• 橙縁社公式

お葬式の服装マナー女性編|女性が葬儀に参列する際の喪服は何が良いのか徹底解説


社会に出て仕事関係の付き合いが増えると、それに伴って葬儀に参列する機会も増えます。

遺族、親族、友人など、お葬式に参列する立場は違えど、最低限のお葬式マナーは押さえておきたいものです。




しかし、黒の喪服を着ることは分かっていても、それ以上の喪服の知識はなかなか知る機会がありません。




そこでこの記事では、お葬式の服装マナーとして、女性の服装について紹介していきます。


お葬式の服装マナー男性編|男性が葬儀に参列する際の喪服は何が良いのか徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



お葬式の服装マナー女性編|女性が葬儀に参列する際の喪服は何が良いのか徹底解説



  • お葬式で着る服 = 喪服

ということは、皆さんご存じかと思います。




しかし、『喪服』はその時の立場によって違いがあることは、意外と知られていません。

喪服は故人との関係や立場で選び方が変わる



故人(亡くなった人)との関係が、

  • 遺族(家族)なのか?

  • 知人や友人なのか?

など、関係性や立場によって喪服の選び方は変わります




とは言え、人間関係は細かく言えばきりがありません。 そこで今回は、ごく一般的な内容に絞って解説していきます。


お葬式の香典マナー【友人・知人編】葬儀の香典金額の相場はいくら?失礼にならず、恥をかかない香典金額を徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



立場や関係・状況によっての喪服の選び方



『喪服』選びは、立場や状況によって、選び方が異なります。

そして、『喪服』の選び方には、大きく分けて3種類あります。

  • 正喪服

  • 準喪服

  • 略喪服




正喪服とは?



まず、もっとも格式の高い喪服が、『正喪服』と言われるものです。




『正喪服』は、公式の葬儀一周忌に、

  • 喪主

  • 親族

  • 近親者

など、葬儀を主催する側の人が着用します。




一般的に言われる、所謂ブラックフォーマルとは違い、

  • 光沢の全くない素材

で作られているものを選びましょう。




例えば、葬儀に参列した際に、家紋入りの着物を見た経験がある方もいるでしょう。

あのような家紋入りの着物も『正喪服』となります。


お葬式の香典マナー【親族編】葬儀の香典金額の相場はいくら?失礼にならず、恥をかかない香典金額を徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



準喪服とは?



次に、『準喪服』と言われる喪服があります。




この『準喪服』が、一般的に喪服と言われるものです。

また、葬儀の場での『平服』は、この『準喪服』を指します。




親族ではなく、一般参列者として、

  • お通夜

  • 葬儀、告別式

  • 一周忌

に伺う際は、この『準喪服』を選ぶと良いでしょう。




そして、『正喪服』の方がより丁寧とは言えますが、

  • 喪主

  • 親族

が、『準喪服』を着ても全く問題はありません


葬儀の流れは家族葬が中心に|実際に家族葬はどの程度の割合で行われているのか徹底解説 | 橙縁社 | 茨城県水戸市 (touensha.com)



略喪服とは?



そして、『略喪服』という喪服があります。




『略喪服』は、

  • お通夜

  • 三回忌以降の法事

  • 急な弔問

などに参列する際に着用します。




ちなみに『略喪服』も、『準喪服』と同じように葬儀における『平服』になります。




『略喪服』は、男性・女性問わず、

  • 濃紺

  • グレー

など、無地のダークカラーであれば問題ありません。




『略喪服』は、控え目な感じがオススメです。




女性の喪服の選び方のポイント



立場や状況に応じた『喪服』の選び方は、理解して頂けたと思います。

そこで次に、女性の『喪服』の選び方のポイントを、具体的に解説します。




『略喪服』は、ダークカラーの控えめなものであれば、特に問題はないため、

  • 正喪服

  • 準喪服

2点の『喪服』の内容を例に出していきます。




女性の正喪服の選び方



【和装】

  • 染め抜きの五つ紋

  • 黒無地




【洋装】

  • ワンピース

  • スーツ

  • アンサンブル


*注1・黒色で光沢がない素材

*注2・長袖で襟元がつまった物

*注3・ストッキングも黒色

袖の長さは、夏であれば6~7分丈でも問題はありません。




スカート丈の長さは、基本的に、

  • 膝が隠れる長さ~くるぶし丈

が一般的とされています。




女性の準喪服の選び方



『正喪服』と同じく、『準喪服』も黒色が基本です。




そして、『準喪服』は自由度が高くなります。

ある程度のデザインもOKですが、派手にならないように気を付けましょう。




『正喪服』と違い、『準喪服』の場合は、

  • ストッキング ⇨ 黒または肌色

を着用するようにします。




女性の喪服は何を選ぶのが正解なのか?



ここまで、『正喪服』・『準喪服』・『略喪服』と、喪服の3種類の違いや、選ぶ際の具体的な内容を解説しました。




確かに、急に必要になる『喪服』は、最低1着は準備していたいものです。

しかし、3種類全てを用意しておくのは、費用面などを考えても難しいですよね。




そこで、『準喪服を1着だけ用意しておきましょう。

『準喪服』を1着持っていれば、葬儀や法事に関わる全てのケースで対応できます。




女性の準喪服の細かな内容



最後に、1着持っていれば万能な『準喪服』の装いを、もう少し細かく説明しておきます。




【礼服】

  • 黒のワンピース、スーツなど

*スカート丈はひざ丈


【靴】

  • 基本は黒色

*高いヒール、エナメル素材、素足の見えるミュールやサンダルはNG


【ストッキング】

  • 黒の30デニール以下


【ネックレス】

  • 一連で、白か黒の真珠

*長すぎる物、二連(不幸を重ねる)、派手なアクセサリーはNG


【バッグ】

  • 光沢がある物、デザインが凝っている物はNG

*香水は控えめ

*殺傷を連想させる毛皮のコートはNG




まとめ



今回は、お葬式の服装マナーとして、女性の服装について紹介しました。




世間一般的に、お葬式では『喪服』と理解されています。

しかし、立場や関係、状況に応じて『喪服』選びが変わることは、意外と知られていません。

  • 正喪服

  • 準喪服

  • 略喪服




基本的には、黒無地で光沢がない素材を選び、派手にならない様に心掛けてもらえれば、『喪服』として問題はありません。




最も大切なことは、故人を偲ぶ気持ちであり、遺族に対する心遣いです。

『準喪服』を選び、最低限のお葬式マナーを押さえ、葬儀自体を大切にお過ごしください。



葬儀の相談は橙縁社(とうえんしゃ)まで


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。 いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)