• 橙縁社公式

戒名の読み方・文字数について|戒名の位・ランクを知るために戒名の基本を徹底解説


日本独自の文化でもある『戒名(かいみょう)』。




しかし、一言で『戒名』という言葉だけ一人歩きしていますが、

  • 戒名は名前の一部

であることはご存じでしょうか?




そこでこの記事では、戒名の読み方や文字数、位など、『戒名』の基本を簡単に分かりやすく紹介していきます。




戒名の読み方・文字数について|戒名の位・ランクを知るために戒名の基本を徹底解説



一般的に『戒名』は、人が亡くなり、葬儀の際に授かる名前と知られています。




しかし、本来は生前に授かる名前であり、江戸時代ごろから現在の風潮になったと言われています。


戒名とは何?戒名は絶対に必要なのか?よくある戒名の質問を簡単に分かりやすく徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



戒名の構成・付け方



まず『戒名』は、名前の一部です。

そして、『戒名』は基本的に2文字で表現されます。




では、上記の意味を知るためにも、『戒名』の構成から解説します。




戒名の一般的な構成は4つに分かれている



一般的な『戒名』の構成は、4つに分けることができます。


  • 院号+道号+戒名+位号




  1. 院号、院殿号

  2. 道号

  3. 戒名

  4. 位号


葬儀・葬式の流れを簡単解説|これさえ見れば焦らない、臨終から葬儀・火葬など葬儀の流れを徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



1.院号、院殿号とは



まず『戒名』の頭部分に付くのが、

  • 院号(いんごう)

  • 院殿号(いんでんごう)

になります。




ですが、『院号』や『院殿号』は基本的に付きません。




その理由としては、寺院や社会に対して多大な貢献をした人に送られる号だからです。




本来は、皇族などが寺院を建てるなど、お寺に貢献をした場合に、その行為を称え『院号』が送られました。

その後、足利尊氏が『院殿号』を使用して以降、武士なども『院殿号』を付けるようになったと言われています。




昔は、武士よりも皇族が格上という事から、

  • 院号>院殿号

として、『院号』の方が格上とされていました。




しかし現在では、字数や見栄えなどの理由から、『院殿号』が格上とされています。




上記の解説から分かるように、一般的な葬儀の場において、

  • 院号、院殿号

を目にする機会は、ほとんど無いと言える訳です。




2.道号とは



道号(どうごう)』は、『戒名』のすぐ上に付けられるものです。




『道号』は、元々僧侶に使われる尊称だったと言われています。

そのため、修行の経歴を表している号となります。




宗教者ではない一般の人にとって、生をまっとうすることが修行と捉えられ、

  • 性格

  • 特技

  • 趣味

  • 家名

など、故人を表したり、称えたりする文字を選ぶのが習わしとなっています。




また、生前の俗名ではない別名(芸名、ペンメームなど)が付けられる場合もあります。

『道号』は、『戒名』の上に付く別名と考えれば、分かりやすいでしょう。




3.戒名とは



『道号』の下にある2文字が、本来『戒名』と呼ばれます。

『戒名』は、故人の俗名にちなむ文字や、経典から相応しい文字を取って付けられます。


葬儀の流れ|葬儀の選択肢は6つ!!葬儀の内容を決める際の選び方を誰でもわかるように簡単解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



4.位号とは



位号』は、『戒名』の一番下に付ける尊称です。

文字通り、位を表す号となります。




また『位号』は、

  • 性別

  • 年齢

  • 社会貢献度

  • 信仰の篤さ

などにより、付けられる『位号』が変わります。




『位号』の男女の違いを例に挙げると、以下のような違いがあります。

男性 ⇨ 信士(しんじ)

   ⇨ 居士(こじ)

女性 ⇨ 信女(しんにょ)

   ⇨ 大姉(だいし)  




戒名の文字数は何文字なのか?



ここまで、『戒名』の構成を解説し、

  • 道号+戒名+位号

が、一般的な『戒名』だと理解して頂けたと思います。




最後に、『戒名』の文字数に対して、内容を紹介します。




一般的な戒名は6文字



宗派によって違いはありますが、

  • 6文字

で、一般的な『戒名』は表されます。




  • 道号 ⇨ 2文字

  • 戒名 ⇨ 2文字

  • 位号 ⇨ 2文字

上記が一般的な『戒名』の文字数です。




宗派や『院号』などにより、9文字・11文字の『戒名』もありますが、

  • 6文字が一般的

だと覚えて下さい。




まとめ



今回は、戒名の読み方や文字数、位など、『戒名』の基本を簡単に分かりやすく紹介しました。




『戒名』は、必ず授からなくてはいけないものではありません

ですが、日本の葬儀の90%近くが仏式(仏教形式)なため、『戒名』に対する疑問や不安が多いことも間違いありません。




また、先祖のお墓や位牌を見た際に、『戒名』の意味や内容をしっかりと理解している方は、割と少ないものです。




『戒名』の有り無しを考える際に、御布施などお金のことに注目されがちですが、意味や内容にも目を向けて、しっかりと考えていきたいものです。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ

葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は、

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。 一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。


あんしん葬儀・お葬式|茨城県水戸市|橙縁社(とうえんしゃ) (touensha.com)

〒310-0805 茨城県水戸市中央1-3-9 

Copyright © 2018 TOUENSHA All Rights Reserved.