top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

直葬や火葬式のみの場合、供花・フラワースタンドを贈るべきなのか?


近年、葬儀形式の選択肢が増え、家族に合ったお葬式を選ぶ時代になりました。

人生100年時代に入り、医療費や定年後の生活費が増えた分、お葬式が選べることは遺族にとってありがたいですよね。




そんな時代背景の中、特に檀家(だんか)』以外の遺族から、

  • 直葬

  • 火葬式

が、都心部を中心に増加傾向にあります。




ちなみに、『直葬』『火葬式』は、火葬することを葬儀とし、

  • 通夜

  • 葬儀、告別式

といった式を行いません。




式を行わないとなると、従来の葬儀の時に祭壇の両脇に並べられる、

  • 供花(きょうか/くげ)

の贈り方について悩む方も多いものです。




そこでこの記事では、『直葬』や『火葬式』の場合、供花やフラワースタンドを贈るべきなのか紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

直葬や火葬式のみの場合、供花・フラワースタンドを贈るべきなのか?



まず、ネットなどで調べると、

  • 家族葬

と明記されていて、葬儀費用が17.8万円、19,8万円など10万円台で紹介されていることがあります。

上記の値段で式を行うことは難しく、

  • 火葬式

であることがほとんどです。




『直葬』や『火葬式』の費用相場としては、

  • 直葬  ⇨ 18~28万円

  • 火葬式 ⇨ 25~35万円

が一つの目安となります。


*都心部では火葬場に霊安室があることが多く、地方と内容・費用が大きく異なります。



 

火葬式のみで式を行わない場合、供花は出すべき?



  • 通夜

  • 葬儀、告別式

のように、式を行う場合、祭壇の両脇に『供花』として、フラワースタンドを並べます。

親戚はもちろん、故人と近しい方達は『供花』を贈るかと思います。




では、『直葬』『火葬式』といった、式を行わない葬儀の場合、『供花』を贈るべきなのでしょうか?




まず『供花』とは、生花としてのお供え物です。

お供え物は、故人の霊を慰めたり、故人への感謝を示すといった意味があるため、できることなら贈りたい所です。




しかし、一般的な式で並べられる『供花』はフラワースタンドが多く、式場を借りていない場合、置き場所がないのが正直な所です。

そのため、『直葬』『火葬式』ではフラワースタンドを飾る場所がなく、

  • 贈りたくても贈れない

というのが一つの答えでしょう。



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

直葬・火葬式の場合、枕花やフラワーアレンジメントを贈る



結果、『直葬』『火葬式』では、

  • フラワースタンドを贈らない

となる訳ですが、故人との今までの付き合いから、何とか『供花』を贈りたいと考える方もいるかと思います。




確かに『供花』は、『香典』と同じように、義理事・お互い様の側面があります。

そのため、以前『供花』を贈ってもらったのであれば、相手方に不幸があった場合、お返しとして『供花』を贈るべきです。




と、そこで選択肢として挙がるのが、

  • 枕花

  • フラワーアレンジメント

といった、葬儀前・葬儀後に『供花』を贈ることが考えられます。




  • 葬儀前 ⇨ 枕花

  • 葬儀後 ⇨ フラワーアレンジメント

上記のように贈りますが、一つ注意点があります。




それは、葬儀前の『安置』場所、葬儀後の自宅などに、『供花』を置くスペースがあるかです。

また、スペースがあったとしても、特に葬儀後、家に人の出入りがほとんどない状況も考えられます。




そういった場合、せっかく『枕花』やフラワーアレンジメントを贈ったとしても、遺族に迷惑を掛けてしまいます。

必ず、遺族や担当している葬儀社に確認をし、その後贈るかの判断をして下さい。



 

供花を贈らず花代として遺族に渡す選択肢も



最後に、もう一つの選択肢を紹介します。

  • 御花代

としてお金を包み、遺族に贈る方法です。




式を行うケースでも、『供花』としてフラワースタンドを贈らず、『香典』とは別に『花代』を贈ることはあります。

個人的な意見を言わせてもらえば、祭壇にある程度フラワースタンドが並べば、『花代』としてお金を贈ってあげた方が、遺族にとって助かると考えています。




また、『花代』で包む金額相場としては、

  • 5千円~1万

が一般的で、『供花』のフラワースタンド金額相場、

  • 1万5千円~2万

と比べ、金額も安くなります。




地域差もありますが、『供花』のフラワースタンドは式が終わると、

  • 切って棺に入れる

  • 花束にして会葬者に渡す

ことになります。

その際、余った花は結果的に処分することになってしまいます。




つまり、沢山のフラワースタンドを贈られても、遺族にとって後から残る物はないのです。




と考えると、一定数フラワースタンドを並べた後は、『花代』として現金を包む方が、遺族にとっても、参列者にとっても良いのではと考えてます。


*『供花』があまりに少ないと、一般葬では寂しく感じるため、一定数の供花は並べたい所です。



 

まとめ



今回は、『直葬』や『火葬式』の場合、供花やフラワースタンドを贈るべきなのか紹介してました。




通夜や葬儀、告別式といった、従来通り式を行う場合、親戚や故人と親しかった方は、供花』としてフラワースタンドを贈ります。

しかし、近年増加傾向の、

  • 直葬

  • 火葬式

といった、式を行わず火葬することを葬儀とする場合、式場がないためフラワースタンドを飾る場所がありません。




そのため、『直葬』『火葬式』では、

  • 供花を贈りたいけど贈れない

が状況から考えた結論です。




ですが、故人との関係上、どうしても『供花』を贈りたい方もいるでしょう。

その場合は、

  • 葬儀前 ⇨ 枕花

  • 葬儀後 ⇨ フラワーアレンジメント

  • 御花代 ⇨ 現金

を贈ることを検討してみてはいかがでしょうか。



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





Commentaires


bottom of page