• 橙縁社公式

海洋散骨とは?海洋散骨の費用や法律的な問題、メリット・デメリットを徹底解説


人が亡くなり、葬儀を執り行った後、お墓に遺骨を納骨する。

これが今までの常識であり、伝統でした。




しかし現在では、供養の形も選択肢が増え、年々様変わりしています。




その中でも、自然回帰をテーマとした『自然葬』は、ますます全国に広がっています。

特に、憧れもあり、年々注目度をましているのが『海洋散骨』です。




そこでこの記事では、『海洋散骨』の内容や値段、メリット・デメリットなどを分かりやすく紹介していきます。


樹木葬とは?費用が安いと噂の樹木葬の内容、メリット・デメリットなど分かりやすく徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



海洋散骨とは?海洋散骨の費用や法律的な問題、メリット・デメリットを徹底解説



まず『散骨』とは、細かく砕いた遺骨を撒いて、供養する方法です。

お墓を建てる必要がなく、お墓の継承を心配する必要がありません。




そして『海洋散骨』とは、文字通り海に散骨する供養の方法です。

  • 海に思い入れがある

  • 開放的な死後でありたい

など、故人本人の意向が強く出る供養の形です。


粉骨とは?粉骨方法や費用、業者の選び方、散骨のために遺骨を粉骨にする内容を徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



海洋散骨の内容と流れ




『海洋散骨』は、文字通り海に散骨する供養の方法です。




『海洋散骨』の流れとしては、

  1. 船をチャーター

  2. 散骨ポイントへ向かう

  3. 散骨ポイントで散骨

という流れが、一般的な方法です。




*海洋散骨の資料請求、見積りはこちら!!

全国海域対応(粉骨費用込み)追加費用なしの安心の葬送業者【みんなの海洋散骨】




なぜ海洋散骨が注目されているのか?



『海洋散骨』を始め、自然葬に注目が集まった要因は、大きく分けて3つでしょう。

  • 故人のこだわりや憧れ

  • 少子高齢化による墓守問題

  • お墓の高額な費用




特に2番目の『墓守問題』が、自然葬への注目度を高めるきっかけになりました。




お墓を建てるには、非常に高額な費用が掛かります。

昔のように、先祖代々お墓を引き継いでいけば、その費用も長い目で見ることができました。




しかし、現在では首都圏で働き、そのまま生活圏とする人が増えました。

すると、お墓を継いで、守っていくことが難しいのです。




そこで、墓を継ぐ必要もなく、墓守もいらない『自然葬』が注目を浴びたのです。




海洋散骨の費用はいくら掛かるのか?



『海洋散骨』は、一般的なお墓と比べ、供養に掛かる費用が割安です。

では、実際いくらぐらい掛かるのでしょうか?




そこで参考までに、海洋散骨専門の会社

  • みんなの海洋散骨

の料金表を見てみましょう。




*海洋散骨の資料請求、見積りはこちら!!

全国海域対応(粉骨費用込み)追加費用なしの安心の葬送業者【みんなの海洋散骨】




海洋散骨プランの金額と内容の解説



『海洋散骨』の会社は、年々増加傾向にあります。

そのため、『みんなの海洋散骨』のプランを元に、金額と内容を解説します。

  1. 個人散骨

  2. 合同散骨

  3. 代行散骨




1.個人散骨の費用と内容



まずは、『個人散骨』の費用相場と内容です。

  • 20~30万円




『個人散骨』の場合、家族や親族だけで船をチャーターし、『海洋散骨』を行います。

つまり、船を貸し切りにする訳です。




そのため『個人散骨』は、費用が高めに設定されています。

また、船の大きさによりますが、

  • 8~12名

乗船が可能で、人数を絞れば家族・親族の手で散骨ができます。




2.合同散骨の費用と内容



次に、『合同散骨』の費用相場と内容です。

  • 8~17万円




『合同散骨』は、個人散骨と違い、船が貸し切りではありません。

そのため、他の遺族と共に船に同乗します。




基本的には、1家族2名で乗船します。

また、『合同散骨』の人数が多い程、チャーターする船も大きくなるため、

  • 比例して金額が上がる料金システム

を採用している会社が多く、細かな部分は前もって確認しましょう。




3.代行散骨の費用と内容



最後に、『代行散骨』の費用相場と内容です。

  • 3~7万円




『代行散骨』は文字通り、散骨を業者に代行して行ってもらいます。

つまり、全て業者に任せる訳です。




『代行散骨』の場合、船の見送りは可能ですが、船に同乗することはできません

自分達の手で、散骨をできないデメリットがありますが、費用は最も安く設定されています。




また、ゆうパックなどでの、遺骨の郵送・受取りも対応してくれます。




*海洋散骨の資料請求、見積りはこちら!!

