top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

親族の香典相場|祖父母,兄弟,叔父叔母,従兄弟など年齢ごとの香典金額を関係性で解説する香典マナー


  • お通夜

  • 葬儀、告別式

に参列する際、必ず必要になる『香典』。

『香典』の知識は、社会人の常識として、知っておかなければなりません。




また、故人との関係はもちろん、年齢や立場によっても、『香典』金額の相場は変動します。

そのため、一人の大人として、失礼にならず、恥をかかない『香典』金額を抑えておきたいものです。




そこでこの記事では、お葬式マナーとして、親族・血縁関係の葬儀での『香典』金額を紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

親族の香典相場|祖父母,兄弟,叔父叔母,従兄弟など年齢ごとの香典金額を関係性で解説する香典マナー



香典』とは、お通夜や葬儀・告別式に参列する際、線香や抹香、花の代わりに御霊前にお供えするお金のことです。




ちなみに訃報を受け、お通夜から参列する場合、通夜の時に『香典』をお供えするのが一般的だとされています。

しかし、本来の葬儀マナーとしては、通夜・葬儀に両日参列する場合通夜ではなく葬儀・告別式に『香典』をお渡しするのが、より丁寧な対応です。



 

親族の香典金額の相場はいくら?



『香典』金額は、故人との関係や年齢、立場などにより変動します。




まずは、一般的な目安となる『香典』の相場です。

  • 血縁関係、親族 ⇨ 5千円~10万円

  • 友人、知人   ⇨ 3千円~1万円




上記の相場金額に加え、

  • 親交度

  • 立場関係

  • 年齢

などを考慮して、『香典』を包む訳です。




それでは、親族の立場で葬儀に参列した際の『香典』金額や内容を、より細分化して解説していきます。



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

親族の香典金額|親戚、血縁関係の香典の相場は?



親族や血縁関係と言っても、その立場や関係性によって、『香典』で包む金額は異なります。

そこで、想定される親族関係ごとに、内容を分けてみましょう。


  1. 両親が亡くなった場合 ⇨ 5万円~10万円

  2. 兄弟姉妹の場合    ⇨ 3万円~5万円

  3. 祖父母の場合     ⇨ 1万円~5万円

  4. 叔父叔母の場合    ⇨ 1万円~3万円

  5. 上記以外の親戚の場合 ⇨ 5千円~3万円



 

親族の香典相場【1】両親が亡くなった場合



両親が亡くなった場合、前提として、

  • 故人の夫や妻(夫婦関係の方)

  • 喪主

は、基本的には『香典』を出す必要がありません。



そして、両親が亡くなった場合、喪主になった子供を除き、

  • 10万円

『香典』の平均金額といえます。



しかし、『香典』を出す立場の人の年齢が、

  • 10代~20代 ⇨ 3万円~5万円

  • 30代     ⇨ 5万円以上

など、年齢が低いケースは、上記の『香典』でも問題はありません。



 

親族の香典相場【2】兄弟姉妹の場合



次に、兄弟姉妹が亡くなった場合、

  • 3万円~5万円

『香典』の相場金額です。



  • 兄なのか、弟なのか?

  • 姉なのか、妹なのか?

  • 年がどれぐらい離れているか?

などで、包む『香典』の金額は変わります。




しかし、おおよそ

  • 3万円~5万円

の相場通りで問題はありません。



 

親族の香典相場【3】祖父母の場合 



次に、祖父母が亡くなった場合です。



祖父母が亡くなった場合、

  • 1万円~5万円

『香典』の相場金額です。



更に、『香典』を包む人の年齢によっても目安があり、

  • 10代~20代 ⇨ 1万円

  • 30代     ⇨ 1万円~3万円

  • 40代以上   ⇨ 3万円~5万円

が、一般的だと考えて下さい。



 

親族の香典相場【4】叔父叔母の場合 



ここからは、親戚・血縁関係だとしても、金額がまちまちで悩むところです。




まずは、叔父叔母が亡くなった場合です。

  • 1万円~3万円

が、『香典』金額の相場です。


しかし、いくら叔父叔母が亡くなったとはいえ、

  • 会ったこともない

  • ○十年会ってない

など、疎遠になってしまったケースも多いことでしょう。



そこで、年齢による相場金額を含め関係の親密さから『香典』金額を考えてみて下さい。

  • 10代~20代 ⇨ 5千円~1万円

  • 30代     ⇨ 1万円~3万円

  • 40代以上   ⇨ 1万円~3万円



 

親族の香典相場【5】上記以外の親戚の場合



会ったことが無い親戚、皆さんにもいるのではないでしょうか?




例えば、

  • いとこの奥さんの親

  • はとこの子供

確かに親戚ですが、私は会ったことありません。



こういった遠い親戚など、亡くなった場合に葬儀に参列するかもしれません。

赤の他人のようですが、れっきとした親戚です。

果たして、いくら『香典』を包めば良いのでしょうか?



一応、『香典』の相場金額は、

  • 10代~20代 ⇨ 5千円~1万円

  • 30代    ⇨ 5千円~1万円

  • 40代以上  ⇨ 1万円~3万円

が、年齢も含めた相場です。


しかし、あまりに遠い親戚であれば、

  • 5千円~1万円

『香典』を包めば、失礼には値しないことでしょう。



 

親族として香典を包む時の注意点




ここまで、親戚・血縁関係の『香典』金額の相場を解説しました。

しかし、あくまでも相場の金額です。



亡くなった故人との関係の深さや、思いを相場金額に乗せてあげて下さい。




前述したように、当家は故人が亡くなった悲しみをこらえつつ、葬儀に関わっています。

そんな遺族への労いも兼ねて、あなたの個人に対する金額を『香典』として包んであげて下さい。


もちろん、金額の大小で想いが図れる訳ではありません。


ですが、ここまで紹介した『香典』の相場金額に、少し思いを乗せてあげるだけでも、当家の心は落ち着き、悲しみを和らげてあげられるかもしれません。


更に、昔からお葬式では、香典返し』という『香典』に対するお返しがあります。




その『香典返し』の相場は、『香典』の半値戻しが基本となっているため、当家は

  • 2,500円~3,000円

お返し物を用意しています。


そのため、どんなに縁遠く、関係性が薄い故人の葬儀だとしても、

  • 香典 = 最低5,000円

だと覚えておいて下さい。



 

まとめ




今回は、お葬式マナーとして、親族・血縁関係の葬儀での『香典』金額を紹介しました。




故人との関係性や、『香典』を包む人の年齢など、色々と考慮するべき点は多くありますが、

  • 親族、血縁関係 ⇨ 5千円~10万円

『香典』の相場金額だと考えて下さい。



後は、文中で紹介しました、故人との関係性ごとの『香典』相場金額を参考に、少しのお気持ちを踏まえつつ、『香典』を包んであげて下さい。


決して、『香典』の金額が元で、人間関係が疎遠になってしまわないようにご注意を!!



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



 葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





Comments


bottom of page