• 橙縁社公式

お盆とはいつから?|新盆・7月盆、意味や準備する物など、地域ごとのお盆の内容について徹底解説


夏の仏教行事である『お盆』。

お盆休みや夏休みなどを利用して、実家に帰省し、お墓参りに行く方が多く、『お盆』が8月15日前後であることは、ほとんどの方がご存じでしょう。




しかしお盆の意味や、本来何をすべき日なのかは意外と知られていません。




そこでこの記事では、お盆の意味や準備する物、いつからいつまでが『お盆』期間なのかなど、7月盆の内容も含めて『お盆』について紹介していきます。


お彼岸とはいつ?|お彼岸にすることや意味、お供えや食べ物など、お彼岸の内容を分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi88


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

お盆とはいつから?|新盆・7月盆、意味や準備する物など、地域ごとのお盆の内容について徹底解説



お盆』は、日本で夏季に行われる仏教行事です。

日本古来の祖霊信仰と、仏教が融合し、今日まで続く伝統行事と言えます。




『お盆』の時期には、先祖が浄土から地上へと帰ってくると言われています。

そのため、家に迎えて一時を過ごし、先祖の霊を供養する期間となっている訳です。




そこから、先祖の霊を供養するため、お墓参りをするようになり、地域ごとに様々な風習の元、『お盆』を過ごすようになりました。


葬儀とは?なぜ葬儀を行うのか?葬儀の意味を理解してお葬式を考え直すための知識を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi62


 

お盆の期間はいつからいつまでなのか?



『お盆』がいつからなのかは、地域によって異なりますが、

  • 7月15日前後 ⇨ 旧暦

  • 8月15日前後 ⇨ 新暦

2つの期間がほとんどとなります。




東京などの関東は、7月盆のところが多く、

  • 7月15日

を中心に、その前後で『お盆』が行われます。




全国的には、

  • 8月13日から4日間

の期間を『お盆』とする地域が、最も多いと言えるでしょう。


お墓を建てる場所で費用と維持費、値段は大きく違います|お墓の費用を抑えるための知識、お墓とお金の話
https://www.touensha.com/post/sougi32


 

なぜ7月にお盆が行われるのか?



先程説明したように、全国的には

  • 8月13日から4日間

が、『お盆』の期間です。




しかし、7月15日前後に『お盆』が行われる地域もあります。

なぜ、7月盆の地域があるのでしょうか?




理由として、『お盆』は元々、旧暦(太陰暦)の7月15日を中心とした期間に行われていました。

そして、明治期に新暦(太陽暦)が採用されました。




その時に、

  • 旧暦7月15日  ⇨ 新暦でも7月15日

  • 旧暦を新暦変換 ⇨ 新暦で8月15日

と、地域の考え方によって、7月盆8月盆が生まれたのです。




また、新暦7月15日に『お盆』を合わせると、農作業の繁忙期に重なり、お盆の行事を行うことが難しく、支障が出る地域が多くなってしまいました。

そこで、新暦8月15日を『お盆』とする地域が多くなったのです。


戒名のランクと値段相場【宗派別】|戒名の位と戒名料といえる御布施の金額について、全国平均と合わせ徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi24


 

お盆の正式名称は盂蘭盆会(うらぼんえ)



『お盆』は正式には、『盂蘭盆会(うらぼんえ)』と呼ばれます。




『盂蘭盆会』は、仏教の盂蘭盆経というお経に由来していると言われています。

盂蘭盆とは、サンスクリット語の

  • ウラバンナ(逆さ吊り)

が起源で、お釈迦様の弟子の一人、目連(もくれん)にまつわる言い伝えを表しています。




目連は、ある神通力によって、亡き母が餓鬼道に落ち、逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。

そして、母親を救済する方法をお釈迦様に相談したところ、

『夏の修行が終わった(旧暦)7月15日に僧侶を招き、多くの供物を捧げて供養すれば、母を救うことができるであろう』

と、お釈迦様の教えのままにしたところ、その功徳により母親が極楽往生を遂げられたと言われています。




それ以来、旧暦7月15日には、先祖に報恩感謝を捧げ、供養を行う重要な日となり、現在の『お盆』の風習が始まったとされています。


焼香回数と作法|押しを頂く?宗派ごとに違う?葬儀マナーとして宗派ごとの焼香マナーを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi86


 

新盆(初盆)とは?



