• 橙縁社公式

樹木葬とは?費用が安い樹木葬の内容、デメリットやトラブルの原因まで徹底解説


人が亡くなり、葬儀を執り行った後は、遺骨をお墓に納骨

確かに、一般的な流れです。




しかし、お墓を建てるには、多額の費用が掛かります。




そして、『お墓を建てた』もしくは『持っている』としても、少子高齢化社会である日本にとって、

  • お墓を守る墓守

が、非常に大きな社会問題となっています。




そのようなお墓問題を解消するべく、

  • 樹木葬

を始めとした『自然葬』が、注目を集めています。




しかし、値段の安さで注目された『樹木葬』ですが、その内容は割と知られていません。




そこでこの記事では、近年注目度の高い『樹木葬』の内容や、起こりうるトラブル、メリット・デメリットについて紹介していきます。


海洋散骨とは?海洋散骨の費用や法律的な問題、メリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi28



樹木葬とは?費用が安い樹木葬の内容、デメリットやトラブルの原因まで徹底解説



まず『樹木葬』とは、どんな遺骨の埋葬方法で、供養の仕方なのでしょうか?




『樹木葬』とは、自然葬の一種で、墓地として認可された山林墓地に、お骨を埋葬する方法です。

そして、『散骨』などとは違い、お骨をどこかで撒く訳ではありません




また、『樹木葬』では一般的に、墓石は作りません。

植物や杭、花木などを墓標にしています。


お墓の値段・費用は建てる場所によって変わる?維持費によっても変わる、いまさら聞けないお墓とお金の話
https://www.touensha.com/post/sougi32



何で樹木葬は人気が出ているのか?



『樹木葬』は、自然に土に帰るという、自然回帰という点で人気を集めました。

そして現在では、色々な寺院や霊園で『樹木葬』が行われています。




ところで何故、近年急激に『樹木葬』が注目を集めたのでしょうか?




そこで、『樹木葬』の人気が高まった理由を3つ紹介します。

  1. 多種多様な埋葬方法

  2. お墓の継承がいらない

  3. 供養に掛かる費用が安い


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12



1・多種多様な埋葬方法



『樹木葬』は、墓石の代わりに、樹木をシンボルとするお墓です。

  • 紅葉

など、好きな樹木や花木を選び、眠りにつくことができます。




更に、樹木だけではなく、草木や芝生などで飾られたガーデン風の敷地まであります。




  • お骨を植林の元に個別で埋葬する方法

  • シンボルツリーの周囲に集めて埋葬する方法

など、『樹木葬』には多種多様な埋葬方法があり、近年選択肢が増えている理由となっています。


戒名のランクと値段相場【宗派別】|戒名の位と戒名料といえる御布施の金額について、全国平均と合わせ徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi24



2・お墓の継承権がいらない



『樹木葬』は、基本的にお墓の跡継ぎを必要としません

なぜなら、永代供養となるため、継承する必要がないのです。




近年、代々のお墓を守る『墓守』がおらず、お墓の継承権が社会問題となっています。

そのため、『樹木葬』のように、お墓の継承が必要ないお墓に、人気が集まっている訳です。


合祀の意味や合祀墓の費用|お墓がいらない人の選択肢、合祀の内容などを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi35



3・供養に掛かる費用が安い



『樹木葬』は、コンパクトでシンプルなお墓です。

そして、遺骨を埋葬するためのスペースが狭く済み、一般的なお墓と比べて費用が安く済むのです。




新しくお墓を建てるための費用は、

  • 平均で150万円

掛かると言われています。




確かに150万円は高額ですが、これから代々続くお墓と考えれば、その費用も長い目で見れるでしょう。

ですが、お墓を守る『墓守』がいないとなれば、お墓を建てる費用は高額過ぎます。




その点『樹木葬』は、費用が抑えられるため、時代のニーズと合っていると言えるでしょう。


お墓や墓石の値段、年間費用の相場|お墓を建てるために掛かる金額、お墓とお金の話を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi31



