• 橙縁社公式

水戸市葬儀の特徴|水戸市の斎場・火葬場は1ヶ所だけ。全国的に珍しい骨葬の水戸市斎場の利用内容


東京を中心に、都市部から水戸市の葬儀に参列する時に、よく聞かれる質問があります

  • 『水戸の斎場は何ヶ所ありますか?』




確かに、都市部の地域では、民間の火葬場もあり、一つの地区に複数の斎場や火葬場があります。

しかし、茨城県水戸市は1ヶ所だけです。




そこでこの記事では、水戸市で葬儀、火葬を行う時に利用する『水戸市斎場』について紹介していきます。


水戸市の葬儀費用平均いくら?同じ内容でも金額が大きく葬儀社によって違う理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi11


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

水戸市葬儀の特徴|水戸市の斎場・火葬場は1ヶ所だけ。全国的に珍しい骨葬の水戸市斎場の利用内容



先程も紹介したように、茨城県水戸市の斎場は、水戸市に1ヶ所のみとなります。

そのため、遠方から葬儀に来る方も、迷うことは少ないでしょう。




茨城県水戸市堀町2106-2



上記の住所となりますので、ナビに入力すればそれほど迷わず、水戸市斎場に到着できるはずです。



水戸市で葬儀社を選ぶポイント|3タイプ別の葬儀社の特徴や、メリット・デメリットなど葬儀社の選び方を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi08


 

水戸市斎場の火葬料金はいくら?



水戸市民か、市民ではないかで、『火葬料金』が変わります

  • 水戸市民   ⇨ 5,000円

  • 水戸市民以外 ⇨ 40,000円




そして『水戸市斎場』は、公営の斎場です。




民間火葬場が多い東京都23区の『火葬料金』相場が、

  • 40,000円~75,000円

であることを考えれば、かなり良心的な『火葬料金』だと言えます。


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05


 

水戸市斎場の葬儀と火葬予約の方法



『水戸市斎場』の予約は、葬儀社以外の一般の人でも、電話で予約が可能です。

電話029-251-2559



予約受付時間は、

  • 午前8時30分~午後5時15分

となっており、友引の日と、1月1日・2日を除きます。




そして、水戸市のホームページから、斎場予約システムを利用して、予約の空き状況が24時間確認できます。

*なお、葬祭業者は24時間予約が可能です。

https://www.city.mito.lg.jp/001133/001240/p016508.html



葬儀・通夜の時間の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

水戸市斎場の火葬予約を取ったら市民課に死亡届を提出



『水戸市斎場』の予約を取ったら、

  • 市民課

  • 出張所

に、死亡届使用料(火葬料金)を提出します。




そして、書類が受理されると、火葬許可証』が交付されます。


水戸市の葬儀事前相談なら橙縁社|内容やメリット、損や失敗しないためにも事前相談を行うべき理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi52


 

水戸市の葬儀社は無料で手続き代行をしてくれる



ちなみに、死亡届の提出及び、火葬許可証の受け取りは、葬儀社のスタッフが代行して行ってくれます。




地域によっては、手続き代行料金が掛かりますが、水戸市の葬儀社の場合、料金プランに含まれていることがほとんどで、実質無料で代行してくれます。


JA葬祭(農協)の葬儀費用やプラン|費用が安いイメージが強いJA葬祭の葬儀費用は実際どうなのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi36


 

水戸市斎場の式場使用料と待合室使用料



先程説明した『火葬料金』とは別に、

  • 式場使用料

  • 待合室使用料

が、式場・施設を利用する場合発生します。




もちろん、式を行わず式場を使わない場合や、待合室を使わない場合は料金は発生しません




なお表の通り、『火葬料金』と同じく、水戸市か、水戸市民以外かで料金が異なります。


小さなお葬式、よりそうお葬式、イオンなど葬儀社紹介サイトの実際の内容とメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi25


 

水戸市斎場で通夜、葬儀を行う場合は必ず骨葬



『水戸市斎場』の決まりとして、

  • 通夜

  • 葬儀、告別式

を、斎場の式場で行う場合、必ず骨葬』となります。




『骨葬』は全国的に珍しい葬儀形式で、

  • 火葬してから葬儀

を行います。




一般的な葬儀は、姿がある状態で葬儀を行い、その後火葬を行います。

しかし『骨葬』の場合は逆で、まず火葬を行い、遺骨になってから葬儀を行うのです。




そのため、参列者の中には、

  • 最後に一目見たい

と思い、対面を考えている方がいますが、『骨葬』の場合はかないません




『水戸市斎場』で葬儀を行い、茨城県以外の会葬者がいる場合は、『骨葬』であることを事前に伝えておきましょう。


水戸市の葬儀の特徴|骨葬という全国でも珍しいお葬式が一般的で、火葬した後に葬儀を行うって知っていましたか?
https://www.touensha.com/post/sougi09


 

まとめ



今回は、水戸市で葬儀、火葬を行う時に利用する『水戸市斎場』について紹介しました。




都道府県や地域ごとに、葬儀や火葬のルールは異なります。

そのため基本的には、地域の葬儀社に任せるのが一般的です。




更に、『火葬料金』は地域ごとに決まっており、葬儀社の売上ではなく、立替費用として見積書に計上されるため、細かく金額を確認する必要性もないでしょう。




また、地域によって、利用可能な斎場、火葬場は異なります。

希望の地域で行うこともできますが、市外料金のように費用負担が大きくなる地域が多くなります。




斎場、火葬場が一つしかない地域、複数ある地域など、施設数も異なりますので、事前に確認しておきましょう。

ちなみに、茨城県水戸市の場合は1ヶ所しかありませんので、葬儀に参列する方はご心配なく。


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ

葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。




  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。 いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。 一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


閲覧数:30回0件のコメント