top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

お墓の値段、年間費用相場|お墓を建てる金額と継続費用、お墓とお金の話を徹底解説


葬儀が終わり、やっと一息。

しかし、まだ終わりではありません。




故人の遺骨を、どこかに納めなくてはならないのです。




昔から、遺骨を納める場所といえば『お墓』です。

  • 寺墓地

  • 市営墓地

  • 民間霊園

  • 共同墓地

など、お墓を建てる場所にも様々な選択肢がありますが、まず一番気になるのがお墓自体の値段ではないでしょうか?




そこでこの記事では、お墓や墓石の値段、年間使用料など、お墓とお金の話を紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

お墓の値段、年間費用相場|お墓を建てる金額と継続費用、お墓とお金の話を徹底解説



お墓に掛かる費用は、決して安いものではありません

では、実際どれぐらいの費用が掛かるのでしょうか?




結論から先に言えば、

  • 100万円~350万円

が、お墓を建てるために掛かる、総額の平均と言われています。




葬儀自体でもかなりの費用が掛かった後、更にお墓で高額な費用が掛かると思うと、心もとなくなり心配になるのが当然です。




しかし、内容によっては費用を抑えることも可能です。

そこでまずは、お墓に掛かる費用の内訳を解説します。



 

お墓を建てるために掛かる費用の内訳



まず、お墓を建てるために、必ず掛かる費用があります。

そこで、大きく分けて3つの項目を解説します。


  • 永代使用料

  • 管理料

  • 墓石代



 

お墓を建てる費用|永代使用料とは?



永代使用料』とは、墓地や霊園の土地を借りるために支払う費用です。




そして、『永代使用料』は最初の一度だけ支払い、その後は『管理費』を支払うことで、お墓を継承していくことができます。

不動産賃貸の時の礼金とイメージすると、分かりやすいのではないでしょうか。




『永代使用料』の値段相場は、

  • 約77万円

が、一般的な平均となっています。

ですが、『永代使用料』の値段は、地域によって大きく異なりますので、参考までにお考え下さい。




ちなみに、当社橙縁社(とうえんしゃ)がある茨城県は、

  • 50万円~60万円

が、『永代使用料』の相場になっています。



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

お墓を建てる費用|管理料とは?



管理料』とは、墓地や霊園を管理してもらうために、定期的に支払う費用です。




  • 年間○○円

  • 10年分で○○円

などのように、支払い内容は色々と違いがあります。




『管理費』の値段も、場所によって様々ですが、

  • 年間5,000円~15,000円

だと考えてもらえれば、大きく違うことはないでしょう。



 

お墓を建てる費用|墓石代とは?



墓石代』とは、お墓自体の費用です。




  1. 墓石の値段

  2. 墓石の設置費用

  3. 文字の彫刻費用

以上の3つが、『墓石代』としての項目です。




『墓石代』の総額は、

  • 120万円~175万円

が、全国平均での相場となっています。



 

お墓の墓石代【1】墓石の値段



  • 竿石(さおいし)

  • 外柵(がいさく)

  • カロート

  • 装飾品・付属品

など、お墓のパーツとなる石材の費用を『墓石の値段』としています。




竿石』は、お墓の一番上にある石で、墓標となり家名などが彫刻されます。

一般的に墓石と認識されているのが『竿石』です。




外柵』は、お墓の周りを囲う枠。


カロート』は遺骨を安置し、墓石を下支えする場所です。


装飾品・付属品』は、上記以外のもので、花立や線香置き、墓誌などを指します。




墓石の値段は、

  • 石の種類

  • 石の使う量

  • デザイン

などによって、大きく金額が変わります。




そのため『墓石代』の大半は、『墓石』の値段が占めることになります。



 

お墓の墓石代【2】墓石の設置費用



墓石を設置する際に、『設置費用』として工事費用が掛かります。




また、お墓の場所によっては、クレーンなどの重機が通れないことがあります。

その場合、想定外に費用負担が大きくなりますので、お墓の場所によって『設置費用』は変動します。



 

お墓の墓石代【3】文字の彫刻費用



お墓に家名や題字、建立者などを彫るためにも、費用が別途掛かります。




『文字の彫刻費用』は、

  • 2万円~5万円

が、相場になっています。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

お墓を建てる時、費用を抑えるポイント



ここまで、お墓を建てるために掛かる費用を解説しました。




次に、実際にお墓を建てようと考えている人向けに、お墓の費用を抑えるポイントを紹介していきます。

  1. 墓石はシンプルに

  2. 墓地の区画選び



 

お墓の費用を抑える【1】墓石はシンプルに



先程解説したように、お墓を新しく建てるための費用の中でも、

  • 墓石の値段

が、費用の大半を占めます。




そのため、お墓の費用を抑えたいのであれば、墓石の値段』を抑えることが一番のポイントです。

  • 使う石の量

  • 石の種類・産地・品質

  • デザイン

これらにこだわるほど、値段は高くなっていきます。




石の量、種類や産地、デザインを、極力シンプルなものを選びましょう。



 

お墓の費用を抑える【2】墓地の区画選び



お墓を建てる際に必要な『永代使用料』。




この『永代使用料』は、区画面積の広さによって料金が大きく異なります。




つまり、お墓の費用を抑えたければ、

  • 区画面積が狭い

  • 立地条件が悪い、不便

ほど、『永代使用料』が安くなる訳です。



 

お墓を建てた人は実際いくら掛かったのか?



あくまでも全国的な平均ですが、実際にお墓を建てた人達が、いくらぐらい費用が掛かったのかを参考までに挙げておきます。




  • 50~99万円   ⇨ 22.2%

  • 100~149万円 ⇨ 22.2%

  • 150~199万円 ⇨ 17.8%

  • 200~299万円 ⇨ 15.6%

  • 300万円以上  ⇨ 15.5%

以上のようなデータが出ています。


*参考資料




上記のデータの結果から、

  • 平均159万円

が、お墓を建てるために掛かる費用の平均だと言えます。



 

まとめ



今回は、お墓や墓石の値段、年間使用料など、お墓とお金の話を紹介していきます。




昔、お墓は代々引き継がれるもので、墓を守る『墓守』が家を継いでいました。

しかし、現在『墓守』は社会問題となり、お墓を閉じる家も増えています。




そして、近年ではお墓選びの選択肢が増えています。

しかし、最後はお墓に入りたいと考える人も、まだまだ沢山いるのが現状です。




お墓を建てることは、

  • 高額な費用

  • 墓守問題

などで、とても悩む内容です。

今回の内容をお墓を建てる考えがある方は、是非参考にしてみて下さい。



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



 葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





Commentaires


bottom of page