• 橙縁社公式

塔婆(とうば)/卒塔婆とは|意味や由来、処分方法、数え方まで葬儀や法要で用いる塔婆について徹底解説


お墓参りに行った際、墓石の後部や脇に、木製の板を見かけたことがあると思います。

それが『塔婆(とうば)』です。




長さや形に違いはあれど、『塔婆』が建っている光景はよく目にします。

ですが、墓を管理している『墓守』以外の人は、『塔婆』の意味や料金など、ほどんど分からない人が多いはずです。




そこでこの記事では、『塔婆』の意味や処分方法まで、『塔婆』について紹介していきます。


49日法要で白木位牌を本位牌(唐木/塗)に魂入れして切り替える理由
https://www.touensha.com/post/sougi171-ihai


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

塔婆(とうば)/卒塔婆とは|意味や由来、処分方法、数え方まで葬儀や法要で用いる塔婆について徹底解説



塔婆(とうば)』を建てる意味は、故人や先祖に対する供養を意図しています。

そのため、『塔婆供養』と言われることもあります。




仏教では、生きている人が故人の冥福を祈ることを、

  • 追善供養

といい、塔婆を建てる=『追善供養』と考えられているのです。




また、故人の死後の世界での処遇は、生前にどれだけの善行をしてきたかが大きく影響します。

そして、生きている人が善行を行うことは、故人の善行にもなり、故人の魂がより良い世界へ転生でき、その善行は自分に戻ってくると考えられています。




仏教では、供養のシンボルである

  • 塔婆を建てること

善行とされているのです。


線香をあげる作法と意味|葬儀や仏壇、四十九日法要などお線香を何故あげるのか、内容について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi93


 

塔婆・卒塔婆の由来やルーツ



仏教用語では、卒塔婆(そとうば・そとば)』が正式名称です。

ですが、『塔婆』と『卒塔婆』は同じと捉えて問題ありません。




『塔婆』の起源は、お釈迦様の遺骨を祀った仏塔という仏教建築にあります。

この仏塔は『ストゥーバ』と呼ばれており、サンスクリット語で『高く顕(あらわ)れる』という意味で、涅槃の境地を象徴しています。




この『ストゥーバ』が、インドから中国に仏教が伝来した際

  • ストゥーバ ⇨ 卒塔婆

と音訳され、漢字を当てられました。




また仏塔をルーツに、仏教では、

  • 死者供養のシンボル

として五輪塔が建設されるようになりました。




五輪塔は、古代インドで『空風火水地』の宇宙を構成されていると考えられていた、

  • 5大元素

を塔の形状で表したものです。




そして、五輪塔が簡略化され『塔婆』へと変化していったのです。




ちなみに日本では、平安時代に天皇の墓所近くに、石の『塔婆』が建てられた記録があります。

そして江戸時代後期には、庶民のお墓にも『塔婆』が建つようになったそうです。


享年と行年の違いとは|満年齢との違い、葬儀や位牌で目にする享年・行年の意味を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi145-kyounen


 

塔婆には何が書かれているのか?



宗派や寺院、地域、法事の種類によって、『塔婆』に記載される内容は変わります。

ですが、追善供養のシンボルでもある『塔婆』なので、何が書かれているかは知っておきたい所ですよね。




そこで、一般的に『塔婆』に書かれれている内容を、一つの例として紹介します。


  • 戒名や俗名

  • 命日(没年月日)

  • 宗派の題目や経文

  • 梵字(5大元素や菩薩、仏様を示す)

  • 法要の名称

  • 法要実施年月日/塔婆建立年月日

  • 塔婆建立を依頼した喪主、施主の名前


没年・没年月日とは|享年や行年との違い、命日に法要を営むための基礎知識
https://www.touensha.com/post/sougi146-botunen


 

塔婆はいつ立てるものなのか?



『塔婆』は、供養の節目となる、

  • 年忌法要

  • 春秋のお彼岸

  • お盆

  • 涅槃会(ねはんえ/お釈迦様が亡くなった日)

  • 灌仏会(かんぶつえ/お釈迦様が生まれた日)

  • 施餓鬼会(せがきえ)

など、故人に対する法要や先祖供養の行事、宗派や寺院の行事の時などに建てます。




ちなみに『施餓鬼会』とは、生前の悪行などにより餓鬼になった霊魂や、無縁仏など供養されない死者に施しを行う法会(ほうえ)のことを言います。

一般的に、お盆の時期に先祖供養と一緒に行われることが多い行事です。


お彼岸とお盆の意味の違い|お墓参りに行く日だけではないお盆とお彼岸の違いを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi90


 

塔婆の数え方



『塔婆』は、

と2種類の数え方があります。




どちらも正しい数え方ですが、

  • 大きい塔婆 ⇨ 基

  • 小さい塔婆 ⇨ 本

と数える傾向にあります。




そして、『塔婆』のサイズは、

  • 長さ50㎝~200㎝程度

のものまで、様々なサイズが用いられ、寺院の意向や地域性によって変わりますが、

  • 5尺塔婆(150㎝)

  • 6尺塔婆(180㎝)

の2種類のサイズが多く見られます。


檀家(だんか)をやめる注意点|離檀料トラブル、メリット・デメリットについて解説
https://www.touensha.com/post/sougi159-ridann


 

塔婆の種類と長さやサイズ



『塔婆』にも種類があり、用途も変わってきます。

そこで、『塔婆』の種類やサイズ感にも触れておきましょう。


  1. 板塔婆

  2. 角塔婆

  3. 経木塔婆(きょうぎ)、水塔婆

  4. 七本塔婆(しちほん)

