとって、

  • 葬儀費用は高額過ぎる

と判断されているのです。




葬儀自体の小規模化




  • 地域コミュニティーの変化

  • 少子高齢化

以上、説明した2点につき、葬儀の参列者が減りました。




そして、故人が生前の段階で、

  • 『自分の葬式は簡素でいい』

  • 『家族だけ見守ってくれればいい』

という意見が増えました。




つまり、葬儀自体が小規模化しているのです。

従来通りのお葬式は、もはや時代背景に合っていないのでしょうね。




番外編・コロナウイルス感染拡大の影響




今まで説明した4つ以外に、番外編を説明します。

それが、2020年の新型コロナウイルスの流行です。




  • ソーシャルディスタンス

  • 人が集まる場所への移動制限

上記により、人が集まるお葬式にも影響が表れました。




  • 葬儀に呼ばない

  • 参列を控える

これが、一般常識となりました。




結果、『火葬式』や『家族葬』が増加し、お葬式の新しい常識が生まれようとしています。




まとめ




今回は、何故お葬式が『家族葬』の流れになったのかなどを紹介しました。




古来より、古い物は淘汰され、新しい物に変わります。

それは、葬儀の世界でも一緒です。




新しい価値観、その時の社会情勢に合ったものが、常識へとなっていくのです。




葬儀の世界で言えば、それが正に『家族葬』です。

まだまだ歴史が浅く、確立されたものとは言えませんが、『家族葬』が本来のお葬式となっていくでしょう。




ただし、葬儀が終わった後に、

  • イメージと違った

  • 葬儀費用が高額だった

ということが無いように、葬儀の内容の違いについて知っておきましょう。


もしも、

  • 葬儀費用

  • 葬儀の形式

など、葬儀のことで分からないことがあれば、『橙縁社(とうえんしゃ)』に気軽にご相談下さい。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ


葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。

そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。

あんしん葬儀・お葬式|茨城県水戸市|橙縁社(とうえんしゃ) (touensha.com)



〒310-0805 茨城県水戸市中央1-3-9 

Copyright © 2018 TOUENSHA All Rights Reserved.