top of page
  • 執筆者の写真橙縁社公式

宗派別の数珠|持ち方や選び方、合掌時の使い方など宗派ごとの数珠について


通夜や葬儀・告別式に参列する際、

  • 数珠

を持参する方も多いものです。




この『数珠』には、

  • 本式数珠

  • 略式数珠

があり、『略式数珠』であれば、仏式の葬儀参列上の問題はありません。




しかし『本式数珠』の場合、

  • 宗派によって数珠に違いがある

ため、その葬儀の宗派にあった『本式数珠』を持参する必要があります。




そこでこの記事では、仏教の宗派ごとの『数珠』の違いについて紹介していきます。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

宗派別の数珠|持ち方や選び方、合掌時の使い方など宗派ごとの数珠について



『数珠』の玉の数は、基本108玉です。

108の煩悩を断ち切るという意味があり、読経の回数を数えるための物でもあります。




そして、基本の108玉の数から、

  • 108玉     ⇨ 本式数珠

  • 玉数が少ない ⇨ 略式数珠

と区別されています。




『本式数珠』は宗派の考え方に沿った、正式な『数珠』となるため、もし『本式数珠』を持参する場合は気を付けなくてはなりません。




では、宗派別の『数珠』を紹介する前に、『数珠』の作りを理解する必要があるため、『数珠』の作りから解説します。



 

数珠の作り



『数珠』の作りは、

  • 主玉(おもだま)

  • 親玉(おやだま)

  • 四天玉(してんだま)

  • 弟子玉(でしだま)

  • 露玉(つゆだま)

  • 浄明玉(じょうみょうだま)

  • 房(ふさ)

に分けることができ、それぞれに意味が込められています。


 

数珠の作り|主玉(おもだま)


『数珠』の108玉を『主玉』といいます。

百八尊や百八の煩悩を表しています。

また、菩薩の修行を意味しているとも言われています。


 

数珠の作り|親玉(おやだま)


阿弥陀如来または、釈迦如来を意味する『数珠』の中心となる玉です。

『本式数珠(二連)』の場合、『親玉』が2つあり、小さい『親玉』を向玉と呼ぶ事もあります。


玉にT字に穴が開いていて、『主玉』がここに繋がっています。


 

数珠の作り|四天玉(してんだま)


『主玉』の間にある小さな4つの玉です。

四天王や四菩薩を表しています。


四天王 ⇨ 持国天・増長天・広目天・多聞天

四菩薩 ⇨ 観音菩薩・弥勒菩薩・普賢菩薩・文殊菩薩


 

数珠の作り|弟子玉(でしだま)


釈迦の十大弟子や、十菩薩、十波羅蜜(じゅうはらみ)を表しています。

*十波羅蜜⇨菩薩が実践するべき10の修行



また『記志玉(きしたま)』とも呼ばれます。

『親玉』から出ていて房に繋がっています


 

数珠の作り|露玉(つゆだま)


『弟子玉』のしたにある露型の玉

『弟子玉』を支える役割があります。


 

数珠の作り|浄明玉(じょうみょうだま)


表房の一番上にある玉で、独立しています。

菩薩を象徴する玉です。


 

数珠の作り|房(ふさ)


それぞれの宗派によって、

  • 形状

が異なりますが、在家信徒の方は、好みの物を選んで問題ありません。



 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

宗派別の数珠の種類と持ち方



それでは、宗派ごとの『数珠』の種類を紹介します。

ちなみに、葬式に参列する際は、

  • 自分の宗派の数珠を持っていく

ことが基本で、相手方の宗派に合わせる必要はありません。


  1. 真言宗の数珠

  2. 天台宗の数珠

  3. 浄土宗の数珠

  4. 日蓮宗の数珠

  5. 浄土真宗の数珠

  6. 曹洞宗、臨済宗の数珠



 

宗派別の数珠と持ち方【1】真言宗の数珠




真言宗は他の宗派よりも、『数珠』を重要視しています。

  • 主玉  ⇨ 108玉

  • 親玉  ⇨ 2玉

  • 四天玉 ⇨ 4玉

  • 梵天房がついている

上記が一般的で、『親玉』から数えて7個目と21個目に『四天玉』が付いています。




また、2つの『親玉』に、それぞれ2本ずつの房が付いているのも特徴です。

長い一連の『数珠』を二重にして用い、その形状から『振分(ふりわけ)数珠』とも呼ばれます。




合掌の時は、『数珠』を両手の中指にかけます。

『数珠』を持つ時は、左手で『親玉』を上にして、『数珠』を二重にしてかけ、房を握るように持ちます。



 

