• 橙縁社公式

線香をあげる作法と意味|葬儀や仏壇、四十九日法要などお線香を何故あげるのか、内容について徹底解説


お葬式やお墓参り、自宅の仏壇など、『お線香』をあげた経験が、きっと一度はあるでしょう。




しかし、供養の意味で『お線香』をあげることは何となく分かっても、本当の意味は割と知られていないものです。

折角、『お線香』をあげるのであれば、その意味もしっかり理解し、より大切な時間にしたいものです。




そこでこの記事では、『お線香』をあげる作法や意味など、『お線香』の内容について紹介していきます。


お彼岸とお盆は意味が違う|お墓参りに行く日だけではないお盆とお彼岸の違いを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi90


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

線香をあげる作法と意味|葬儀や仏壇、四十九日法要などお線香を何故あげるのか、内容について徹底解説



まずは、『お線香』をあげる意味から解説します。

『お線香』の意味は諸説ありますが、一般的に知られているものは以下の通りです。


  • 心身を清浄する

  • 極楽浄土と現世をつなぐ

  • 食べ物(供物)として捧げる


葬儀・通夜の時間の流れとタイムスケジュール|葬儀場・火葬予約の時間帯など葬儀の流れについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi92


 

線香をあげる意味・心身を清浄する



『お線香』の香りには、場の穢れを祓い、清浄にする効果があります。

また、『お線香』の香りは、供養する人の感覚を鋭敏にするとも言われます。




そのため、仏様やご先祖様に対する時、『お線香』の香りで邪念を祓い、心身ともに厳かな気持ちで、手を合わせることができるのです。


宗派ごとの焼香回数と作法|押しを頂く?頂かない?葬儀マナーとして宗派ごとの焼香マナーを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi86


 

線香をあげる意味・極楽浄土と現世をつなぐ



極楽浄土は、大変良い香りに包まれていると言われています。

そのため、極楽浄土と同じような環境を整える意味もあります。




また、『お線香』の煙が天に昇っていくことで、極楽浄土と現世をつなぐとも考えられています。

仏様やご先祖様を想う気持ちが、『お線香』の煙に乗って、天上へと届くのです。


お彼岸とはいつ|するべきことや意味、お供えや食べ物など、お彼岸の内容を分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi88


 

お線香をあげる意味・食べ物(供物)として捧げる



仏教には、仏様が『お線香』の良い香りを食す、という考え方があります。

そこで、食事となる香りを供物として、『お線香』の香りを捧げるのです。


葬儀とは?なぜ葬儀を行うのか?葬儀の意味を理解してお葬式を考え直すための知識を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi62


 

お線香をあげる意味は49日法要の前後で変わる



先程『お線香』をあげる意味を紹介しましたが、

  • 49日

を境に意味が変わる特徴もあります。




仏教の教えでは、49日の旅を経て、御浄土に生まれ変わると言われています。

そのため、仏教では49日法要を境に、宗教行事の意味合いが変わってくるのです。


法事とは|いつ何をするのか?法要の種類や法要予定の立て方など法事について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi136


 

49日前の線香の意味



基本的に、49日の間は食べ物に困らないよう、『お線香』を焚き続けます。

これを仏教では、食香(じきこう)と言います。




つまり49日の間は、食事を供える意味が強くなるのです。


家族葬で通夜を行わないケースが急増している理由|家族葬の通夜の流れや内容と合わせて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi69


 

49日後の線香の意味



49日の旅が終わると、仏様に生まれ変わるとされています。




そのため、極楽浄土と現世をつなぎ、仏様となった故人に想いを伝えるため『お線香』をあげます。

そして、仏様に想いを伝えるためにも、場や供養する側の心身を清浄するのです。


臨終~火葬、葬儀後までの流れ|これさえ読めば焦らない、葬儀の流れを簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18


 

宗派ごとの線香の本数と作法



『お線香』をあげる意味が分かった所で、

  • お線香の本数

は、本来何本あげるのが正しいのか疑問に思う方もいるはずです。




絶対に本数を守らなくてはならない訳ではありません。

しかし、宗派ごとの作法を知っておくのも、供養の意味としては正しいと言えます。




そこで、宗派ごとの『お線香』本数を紹介します。


戒名のランクと値段相場【宗派別】|戒名の位と戒名料といえる御布施の金額について、全国平均と合わせ徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi24


 

宗派ごとの線香本数



真言宗

1~3本を香炉に立てる

天台宗

特に決まりはなし

曹洞宗

1本を香炉に立てる

臨済宗

特に決まりはなし

日蓮宗

1~3本を香炉に立てる

浄土宗

1~3本を香炉に立てる

浄土真宗

1本を折って火をつけ、寝かせる




上記の表で記載した『お線香』本数が、一般的な本数です。

ですが、『浄土真宗』を除いては、

  • 1本

『お線香』を、香炉に立てれば問題はありません。




『浄土真宗』の場合、寝線香が基本となります。

1本の『お線香』を数本に折り、火を付けて『お線香』を寝かせます。




しかし、宗派ごとの考えはあれど、『焼香』ほどは決まった回数にこだわらなくとも、問題ないと言えるでしょう。


葬儀の焼香作法|焼香の意味とやり方、葬儀マナーとしての焼香作法を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi87


 

お線香のあげ方と作法



最後に、『お線香』のあげ方と作法について紹介します。




地域や地方によって、若干異なる場合がありますが、

  • 弔問

  • 仏壇

2つに分けて、『お線香』の作法を解説します。


コロナ禍で葬儀の常識が激変|一般会葬者が葬儀参列しないコロナ式の葬儀について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi91


 

弔問した時の線香作法



まずは、弔問(ちょうもん)に訪れた時の『お線香』作法です。




ちなみに『弔問』とは、亡くなった方の元を訪れ、遺族にお悔やみを申し上げ、亡くなった方と最後のお別れをすることです。



  1. 左手に数珠を持つ

  2. 御霊前の座布団の手前で、遺族に一礼

  3. 御霊前の正面に座って、一礼して合掌

  4. お線香に火を付け、煙が出ていることを確認

  5. お線香を香炉に立てる

  6. おりんを一度鳴らし、合掌

  7. 御霊前に一礼

  8. 座布団から降り、少し下がって遺族に一礼


弔問とは|弔問マナーや服装、持ち物、言葉遣いなど自宅弔問の時に失礼がないための知識
https://www.touensha.com/post/sougi139


 

仏壇での線香作法



  1. 左手に数珠を持つ

  2. 仏壇の座布団の手前で、遺族に一礼

  3. 仏壇の正面に座って(立って)、一礼して合掌

  4. お線香に火を付け、煙が出ていることを確認

  5. お線香を香炉に立てる

  6. おりんを一度鳴らし、合掌

  7. 仏壇に一礼

  8. 座布団から降り、少し下がって遺族に一礼


手元供養とは?手元供養の内容や仏壇、骨壺、置き場所など近年注目度の高い手元供養について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi76


 

まとめ



今回は、『お線香』をあげる作法や意味など、『お線香』の内容について紹介しました。




  • お葬式

  • お墓参り

  • 自宅の弔問

など、『お線香』をあげる機会は、思っているよりも多いものです。




仏様やご先祖様など、供養の意味を持って『お線香』をあげることがほとんどですが、『お線香』には意味や作法があります

より想いを伝えるためにも、『お線香』の意味を理解し、より供養の気持ちを伝えられるようにしたいものです。


お墓を建てる場所で費用と維持費、値段は大きく違います|お墓の費用を抑えるための知識、お墓とお金の話
https://www.touensha.com/post/sougi32


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




閲覧数:40回0件のコメント