• 橙縁社公式

家族葬で通夜を行わないケースが急増している理由|家族葬の通夜の流れや内容と合わせて徹底解説


家族葬』は、遺族や親族、故人と生前親しかった友人など、少人数の参列者で行う葬儀です。




また『家族葬』とはいえ、本来のお葬式の形式である

  • 1日目 ⇨ 通夜

  • 2日目 ⇨ 葬儀、告別式

を行うのが一般的です。




しかし最近では、『通夜』を行わない『家族葬』が急増しています。

もちろん、都心部と地方、地域差は非常に大きいのですが。




では、『家族葬』で『通夜』を行わないことは、果たしてどうなのでしょうか?




そこでこの記事では、『家族葬』で『通夜』を行わない場合や、『家族葬』の『通夜』の流れや内容などについて紹介していきます。


家族葬のメリットとデメリットとは?増加傾向にある家族葬のメリット・デメリットを徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi02




家族葬で通夜を行わないケースが急増している理由|家族葬の通夜の流れや内容と合わせて徹底解説



本来の『通夜』は、遺族や親族など限られた身内の人間で、夜通し故人を見守り、生前と同じように時間を過ごす大切な儀式でした。

そのため、故人と関係性の深くない方は、『通夜』には参列せず、葬儀・告別式に参列するものでした。




しかし、時代の変化に伴い、仕事などの都合で夕方に始まる『通夜』の方が参列しやすく、一般会葬者も『通夜』に参列するようになりました。




そして、『通夜』にも沢山の方が参列するようになったのです。




では、近親者のみで行う『家族葬』の場合、『通夜』はどのように行われるのでしょうか?


通夜とは?通夜の意味や葬儀・告別式との違い、流れや時間帯など通夜の内容について徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi68




家族葬での通夜の内容は?



実は、沢山の一般会葬者が弔問に来る『一般葬』も、近親者のみで行う『家族葬』も、式自体に違いはありません。

そのため、『通夜』の内容にも違いはないのです。




ですが、『家族葬』は葬儀に家族の考えが反映させやすく

  • 食事

  • 音楽

  • 会場の雰囲気

など、故人の生前の好みに沿った式が行えます。




『一般葬』のように、社会的な常識や葬儀の当たり前に縛られることなく、故人中心の式を行えることが、一番のメリットだと言えるでしょう。


葬儀とは?なぜ葬儀を行うのか?葬儀の意味を理解してお葬式を考え直すための知識を徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi62




通夜を行わない一日葬



近年、『通夜』を行わず、お葬式を一日で行う一日葬』が増えています。




これには様々な理由が考えられますが、主に4つの理由が考えられます。

  1. 自宅の安置が減った

  2. 精神的、体力的な負担を軽減

  3. 参列者の都合の融通が利きやすい

  4. 葬儀費用を押さえたい




1.自宅の安置が減った



昔は、自宅で亡くなったり、亡くなった後に自宅へ帰り、安置をしました。




しかし近年では、ほとんどの方が病院で息を引き取ります。

そして、住宅事情や近所付き合いの変化から、自宅では安置せず葬儀社の霊安室などに安置するケースが増えました。




本来の『通夜』は、自宅で遺族・親族が故人を見守る儀式でした。

そして、『寝ずの番』を行い、線香やロウソクの火を絶やさず、生前と同じように時間を過ごすのです。




ですが、自宅には安置せず、防火上の理由から『寝ずの番』も行わないケースが増えました。




つまり、本来の『通夜』を行う習慣が、年々薄れているのです。

そのため、『通夜』を行わず、一日でお葬式を行う『一日葬』が増えたと考えられます。


安置とは?安置の意味や内容、安置所・安置室など施設利用のメリット・デメリットまで徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi19




2.精神的、体力的な負担を軽減



日本は現在、超高齢化社会となっています。

そのため、葬儀参列者も高齢者が非常に多くなっているのが現状です。




お葬式では、

  • 斎場までの移動

  • 長時間の参列

など、参列者に体力的な負担を掛けることになります。




その点『一日葬』は、『通夜』がなく、葬儀・告別式のみを行うため、精神的・体力的な負担を抑えられると考えられているのです。

  • 参列者に高齢者が多い

  • 遠方から参列する方が多い

  • 仕事の都合などで休みが取りずらい

というケースでは、特に『一日葬』を選ばれています。




3.参列者の都合の融通が利きやすい



  • 通夜

  • 葬儀、告別式

と、2日間かけてのお葬式ですと、遠方から参列する方は、滞在期間が長くなります




また、『通夜』『葬儀・告別式』の両方に参列できない方も、多いものです。




しかし『一日葬』の場合、1日でお葬式が行われるため、参列者が都合をつけやすいのです。

遠方の方であっても、日帰りで参列も可能です。




4.葬儀費用を抑えたい



『通夜』を行わないことで、葬儀費用を抑えることができます。

  • 式場使用料や運営管理費

  • 通夜振る舞いの料理代

  • 通夜返し

  • 通夜の人件費

  • 参列者の宿泊費

  • 御布施(御車代、御膳料)




あくまでも参考例ですが、上記の費用を考えた時、仮に参列者が50人だと想定すると、

  • 10~30万円

ほどは、葬儀費用が抑えられるでしょう。


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書でチェックするポイントを徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi12




通夜を行わない一日葬の家族葬が増えている



近親者のみで行う『家族葬』。

先程説明した理由で増えている『一日葬』。




これらの理由から考えても、『家族葬』で『通夜』を行わない流れは必然でしょう。




もちろん、『通夜』も宗教儀式であることから、大切にした習慣ではあります。

ですが、葬儀形式は時代とともに、常に変化を繰り返してきました。




また、医療の発達に伴い、平均寿命も延びています。

その分、『長生きリスク』と言われるように、老後の生活は子供世帯にも、

  • 生活費

  • 医療費

  • 介護費用

など、大きな負担を強いられます。




昔ながらの豪華なお葬式は、最早時代錯誤なのかもしれません。

生きている内に掛かる費用が増したこともあり、葬儀費用を抑えることは必然だと言えるのです。


家族葬の費用、実は高いって知ってます?葬儀費用は額面だけで判断してはいけない理由を徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi05




まとめ



今回は、『家族葬』で『通夜』を行わない場合や、『家族葬』の『通夜』の流れや内容などについて紹介しました。




社会情勢、時代背景を元に、近年『家族葬』が急増しています。

また、『通夜』を行わない『一日葬』も増えています。




葬儀を行う上で、家族が何を大切にし、重要視しているかで葬儀形式は大きく変わります。

  • 故人を偲ぶこと

  • 参列者への考慮

  • 葬儀費用

などを踏まえ、よく考えた上で、あなたの家族に合ったお葬式を行うようにしましょう。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に

https://www.touensha.com/