全国海域対応(粉骨費用込み)追加費用なしの安心の葬送業者【みんなの海洋散骨】



水戸市の葬儀|葬儀社の選び方は事前相談を活用すれば分かる!!葬儀社の事前相談で何を聞くべきなのか徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



海洋散骨の費用の注意点



『海洋散骨』のプランごとの費用相場と内容を解説しましたが、他に別途掛かる費用があります。

それが、『粉骨』など、オプション費用です。




『粉骨』の費用はもちろんですが、

  • 水溶性の袋の有り無し

  • 除菌加工

  • 洗骨や遺骨乾燥

などが、別途費用として掛かる可能性があります。




そのため、目安となる『海洋散骨』の費用は、

  • 個人散骨 ⇨ 約35万円

  • 合同散骨 ⇨ 約17万円

  • 代行散骨 ⇨ 約8万円

ぐらいを最終的な費用と考えて、『海洋散骨』を検討するのがよいでしょう。


粉骨は自分で行ってもいいの?粉骨の方法や業者との違い、メリット・デメリットまで徹底解説 (touensha.com)



海洋散骨を依頼するのなら粉骨料金込みの業者がオススメ



先程解説したように、『海洋散骨』の料金には、『粉骨料金』が含まれていないケースが多くなっています。

また、オプション料金が掛かることも多く、選んだプランの金額に、

  • プラス5~8万円

ほど多く費用が掛かることが一般的です。




そのため、ネットや広告などに掲載されている金額だけを重視するのではなく、『粉骨料金』などを含めた総額で見積もりを出してもらいましょう。




例えば、今回料金の参考にした『みんなの海洋散骨』は、

  • 粉骨料金込み

で、料金プランを提示しています。

そのため、金額だけ見ればもっと安い業者はありますが、総額で見た時に費用を安く抑えることができるでしょう。




とにかく、表示金額で業者を決めるのではなく、

  • 資料請求

  • 見積り

を、必ず複数の業者に依頼しましょう。




*海洋散骨の資料請求、見積りはこちら!!

全国海域対応(粉骨費用込み)追加費用なしの安心の葬送業者【みんなの海洋散骨】




海洋散骨は自分達の手で行ってもいいのか?



遺骨を撒くだけなら、自分たちの手で行いたいと、考える方もいるでしょう。




結論だけで言えば、自分達の手で散骨しても問題ありません。




『海洋散骨』は、法律に抵触しておらず、遺骨を禁ずる法律もありません。

しかし、『粉骨』を2㎜未満にしないと、

  • 死体遺棄罪

に該当してしまうので、『粉骨』次第では禁止とも言えます。


永代供養のメリット・デメリット|費用相場・内容から見る永大供養墓のメリット・デメリットを徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



埋葬法と散骨のグレーゾーン



これは、凄くグレーゾーンな話になりますが、『散骨』は埋葬扱いではありません。

なぜなら、土の中に埋めていないからです。




『埋葬法』では、

  • 墓地以外の区画に埋葬してはならない

という決まりがあります。




しかし、『散骨』は土の中に埋めていません。

つまり、土の中に埋葬しない限り、『埋葬法』に抵触しないのです。




このことから、『散骨』を自分たちの手で行っても問題はない、となるのです。


合祀の意味や合祀墓の費用|お墓がいらない人の選択肢、合祀の内容などを徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



海洋散骨禁止の自治体もあるので注意



確かに、『埋葬法』で考える限り、『海洋散骨』は自分たちの手で行っても、法律に違反はしていません。

ですが、自治体によっては、『海洋散骨』を禁止している地域もあります。




必ず自治体や周辺地域のルール、考え方を尊重して下さい。




海洋散骨のデメリット



故人の意思を尊重でき、費用も安い『海洋散骨』。

また、近年の墓守問題もあり、注目度が高まっている理由も分かります。




しかし、『海洋散骨』にもデメリットはあります。




そこで、考えられる『海洋散骨』のデメリットを2つ紹介します。

  1. 二度と遺骨が戻らない

  2. お墓参りの際、手を合わせる場所がない




1.二度と遺骨が戻らない



『海洋散骨』は、粉骨した遺骨を海に撒きます。

すると当然のことですが、遺骨は二度と戻りません





  • 突発的な考え

  • お墓費用を優先して

など、短絡的な考え方で『海洋散骨』を選択すると、もしもお墓を建てようと後々考えたとしても、遺骨が戻らず後悔するケースもあります。




必ず、色々なケースを想定し、納得いくまで考えた上で『海洋散骨』を選択しましょう。

また、『分骨』という方法もありますので、検討してみて下さい。




2.お墓参りの際、手を合わせる場所がない



日本の昔からの風習である、お盆やお彼岸のお墓参り。

お墓に手を合わせ、お花を手向けて先祖を供養する、現在も根付く伝統行事だと言えます。




そんな当たり前のことが、『海洋散骨』ではできません。