• 橙縁社公式

小さなお葬式てらくる評判|お坊さん派遣の質や内容を葬儀社の目線から考える


  • 『葬儀の時だけお経を読んでもらいたい』

  • 『普段は、お寺と付き合いをしたくない』

このように考えている方が、近年増えています。




そして、お寺や住職に対する質問は、現場で働く葬儀社として、当家から最も多く聞かれる内容の一つです。




  • 檀家にはなりたくないが葬儀のお経はお願いしたい

そんな現代のニーズに合わせて、近年普及しているお坊さんの派遣サービス。




その派遣サービスの中でも、葬儀仲介サイト最大手の『小さなお葬式』が運営している、

  • てらくる

は、注目度の高い寺院派遣サービスです。




しかし、派遣のお坊さんと聞いて、不安になる方も多いことでしょう。




そこでこの記事では、『小さなお葬式』が運営する寺院派遣サービス『てらくる』の内容や、葬儀社が現場で感じる派遣のお坊さんについてなどを紹介していきます。




『小さなお葬式』のプランも含めて内容を知りたい方は、下記より無料での資料請求を!!


全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】


臨終~火葬、葬儀後までの流れ|これさえ読めば焦らない、葬儀の流れを簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

小さなお葬式てらくる評判|お坊さん派遣の質や内容を葬儀社の目線から考える



近年、お寺と普段付き合いがない人が増えました。

ですが、お葬式を行う際には、住職にお経を読んで頂きたいものです。




そこで問題になるのが、

  • どこのお寺に頼めばいいのか分からない

という点であり、正直探し方すら分からないのが本音でしょう。




そして誕生したのが、お坊さん派遣サービスです。


マンション坊主とは|住職派遣サービスの収入で増えるマンション坊主の実態について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi108


 

てらくる|小さなお葬式が運営する住職派遣サービス



てらくる』とは、お寺との付き合いがない人に向けた寺院派遣サービスです。

そして、葬儀社仲介サイトの最大手『小さなお葬式』が運営をしています。




また、『小さなお葬式』と同じように、

  • 定額、追加料金なし

を基本としたサービスになっています。




『小さなお葬式』のプランも含めて内容を知りたい方は、下記より無料での資料請求を!!


全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】


小さなお葬式、よりそうお葬式、イオンなど葬儀社紹介サイトの実際の内容とメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi25


 

お寺にお渡しするお布施について



お葬式で掛かる費用には、葬儀自体の費用の他に、

  • 住職にお経を読んで頂く『お布施

があります。




ですが、この『お布施』は、明確な金額が決まっていません。




一般的には、葬儀の際に『戒名を授かり、

  • 戒名代

  • 読経代

の両方を合わせた金額を、お布施として包むのですが、ここで一つ問題が出てきます。




  • 『お布施はお気持ちで』

と住職に言われることが多く、いくら包めばいいのか正直悩むのです。


戒名とは何か?戒名は必要か、いらないのか等、戒名の疑問・質問を簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi22


 

御布施の金額は一般的にいくら?



金額が決まっていない『お布施』ですが、一応目安となる金額はあります。

そこで、あくまで目安となる『お布施』の金額を解説します。




【お経を読んで頂くお布施の目安】

  • 火葬経   ⇨ 5万円

  • 葬儀読経  ⇨ 20万円

  • 通夜、葬儀 ⇨ 20万円以上

ここで例に挙げた『お布施』は、『俗名(ぞくみょう)』でお経を読んで頂いた時の目安です。

ちなみに『俗名』とは、生前の本人の名前を言います。




上記の『俗名』とは違い、『戒名』を頂いた場合は、

  • 戒名代

  • 読経代

を合わせて『お布施』となります。




『戒名』がついての『お布施』の場合、

  • 戒名代のみ

  • 戒名代+読経代

などのように、お寺の考え方次第で内容が異なりますが、『戒名代読経代』の場合は、

  • 火葬式  ⇨ 戒名代+5万円

  • 葬儀のみ ⇨ 戒名代+10万円

  • 通夜、葬儀⇨ 戒名代+10万円以上

ぐらいの『お布施』が相場と言えるでしょう。




しかし、地域やお寺の考え方、今までの寺院との関係などによって、大きく『お布施』の金額は変動するため、あくまでも目安であり、明確な金額を出すことはできません。


戒名の読み方と文字数|戒名ランクや位を知るために戒名の基本を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi23


 

てらくるのお布施の金額は定額制



『てらくる』の場合、宗旨・宗派不問の上で、

  • お布施

  • 戒名代

  • お車代

  • お食事代

など、寺院に『お布施』として支払う金額が、定額制となっています。




  • 火葬式

  • 一日葬

  • 通夜・葬儀の2日間のお葬式

など、多種多様な内容に応じて、『お布施』の金額が決まっているため、非常に分かりやすいのです。




また、『戒名』の金額もランクによって決まっています。

『お布施』自体の金額も低額で、金額も定額で分かりやすいため、普段お寺と付き合いが無い方にとって、非常に頼みやすい内容と言えるでしょう。




『小さなお葬式』のプランも含めて内容を知りたい方は、下記より無料での資料請求を!!


