• 橙縁社公式

葬儀の種類選び方のポイント|葬儀の選択肢は6種類。内容を決める際のポイントを簡単に分かりやすく解説


お葬式はどのようにしますか?

大切な方が亡くなった時、葬儀社の担当者から聞かれます。




お葬式は非日常のことであり、どんなに年を重ねても、基本的には分からないことばかりです。

ですが、人が亡くなりパニック状態の中、お葬式のことを決めなくてはなりません。




そもそも、葬儀の選択肢は、理解していますか?




そこでこの記事では、全く葬儀の知識がない方でも簡単に分かるように、お葬式の選択肢を、6つの内容ごとに紹介します。


互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15



葬儀の種類選び方のポイント|葬儀の選択肢は6種類。内容を決める際のポイントを簡単に分かりやすく解説



それでは、簡単にお葬式の選択肢を紹介します。




葬儀の選択肢は、大きく分けて6つです。

  1. 直葬

  2. 火葬式

  3. 寺葬

  4. 家族葬

  5. 1日葬

  6. 一般葬(通夜あり)




1・直葬とは?



直葬』とは、通夜や葬儀・告別式を行わず、火葬のみを行う葬儀です。

自宅や病院、安置施設から、直接火葬場へと運ぶため『直葬』と言われています。




ちなみに、『直葬』の由来は警察用語です。




警察扱いになった遺体を、斎場を経由せずに火葬場へ移動させる場合に、

  • 直接送る

の意味で、『直送』と称していたそうです。




そして『送』という字が、遺体処理のイメージが強いため

  • 』の字

あてて、『直葬』と呼ばれるようになったとされています。


直葬とは?直葬の流れや葬儀費用、トラブルの可能性など火葬のみを行う葬儀形式について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi73



2・火葬式とは?



火葬式』とは、『直葬』と同じく火葬のみを行う葬儀です。




しかし、当社では『直葬』とは分けて『火葬式』を捉えています。

  • ラストメイク

  • お経などの宗教儀礼

  • お別れ花などのお別れの儀式

など、故人の為に儀式・儀礼となる要素を取り入れています。




通夜や葬儀・告別式を行わずとも、

  • 一つの儀式

として、故人とのお別れを行うものを『火葬式』としています。


火葬式とは?火葬式の流れや葬儀費用、火葬式のみを行う葬儀形式について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi71



3・寺葬とは?



寺葬』とは、言葉の通りお寺で葬儀を行うことです。




当社が籍を置く茨城県水戸市では、ほとんどの『寺葬』は、火葬の後に行われます

  • 1.火葬 ⇨ 2.寺葬




基本的に、なかなか葬儀社から提案をされるケースは少ないでしょう。

その理由は、

  • 檀家でなければ難しい

と、いう点です。




地域差やお寺ごとによって異なりますが、お寺で葬儀を行うためには、そのお寺の檀家である必要があります。

つまり、お寺から『戒名を頂いて、そのお寺の弟子になっていなくてはなりません。




  • 葬儀費用の面

  • 儀式としての雰囲気

など、『寺葬』には『寺葬』にしかない魅力があります。

しかし、誰でも行える葬儀ではないため、その部分も考量して選択肢に入れてみましょう。


戒名の読み方・文字数について|戒名の位・ランクを知るために戒名の基本を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi23



4・家族葬とは?



家族葬』とは、遺族・親族・近親者など、葬儀に参列する方を限定した葬儀です。




現在、お葬式のスタンダードと呼べる葬儀です。

  • 葬儀費用

  • アットホームな雰囲気

  • 喪主の精神的負担

  • 故人とのお別れの時間

など、非常にメリットがあり、現在の社会的ニーズに沿っている葬儀だと言えるでしょう。


家族葬の内容と流れ、メリットとデメリットは?葬儀費用が安いと増えている家族葬のメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi02



5・1日葬とは?



1日葬』とは、通夜は行わず、葬儀・告別式を1日で行う葬儀です。




『家族葬』とは違い、葬儀参列者を限定していません。

新聞などの訃報掲載で、不幸があったことを世間的に知らせ、沢山の方に故人とのお別れをして頂きます。


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05



6・一般葬(通夜あり)とは?



一般葬』とは、通夜と葬儀・告別式を行う、昔ながらの宗教儀礼に乗っ取った葬儀です。

  • 通夜 ⇨ 夕方以降

  • 葬儀 ⇨ 日中

もしもお寺の檀家だった際、お寺によっては必ず通夜を行わなくてはならないケースもあります。




宗教的な考え方を除いた場合、参列者人数が多く、2日に分けて故人とのお別れの時間を取りたい方は、通夜を行う方向で検討しましょう。


通夜とは?通夜の意味や葬儀・告別式との違い、流れや時間帯など通夜の内容について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi68



まとめ



今回は、全く葬儀の知識がない方でも分かるように、簡単なお葬式の選択肢を、6つの内容ごとに紹介しました。




大切な人が亡くなった時に、突然全てを決めることは難しいものです。

そのため、葬儀のイメージだけでも、少し想像してみて下さい。




宗教的な問題や、金銭的な問題、親族間での問題など、お葬式の話はなかなか進まないものです。

ですが、まずは一番大切な故人を想い、偲ぶことがしっかりとできる様に、あなたの家族に合った葬儀を一度考えてみましょう。




そして生前の間に、葬儀社で『事前相談』を行い、お葬式に対する疑問を解消しておくことをお勧めします。


葬儀社の選び方|事前相談で聞くべき5つの質問。葬儀社選びや葬儀の内容が分かる事前相談の質問内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi16



葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。

水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に
https://www.touensha.com/