『お盆』の大まかな内容が分かった所で、

  • 新盆(にいぼん)

  • 初盆(はつぼん)

はご存じでしょうか?




『新盆』、『初盆』は、読んで字のごとく初めて迎える『お盆』のことです。

故人の49日の忌明け後、先祖を迎える普段の『お盆』以上に、手厚くもてなします。




ちなみに『新盆』は、49日を1日でも過ぎていれば、その年に行われます。

逆に、49日以内に『お盆』が来た場合は、翌年が新盆となります。




『新盆』は、普段の『お盆』よりも盛大に供養を行うため、

  • 法会(ほうえ)を行う

  • 寺で法要を行う

などを行う場合があります。




ちなみに『法会』とは、仏教において仏法を説くためや、供養を行うため、僧侶や檀信徒の集まりのことです。

近年では、友人・知人を読んで、故人を供養する場を設けることを、『法会』と呼ぶこともあります。


法事とは|いつ何をするのか?法要の種類や法要予定の立て方など法事について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi136


 

お盆の風習



『お盆』は、地域や宗派によって、風習が大きく異なります。




  • 13日 ⇨ 迎え火を焚く

  • 16日 ⇨ 送り火を焚く

一般的には、盆の入りである13日に、『迎え火』を焚いてご先祖様をお迎えします。

そして、盆明けの16日に『送り火』であの世にお送りします。




ご先祖様を迎え、あの世にお送りするまでに、

  • お墓参り

  • お供え

などをして、『お盆』の期間を過ごすのです。




また、14日と15日は盆中となり、家族と同じ食事を3度お供えしましょう。

これを『仏膳』といいます。


散骨トラブルや後悔しないために|お墓問題や墓じまいで注目されている散骨で失敗しないために注意すべきこと
https://www.touensha.com/post/sougi75


 

お盆の始まりと終わり、迎え火と送り火のやり方



迎え火』は、家の門前などに掲げらます。

そして『迎え火』は、ご先祖様の魂が迷わず戻れるようにと願いを込め、

  • 盆入り13日の夕刻~夜

にかけて火を焚くのです。




『迎え火』には、オガラと呼ばれる皮をはいだ麻の茎を重ねて燃やし、火を焚きます。

また、地域によっては、ご先祖様の墓前で『迎え火』を行うこともありますので、地域の風習に則って行いましょう。




次に『送り火』は、

  • 盆中15日~16日

にかけて行われることが多く、ご先祖様をあの世に再び送り出すためのものです。




『送り火』も『迎え火』と同じく、、

  • 門前

  • 墓前

などで、オガラで火を焚きます。




『送り火』は、地域の風習が色濃く出ており、

  • 山で火を焚く

  • 海や川に火をともした船を流す

など、様々な方法がとられています。




ちなみに、夏の風物詩としても有名な、

  • 京都五山の送り火

も、ご先祖様を送り出す『送り火』になります。


永代供養のメリット・デメリット|費用相場・内容から見る永大供養墓のメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi34


 

お盆で代表的な盆提灯(ぼんちょうちん)




『お盆』で準備する物の代表的なものに、盆提灯(ぼんちょうちん)』があります。




『盆提灯』は、『送り火』と同じように、ご先祖様が迷わないための目印です。

  • 上から吊るす ⇨ 御所提灯(ごしょちょうちん)

  • 畳や床に置く ⇨ 大内行灯(おおうちあんどん)

  •        ⇨ 回転行灯(かいてんあんどん)

  • 玄関や門前  ⇨ 迎え提灯

など、外に飾るタイプや、部屋に飾るタイプがありますが、意味合いは同じです。




『盆提灯』は、精霊善棚や仏壇の前に飾り、2つ1セットの1対で飾りますが、飾る数に決まりはないため、1つでも2つでも構いません。


臨終~火葬、葬儀後までの流れ|これさえ読めば焦らない、葬儀の流れを簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18