全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】


戒名のランクと値段相場【宗派別】|戒名の位と戒名料といえる御布施の金額について、全国平均と合わせ徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi24


 

てらくる定額制の御布施の金額と内容



では、定額となっている『お布施』の金額と、内容を解説します。

  • 直葬、火葬式

  • 一日葬

  • 通夜、葬儀


通夜・葬儀の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

てらくる定額制お布施の金額と内容|直葬、火葬式の場合



  • 4万円

『直葬』や『火葬式』の場合、火葬炉の前での読経のみとなります。




当日、火葬の予約時間に合わせて、火葬場へと直接お坊さんに来てもらいます。

その後、火葬炉の前で火葬経をあげて頂き、『お布施』を渡してお坊さんはお帰りになります。


火葬式と直葬の違いは?火葬のみの葬儀の内容や流れ、費用の違いなど2つの葬儀の違いについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi74


 

てらくる定額制お布施の金額と内容|一日葬の場合



  • 7万円

『一日葬』は通夜を行わず、葬儀・告別式を1日で行うお葬式です。




『お布施』の内容としては、

  • 葬儀読経

  • 初七日法要

  • 火葬経

を含んでいます。


一日葬とは|通夜を行わない一日葬の流れ、葬儀費用の平均など近年支流の葬儀形式一日葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi78


 

てらくる定額制お布施の金額と内容|通夜、葬儀の場合



  • 16万円

通夜、葬儀・告別式を2日間を掛けて行うお葬式です。




一日葬の内容に、

  • 通夜のお経

を含めた内容で、2日間の金額となっています。


通夜とは?通夜の意味や葬儀・告別式との違い、流れや時間帯など通夜の内容について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi68


 

てらくるの派遣で来るお坊さんはちゃんとしているの?



派遣で来るお坊さんに、不安感を感じる人も多いと思います。




ですが、全てのお坊さんは僧侶の資格を持ち、寺院の身元確認も行われています。

決して、自称宗教者などの悪質な方は、派遣されることはありません。


一日葬の内容とメリット・デメリット|近年支流のお葬式一日葬を行うにあたっての注意点
https://www.touensha.com/post/sougi140-ichinichisou


 

葬儀社の目線から考えるお坊さん派遣サービス



それでは最後に、葬儀の現場で働く人間から見た、お坊さん派遣サービスの感想を紹介しましょう。




まず、派遣のお坊さんだからと言って、

  • 対応が悪い

  • お経が下手

ということは、ほとんど現場では感じません。




もちろん、稀に例外はあります。

しかし、菩提寺の住職であれば絶対に外れがないとも言えません。

そう考えると、派遣で紹介された住職でも、一度限りのお付き合いと考えれば問題はないでしょう。




また、『お布施』の金額が明確で、普段お寺の付き合いがない方が、形式上の葬儀を行うためだけに、お坊さんに読経を頼むのであれば、内容も含めて十分ではないでしょうか。




しかし、葬儀社の立場から言えば、葬儀を滞りなく準備し、進行していくためには、どんな住職が来るのか当日まで分からず、正直不安感はあります




確かに『お布施』の金額は安いのですが、

  • あと5万円~10万円

『お布施』をプラスすることが可能であれば、面識もあって信頼できる住職を紹介することもできるため、もどかしさを感じる場合もあります。




結論から言えば、お寺選びに悩んだ時は、

  • お布施の金額を重視 ⇨ 派遣のお坊さん

  • 内容や付き合い重視 ⇨ 葬儀社などから紹介

と考えて頂き、自分に合った方を選択するのが良いのではないでしょうか。




『小さなお葬式』のプランも含めて内容を知りたい方は、下記より無料での資料請求を!!


全国対応、低価格のシンプルな葬儀【小さなお葬式】


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12


 

まとめ



今回は、『小さなお葬式』が運営する寺院派遣サービス『てらくる』の内容や、葬儀社が現場で感じる派遣のお坊さんについてなどを紹介しました。




近年、お寺との付き合いは、年々希薄になっています。

そのため、お葬式を行う際に、お経を読んでもらいたくても、どこに頼んでいいのか分からない方が多いことでしょう。




また、『墓守』がおらず、墓じまいを考えている方にとっても、今後付き合いをしない葬儀だけの関係の住職を、探し考えているケースも増えています。




そこで需要が高まってきている、お坊さんの派遣サービス

その中でも、『小さなお葬式』の運営するお坊さん派遣サービス、

  • てらくる

は、注目度も高く、依頼も増えています。




お寺との付き合い、葬儀に対する考え方、葬儀の縮小化など、昔は当たり前であったことも、年々変化しています。

葬儀の世界でも、選択肢が広がったのです。




供養の形は人それぞれですが、故人を思う気持ちは一緒なはずです。

二度とやり直せない葬儀に、後悔の念を抱かないように、しっかり考えた上で判断するようにして下さい。


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ


葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




閲覧数:319回0件のコメント