樹木葬のデメリット



ここまで、『樹木葬』の内容やメリットなどを解説しました。

時代のニーズにも合い、一見良いこと尽くめな『樹木葬』ですが、もちろんデメリットもあります。


  1. お墓参りで手を合わせる場所がない

  2. 納骨した遺骨が取り出せない

  3. こだわり過ぎると高額になる

  4. お墓が荒れやすく、管理が大変




1・お墓参りで手を合わせる場所がない



  • お盆

  • お彼岸

のお墓参りは、遺族が集まり、故人の思い出を語る数少ない機会です。




そして、先祖代々のお墓に手を合わせ、供養と感謝を告げる時でもあります。




しかし『樹木葬』の中には、シンボルツリーを中心に、複数の故人が納められているケースが多々あります。

そのため、先祖に手を合わせている感覚が薄れてしまいます。




お墓参りの習慣を重要視し、代々続けていきたい方達には、家族の心が離れてしまう感覚があるかもしれません。


戒名とは何か?戒名は必要か、いらないのか等、戒名の疑問・質問を簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi22



2・納骨した遺骨が取り出せない



やっぱりお墓を建てたから、遺骨を移してあげたい。

もしも、上記のような事があったとします。




しかし、『樹木葬』にした場合、遺骨を動かすことができません




なぜなら、『樹木葬』は基本的に、遺骨を骨壺から取り出し、土中に直接納骨しているからです。

つまり、骨壺に納まるなど、個別に分かれていないのです。




土に帰る自然回帰の『樹木葬』は、人気の理由がそのままデメリットにもなるのです。


分骨とは?分骨の方法や内容、分骨証明書の受け取り方など分骨について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi26



3・こだわり過ぎると高額になる



『樹木葬』は、一般的なお墓と比べ、費用が割安なため人気があります。

ですが、高額になるケースもあります。




  • シンボルツリー

  • プレート

など、『樹木葬』の内容や設備にこだわり過ぎると、一般的なお墓を建てる金額と

同じくらいの費用が掛かるケースがあるため注意しましょう。




『初期費用が安いから『樹木葬』にしたのに、結果的に100万円以上掛かった。』

これは、『樹木葬』でよく聞く話です。


家族葬の葬儀費用、実際は高い?葬儀費用の安さ知られている家族葬が、最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05



4・お墓が荒れやすく、管理が大変



『樹木葬』は、季節によって景色が変わります

これは、事前に十分理解しておいて下さい。




  • 春先の花木

  • 夏場の新緑

など、ひと時の景色を参考に決めてしまうと、冬場など別の季節にガッカリします。




また、『樹木葬』は想像以上に管理が大変なケースがあります。

『樹木葬』は、一般的なお墓とは違い、石組され整備されている訳ではありません。




つまり、水を流すだけの掃除ができないのです。

  • 樹木周辺の草むしり

  • 落葉や落枝の掃除

など、『樹木葬』はお墓の手入れが大変で、荒れやすいデメリットがあるのです。


互助会解約トラブルと解約手数料の違法性|年間3,000件以上発生している互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15



まとめ



今回は、近年注目度の高い『樹木葬』の内容や、起こりうるトラブル、メリット・デメリットについて紹介しました。




  • お墓を継承する必要がない

  • お墓の費用が安い

この2点を見ても、『樹木葬』の人気が出ることは分かります。




しかし、従来通りのお墓をイメージしている人には、何かと勝手も違い、戸惑うかも知れません。




『樹木葬』は、土中に遺骨を埋葬するため、2度と遺骨を取り出せずやり直しがききません。

『樹木葬』を選択する場合は、何度か下見をし、複数箇所をしっかり調べ、検討に検討を重ねた上で、決定することをお勧めします。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ

  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。 いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。 一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。


水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に
https://www.touensha.com/