宗派別の数珠と持ち方【2】天台宗の数珠



*画像元:滝田商店


天台宗の『数珠』の特徴として、

  • 主玉に扁平な平玉

が使われることが多くなっています。




  • 主玉  ⇨ 108玉

  • 親玉  ⇨ 1玉

  • 四天玉 ⇨ 4玉

  • 弟子玉 ⇨ 平玉20個、丸玉10個

  • 連なる2本の房

上記が天台宗の『数珠』の特徴です。




合掌する時は、両手の人差し指と中指の間に、2連に『数珠』をかけます。

『親玉』と『房』が下にくるようにし、房はそのまま下に垂らします。



 

宗派別の数珠と持ち方【3】浄土宗の数珠




浄土宗では、2つの輪を1つに組み合わせた『数珠』を使います。

念仏の数を大事にする浄土宗は、他の宗派にはない独特な形をしているのが特徴です。




浄土宗の『数珠』は、日課数珠とも呼ばれ、『本式数珠』でも108玉ではありません。

僧侶が儀式の際に使う荘厳数珠だけ、水晶のみ108玉となっています。




合掌する時は、両掌を合わせ親指と人差指の間に『数珠』を挟みます。



両手の人差し指と中指の間に、2連に『数珠』をかけます。

『数珠』が親指側に来るようにし、房は両手首と胸の間に垂らします。



 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

葬儀トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

宗派別の数珠と持ち方【4】日蓮宗の数珠






日蓮宗には、『数珠』の玉一つ一つに意味を与えた数珠曼陀羅があり、長い一連の『数珠』に四十一個の下がり玉の付いた菊房というのが一般的です。




  • 主玉  ⇨ 108玉

  • 親玉  ⇨ 2玉

  • 四天玉 ⇨ 4玉

  • 弟子玉 ⇨ 20玉

  • 露玉  ⇨ 4玉

  • 浄名玉 ⇨ 1玉

上記が日蓮宗の『数珠』の特徴です。




また、2個の『親玉』についている房は、

  • 片方に2本

  • 片方に3本

付いていて、3本の房のうち短い1本には、

  • 数取玉

と呼ばれる10個の玉がついているのも、日蓮宗の『数珠』の特徴です。




合掌する時は、二輪にして左手の親指と人差指の間に『数珠』をかけます。

お題目を唱える時は、

  1. 房が3本ある方を左手

  2. 房が2本ある方を右手

  3. 八の字にひねり輪を左右の中指にかける

  4. 房を手の甲側に垂らす

そして『数珠』を包むように手を合わせます。



 

宗派別の数珠と持ち方【5】浄土真宗の数珠




浄土真宗は、煩悩具足のままで救われるため、『数珠』を操って煩悩を消す教えがありません。

そのため、『数珠』は数取りができないよう、房が『蓮如結び』になっています。




『数珠』も他の宗派ほど形や数にこだわりはありません。

一般的には、長い一連の『数珠』を二重にして用います。



  • 主玉  ⇨ 108玉

  • 親玉  ⇨ 2玉

  • 四天玉 ⇨ 4玉

  • 片方の房が蓮如結び

上記が浄土真宗で一般的な『数珠』の特徴です。




合掌する時は、手を合わせ、親指と人差指の間に二連で挟みます。

また、『数珠』の持ち方が、本願寺派(お西)と大谷派(お東)で多少異なります。


*本願寺派


房を下に垂らすように2連でかけ、そのまま右手を合わせます。


*大谷派


両方の『親玉』を両手の親指と人差指の間で挟み、房は上から下に垂らす。



 

宗派別の数珠と持ち方【6】曹洞宗、臨済宗の数珠





禅宗である曹洞宗、臨済宗は、念仏や題目を唱えず、座禅を重んじます。

そのため、他の宗派の様な作法や規定はありません。




一般的には、『主玉』108玉の長い一連の『数珠』が用いられます。

そして、『親玉』、向玉(親玉の反対側にある玉)、『四天玉』と6つの玉の間に『弟子玉』がそれぞれ18個ずつ通されています。

曹洞宗用の『数珠』には、金属の輪が付けられてもいます。




合掌する時は、輪を二重にして親指と人差指の間に掛け、房を下に垂らします。




 

まとめ





今回は、仏教の宗派ごとの『数珠』の違いについて紹介しました。




『数珠』には、宗派ごとに定めのある『本式数珠』と、玉の数を減らした『略式数珠』があります。

一般的には、宗派の定めや作法もないことから、『略式数珠』を選び、購入する方がほとんどでしょう。




ですが、より信仰が深い方の中で、『本式数珠』を選ばれる方もいらっしゃいます。

宗派の考えに沿った『本式数珠』を選ぶようにしましょう。



 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



 葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。



  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。



 そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。



いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。



一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。



葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓


 

全く同じ内容の『お葬式』なのに、

  • A社 ⇨ 80万円

  • B社 ⇨ 120万円

  • C社 ⇨ 200万円

と、葬儀社によって非常に大きな葬儀費用の金額差があります。




葬儀費用に不安・疑問がある方は、下記をクリック!!

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





Comments


bottom of page