top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

手元供養とは|手元供養の内容や仏壇、骨壺、置き場所など近年注目度の高い手元供養について徹底解説


故人や先祖の冥福を祈り、

  • お供え物

  • 祈りを捧げる

などすることを供養』といいます。




そして、葬儀やお墓の考え方が多様化する中、注目度を高めている供養の方法があります。

それが『手元供養』です。

TVを始めとしたメディアなどで、『手元供養』を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。




では『手元供養』とは、どのような供養の方法なのでしょうか?




そこでこの記事では、『手元供養』の内容や、使用する仏壇、骨壺、置き場所など、『手元供養』について紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

手元供養とは|手元供養の内容や仏壇、骨壺、置き場所など近年注目度の高い手元供養について徹底解説



手元供養』は、自宅や身近な場所に、遺骨を保管して供養する方法です。




『手元供養』を選ぶ方のほとんどは、お墓に納骨せず

  • 自宅に保管

  • 身に着けられるよう加工

などをして、遺骨を身近に管理しています。




また、『手元供養』をする方の中には、

  • 分骨

をして、一部を身近に保管し、他の遺骨をお墓に納める方もいます。



 

なぜ手元供養を行い、手元供養が広がっているのか?



『手元供養』は、2000年代に入ってから広がった、新しい供養方法です。




『手元供養』が広がった理由としては、

  • お墓の跡継ぎ問題

  • 高額なお墓の新規建立費用

  • 仏壇を置くスペースがない

など、社会情勢の変化や家族構成、住環境の変化が考えられます。




また、お墓の跡継ぎである『墓守』がおらず、新たにお墓を建てるには費用が高額なため、『散骨』や『自然葬』を選ぶ方も増えました。




しかし『散骨』は、遺骨を撒いた後、実際どこに遺骨があるのか分かりません。

そこで、遺骨の一部を『手元供養』にして、手を合わせる対象を設けるためにも、身近に遺骨を管理する選択肢が広がったと言えるでしょう。



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

手元供養の注意点



大切な方を常に身近に感じられる『手元供養』ですが、注意点もありますので紹介しておきます。

  • 遺骨のままで保管

  • 粉骨して保管

など遺骨の状態でも、多少注意点が異なりますのでご了承を。




  1. 遺骨を自由に埋葬できない

  2. 親族の理解を得られない可能性



 

手元供養の注意点【1】遺骨を自由に埋葬することはできない



急な引越しや生活環境の変化、自分自身のもしもの時など、

  • 自分自身で遺骨を管理できない

というケースも想定しておきましょう。




遺骨は、処分はもちろん、自由に埋葬することができません。

なぜなら、遺骨の扱いは『埋葬法』で定められているからです。




また、遺骨を勝手に処分・埋葬すると、

  • 遺骨遺棄罪

として、法律違反となり裁かれてしまいます。




そのため、『手元供養』を選択する場合、もしものことがあった時に、遺骨をどうするのか考えておかなくてはなりません。



 

手元供養の注意点【2】親族の理解を得られない可能性



日本の昔からの習慣で、

  • 49日(しじゅうくにち)

までに納骨するのが一般的です。




そして、遺骨は必ずお墓に納めるのが当たり前でした。




そのため、親族に反感を買い、親族トラブルの引き金になってしまう可能性もあります。

お墓や供養の問題は、とてもデリケートなため、『手元供養』を選ぶ前に、親族の理解を得る必要があるでしょう。



 

手元供養の方法



次に、『手元供養』の方法について紹介します。

もちろん、火葬後遺骨を納めた『骨壺』のままで、自宅などに管理しても問題はありません。




しかし、日常的に生活する空間に遺骨を管理するため、『手元供養』専門のアイテムや方法が、世の中には広がっています。

そのため、近年支流となっている『手元供養』の方法を、いくつか紹介します。


  • ミニ骨壺

  • 位牌

  • アクセサリー

  • フィギアやぬいぐるみ



 

手元供養の方法・ミニ骨壺



『手元供養』で最もポピュラーな方法が、『ミニ骨壺』でしょう。




火葬儀に収骨する骨壺は、地域によってサイズが違いますが、自宅で保管するには大きく、場所をとってしまいます。

そこで、遺骨の一部を『ミニ骨壺』に納めて保管します。




『ミニ骨壺』は、素材やデザイン、色合いも種類が多く、一見して『骨壺』だとは分からない物も多数販売されています。

インテリアの一部としても違和感なく、世代を問わず人気がある『手元供養』のアイテムです。



 

手元供養の方法・位牌



故人に対し、手を合わせる対象として『位牌』を作る方も多いでしょう。




現在、『粉骨』した遺骨を、位牌の中に納めることができる『手元供養』のアイテムもあります。

昔ながらの供養の形を守りつつ、『手元供養』を行いたい方に人気のある方法です。



 

手元供養の方法・アクセサリー



『手元供養』の方法として、外出する時も身近に感じられる

  • アクセサリータイプ

の『手元供養』を選ぶ方も増えています。




定番の商品としては、

  • ペンダント

  • ブレスレット

  • 数珠

  • キーホルダー

に、少量の遺骨を入れて、身に着けられるタイプが人気です。




また特殊な方法として、

  • 遺骨で合成ダイヤモンドを加工

し、アクセサリーにする方法もあります。



 

手元供養の方法・フィギアやぬいぐるみ



近年では、故人の写真を3D化し、そこからフィギアを制作、そのフィギアの中に遺骨を納める『手元供養』もあります。




また、一般的なぬいぐるみの中に、遺骨を納められる物も販売されています。

一種の『骨壺』とも言えますが、よりインテリアとして違和感がない『手元供養』のほうほうでしょう。



 

手元供養の置き場所



『手元供養』の置き場所には、とくに決まりがありません

  • ミニ骨壺

  • 遺影写真

  • おりん(仏具)

  • 線香立て

が揃っていれば、十分な『手元供養』の仏壇だと言えるでしょう。




ですが、自由度が高いと逆に悩んでしまう方もいるでしょうから、一つの参考に『手元供養』の置き場所を紹介しておきます。


  1. 仏壇の中

  2. 寝室

  3. リビング




『手元供養』の置き場所としては、仏壇の中に納めるのが最も一般的です。

また、身近に感じやすい場所として、寝室を選ぶ方も多くいます。




そして、デザインも豊富なことから、インテリアと合わせて、日常の生活空間であるリビングを選ぶ方も近年増えています。



 

まとめ



今回は、『手元供養』の内容や、使用する仏壇、骨壺、置き場所など、『手元供養』について紹介しました。




近年のお墓問題のため、供養の方法が多種多様になりました。

その中でも『手元供養』は、需要の高い供養方法です。




大切な人を常に身近に感じ、お墓の問題も解消できる『手元供養』は、今後さらに広がりを見せるでしょう。

しかし、昔ながらの供養を重んじる方には、否定的に思われることも現実です。




供養の話は、とてもデリケートな問題なため、必ず親族の理解を求めるようにして下さい。



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



 葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





コメント


bottom of page