• 橙縁社公式

水戸市も家族葬が葬儀の支流に|遺族・親族の満足度が高い家族葬は今後の葬儀スタンダードになるのか徹底解説


2000年から、新たなお葬式として始まった『家族葬

東京を始めとした首都圏では、最早スタンダードなお葬式となりました。




その流れは、首都圏だけに留まらず、全国各地に派生しています。




それは、茨城県の県庁所在地でもある『水戸市』でも、顕著になって表れています。




そこでこの記事では、水戸市の現在の家族葬の状況から、今後の水戸市のお葬式事情を考えてみたいと思います。


家族葬とは?実際の葬儀費用や、どこまでの葬儀を家族葬としているのか等、家族葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi01



水戸市も家族葬が葬儀の支流に|遺族・親族の満足度が高い家族葬は今後の葬儀スタンダードになるのか徹底解説




実は未だに、『家族葬』に明確な定義はありません




そこでここでは、

  • 葬儀参列者30名以下

  • 親族と近親者のみ

という条件を『家族葬』として、話を進めていきます。


お葬式の流れが家族葬になった理由|葬儀のスタンダードが家族葬に変化したのは何故なのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi03



現在の水戸市の家族葬の割合は?




水戸市全体での葬儀データを持っている訳ではありませんので、

  • 斎場の状況

  • 自社の施工割合 

  • 他社からの情報

などを元に、推測の数字で紹介します。




また、ここでの家族葬の定義に当てはまるため、

  • 火葬式

  • 直葬

も、今回は『家族葬』としてカウントしています。


火葬式と直葬の違いは?火葬のみの葬儀の内容や流れ、費用の違いなど2つの葬儀の違いについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi74



水戸市の葬儀の70%は家族葬




昨年、今年の2年間で見ると、水戸市での『家族葬』は70%を超える勢いです。




その理由の大きな要因は、新型コロナウイルスの影響です。

首都圏や遠方の人を、葬儀に呼ぶことができない状況のため、近親者のみでの葬儀がほとんどとなりました。




では実際『家族葬』を行った喪主や親族、葬儀に参列した方の感想はどうだったのでしょう?




  • 『家族葬が良いね』

  • 『しっかり送り出せた』

これが正直な感想ではないでしょうか?




つまり、新型コロナウイルスの影響で、水戸市の葬儀の70%以上が『家族葬』となったのですが、『家族葬』の良さを理解する良い機会だったとも言えるのです。


葬儀費用の平均を安くできる家族葬|実際どのくらいの割合で行われているのか徹底解説 | 橙縁社
https://www.touensha.com/post/sougi04



コロナ禍の影響で葬儀業界にも転換期が




現在では、昔のような町内の付き合いはもちろん、近隣住民との付き合いも無くなりました。




そして、平均寿命が格段に延び、喪主の立場でも70代のケースが非常に増えています。




つまり、会社勤めをしていた現役世代の頃から、20~30年も月日が流れているのです。

結果、人付き合いがほとんどない状態で、生涯を終えるケースが非常に増えました。




新型コロナウイルスの影響は、確かに大きなものでしょう。

しかし、コロナをきっかけに、新しい常識が生まれようとしています。




それが、葬儀業界で考えれば、『家族葬』への移行であり、完全な転換期を迎えることになったのです。


家族葬の内容と流れ、メリットとデメリットは?葬儀費用が安いと増えている家族葬のメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi02



水戸市で家族葬が高額化しているので注意を




このように時代にマッチし、今後とも支流となる『家族葬』ですが、それに続いて『家族葬』でのトラブルも、よく聞くようになりました。




一般葬と家族葬は、金額が変わらない

なんて、葬儀社から言われ、200万円以上の請求をされたと最近よく聞きます。




確かに、一般葬と家族葬で、儀式に使う道具や設備は、ほとんど変わりません。

しかし、葬儀に掛かる金額まで、全く同じな訳はないのです。




皆さん、『家族葬』は安いというイメージは危険です。




その危険を回避するためにも、複数の葬儀社で『事前相談』を行ってください。

きっと、あなたのイメージにあった『家族葬』ができるはずです。


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05



コロナ渦における葬儀の変化



最後に、2021年現在での葬儀の話をしましょう。




先程解説したように、

  • 直葬

  • 火葬式

を含めた『家族葬』の割合は、約70%になっています。




しかし、そんなコロナ渦で参列者を呼びづらい状況でも、昔ながらの

  • 一日葬

  • 一般葬

は、もちろん行われています。




ですが、その葬儀自体の内容が変化し、今後スタンダードとなる可能性が高い葬儀形式で行われています。


家族葬で通夜を行わないケースが急増している理由|家族葬の通夜の流れや内容と合わせて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi69



一般会葬者は受付のみで式に参列しない



その新しい葬儀形式とは、

  • 一般会葬者は受付のみ

  • 葬儀会場の中は家族葬

という形式の『一日葬』や『一般葬』です。




この通称コロナ式とも言える葬儀形式で一般会葬者は、

  1. 受付をする

  2. 御霊前に焼香

  3. 遺族に挨拶

  4. 返礼品を受け取る

  5. 散会

という流れで、式には参加せずに帰ります




つまり、葬儀の式自体は、

  • 遺族

  • 親族

  • 近親者

のみの、よく知られている『家族葬』で行う訳です。




この内容の葬儀であれば、『家族葬』のデメリットである、

  • 葬儀後に弔問客の対応に追われる

という点をクリアし、葬儀の際に挨拶を行うことができます。




また、一般会葬者は式に参加しない為、すぐに散会することができ、

  • 仕事関係

  • 義理事

などで葬儀に参列する人にとっては、非常に参列しやすい内容になっています。




そのため、この『コロナ式』と言える葬儀形式は、今後の葬儀のスタンダードになっていくのではないでしょうか。


納棺の儀式とは?家族で行う納棺式の重要性や納棺時の服装、火葬式が増えているからこそ納棺式が大切な理由
https://www.touensha.com/post/sougi64



まとめ




今回は、水戸市の現在の家族葬の状況から、今後の水戸市のお葬式事情を考えてみたいと思います。




最早、水戸市でも70%以上が『家族葬』となりました。

コロナの影響もありましたが、この流れは変わらず、『家族葬』は更に増加していくはずです。




しかし、『家族葬』は未だに明確な基準がある訳ではありません

自由度が高い分、決まりも作りづらいのでしょう。




  • 葬儀費用

  • 儀式のイメージ

が、『家族葬』はズレやすいのです。




どうか、事前相談などを活用し、その隙間を埋めて、故人を安らかに送り出してあげましょう。


葬儀社の選び方|事前相談で聞くべき5つの質問。葬儀社選びや葬儀の内容が分かる事前相談の質問内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi16



葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。


水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に
https://www.touensha.com/