  5. 梢付塔婆(うれつき)、生木塔婆


 

塔婆の種類【1】板塔婆


板塔婆』は、最も知られており、墓地で見かける『塔婆』は、そのほとんどが『板塔婆』となります。




木の板で作られ、長さ60~180㎝ほどの『塔婆』です。


 

塔婆の種類【2】角塔婆


角塔婆』は、四角の柱型の『塔婆』です。

長さは120~210㎝で、厚さが10㎝程。




墓石ができあがる迄の期間、お墓の代わりに建てられる『木碑』。

寺院の新築・修理の完成記念の法要、

  • 落慶法要(らっけいほうよう)

などの際に『角塔婆』が建てられます。




なお、『角塔婆』を簡略化したものが『板塔婆』とされています。


 

塔婆の種類【3】経木塔婆、水塔婆


経木(きょうぎ)塔婆』は、経木という薄い木で作られた『塔婆』です。

  • 長さ27~36㎝

  • 厚さ1㎜以下

のサイズが多く、戒名や経文を書いて川に流したり、水回向(みずえこう)や水子供養で用いられるため、

  • 水塔婆

とも呼ばれています。


 

塔婆の種類【4】七本塔婆


仏教では、初七日を終えると、故人の魂は7日ごとに裁きを受けると考えられています。

この期間を『中陰』と呼びます。




七本(しちほん)塔婆』は、中陰に行われる法要に用いられる7本の『塔婆』です。

長さは30~40㎝程で、

  • 1本ずつ独立している

  • 扇状にひと纏まり

など、様々な形状があります。


 

塔婆の種類【5】梢付塔婆、生木塔婆


梢付(うれつき)塔婆』は、弔い上げの際に使われ、枝葉がついた状態の生木です。

神聖な木とされる杉が一般的ですが、松や柳なども使われます。




また、生木を使うことから『生木塔婆』、杉が使われることから『杉塔婆』とも呼ばれています。


 

塔婆を建てる本数と処分について



年忌法要やお盆、春秋のお彼岸など、『塔婆』を建てる時期は様々あります。

また、喪主・施主のみが『塔婆』を建てる場合が一般的ですが、施主や親族で複数建てる場合もあります。




となると当然、数十本の『塔婆』が建てられ、『塔婆』の建てる場所が無くなってしまうことになってしまいます。

また、『塔婆』は木製であり、雨風に晒されることから、傷んで劣化してしまいます。




では、『塔婆』は何本まで建て、どのタイミングで、どのように処分すれば良いのでしょうか?




まず、『塔婆』を建てる本数に決まりはありません。

そして、宗派や寺院、地域の考え方もありますが、

  • 塔婆の効力は法要当日のみ

とされていることが多くなっています。




そのため、何本立てたら『塔婆』を処分するという目安はありません。

一般的には、新しく『塔婆』を建てた時、古い『塔婆』を処分する場合が多くなっています。




また、『塔婆』の処分方法は、寺院や霊園にお願いし、

  • お焚き上げ

をしてもらい処分することが一般的です。




『お焚き上げ』が難しい場合、一般ゴミとして処分しても問題はありませんが、

  • 墓地管理人に処分を委ねる

  • 霊園や墓地内の塔婆の集積所においておく

  • 葬儀社や仏具店に引取処分を依頼する

という様に、できるだけ丁寧な処分方法を選ぶひとがほとんどでしょう。


墓じまいとは|流れや手続き方法、費用相場など墓じまいについて解説
https://www.touensha.com/post/sougi158-hakajimai


 

宗教、宗派によっては塔婆は不要



『追善供養』の考え方から『塔婆』を建てるとはいえ、同じ仏教でも、

  • 宗派

  • 地域

によって、『塔婆』を建てないこともあります。




例えば、浄土真宗では往生即成仏の教えにより、『追善供養』を求めません。

そのため、『塔婆』も必要ないのです。




また、九州では『塔婆』を建てない傾向が強く、地域の慣習や寺院の考え方でも、『塔婆』を建てない場合があるのです。




そして、仏教とは異なる、

  • 神道(神社)

  • キリスト教

も、基本的に『塔婆』を建てません。




ただし、一部の神社や地域では、

  • 霊祭票(れいさいひょう)

  • 神道塔婆

という、仏教の『塔婆』とは少し形状の異なる『塔婆』を建てることがあります。


神道の葬式/神葬祭とは|仏教との違いや参列の注意点など神式の葬儀である神葬祭・葬場祭について
https://www.touensha.com/post/sougi98


 

まとめ



今回は、『塔婆』の意味や処分方法まで、『塔婆』について紹介しました。




墓地でよく見かける木製の板。

それが『塔婆』です。




『塔婆』を建てることは、『追善供養』として善行と考えられています。

しかし、墓を管理している『墓守』の人以外、『塔婆』の意味すらも分からない人がほとんどではないでしょうか。




また、沢山の『塔婆』が建っているお墓を見かけますが、『塔婆』の処分のタイミングや処分方法も意外と知られていません。




これを参考に、何気なく見ていた『塔婆』について、考えてみるのも良いのではないでしょうか。


お布施と初穂料/玉串料の金額相場|安いと噂の神道の謝礼は本当に金額が安いのか
https://www.touensha.com/post/sougi137


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓





閲覧数:21回0件のコメント