 

お盆の期間で盆提灯を飾る時期



『盆提灯』を飾る時期は、

  • 迎え火

  • 送り火

のタイミングに合わせます。




そのため、『盆入り』の8月13日までに準備するのが一般的です。

ですが、仕事など家庭の事情などにより、近年では8月に入ったら飾り付ける方が増えています。




そして、『盆提灯』の灯は、

  • 13~16日

『お盆』期間の間、明かりを灯します。


葬儀社の選び方|事前相談で聞くべき5つの質問。葬儀社選びや葬儀の内容が分かる事前相談の質問内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi16



 

新盆の場合は白提灯を飾る




『盆提灯』は、絵柄が入り、色鮮やかな提灯が目立ちます。

しかし『新盆』の場合は、絵柄のない白提灯を飾る風習があります。




白提灯は、初めて家に帰ってくる故人の霊が、迷わない為の目印です。

そして白提灯は、『お盆』が終わると、

  • 送り火で燃やす

  • お寺に納める

をして、『新盆』の時にしか使用しないのが一般的です。


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12


 

お盆の飾りとお供え物




『お盆』の入りを迎えたら、仏壇の前に『精霊棚』や『盆棚』を構え、お供えをします。




『お盆飾り』として、最も有名なものが、

  • キュウリの馬

  • ナスの牛

と言えるでしょう。




ご先祖様に、

  • 馬に乗って早く帰ってきて欲しい

  • 牛に乗ってゆっくり帰って欲しい

という願いを込めて、精霊馬(しょうりょううま)精霊牛(しょうりょううし)に見立てて、楊枝や割り箸を足にし、キュウリとナスを飾るのです。


水戸市の葬儀費用平均いくら?同じ内容でも金額が大きく葬儀社によって違う理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi11


 

お盆のお供え物で代表的なものは?



『お盆』のお供え物も、地域の違いや風習があります。

そして、どんな行事や風習があるとはいえ、ご先祖様の供養をすることが目的であるため、そこまでお供え物にこだわる必要はありません。




しかし、何を供えれば良いのか、正直悩むところですよね。

そこで、全国的にも代表的なお供え物を紹介しておきます。




【水の子】


刻んだナスやキュウリと洗った米を、ハスの葉やサトイモの葉に盛り付けたもの。




【お迎え団子】


盆の入りの13日にお供えする団子を『お迎え団子』と言います。

あんこをのせたり、みたらし団子にすることが多いです。

数に特に決まりがありませんが、

  • 6個以上

が多く、地域によって13個、四段に積み上げるため20個など様々です。




【お供え団子】


ご先祖様がこの世に滞在している期間に、お供えする団子を『お供え団子』と言います。

『お供え団子』も、数に決まりはありません。




【送り団子】


『お盆』の最後16日にお供えする団子を、『送り団子』と言います。

ご先祖様を見送る時に供え、お土産として持って帰ってもらう意味があります。

『お迎え団子』と違い、

  • 何も付けず味のない白い団子

を供えるのが一般的です。




上記に紹介した以外に、

  • 初物の夏野菜や果物

  • 素麵

  • 生前の好物

などをお供えすることが多いです。


家族葬とは?実際の葬儀費用や、どこまでの葬儀を家族葬としているのか等、家族葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi01


 

まとめ



今回は、お盆の意味や準備する物、いつからいつまでが『お盆』期間なのかなど、7月盆の内容も含めて『お盆』について紹介しました。




『お盆』は、ご先祖様を迎え入れ、供養をするための日本の伝統行事です。

基本的には、お墓参りに行く日として知られていますが、地域や宗派ごとに様々な風習があります。




『お盆』の意味やするべきことを理解し、より供養と感謝を込めた『お盆』の時期をお過ごし下さい。


お彼岸とお盆は意味が違う|お墓参りに行く日だけではないお盆とお彼岸の違いを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi90


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ


葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




閲覧数:8回0件のコメント