• 橙縁社公式

死装束とは?左前で着せる理由や着せ方、選び方や注意点など死装束について徹底解説


人が亡くなり、最後に身に着ける服。

それを『死装束(しにしょうぞく)』といいます。




『最後は綺麗な姿で送ってあげたい』

『宗旨、宗派に則った伝統的な着物を着せてあげたい』

など、大切な人の最後の姿だからこそ、『死装束』への想いは人それぞれです。




しかし、『死装束』に決まり事があります。

特に、日本の葬儀のほとんどは仏式(仏教)であり、宗派ごとの決まり事に沿った『死装束』を着せて差し上げたいものです。




そこでこの記事では、『死装束』の意味や着せ方、選び方や注意点などについて紹介していきます。


水戸市の葬儀費用の平均相場はいくら?同じ内容でも葬儀社によって違う葬儀費用を徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi11




死装束とは?左前で着せる理由や着せ方、選び方や注意点など死装束について徹底解説



最後の姿なため、間違った着せ方をして、恥ずかしい思いをさせることは、避けたいですよね。




そこでまずは、『死装束』の意味着せ方から紹介します。

  • 死装束とは?

  • 死装束が白色の理由は?

  • 死装束はなぜ左前で着せるのか?




死装束とは?



『死装束』とは、納棺する前に、亡くなった人に着せる衣装のことです。




そして、日本の葬儀の大半は仏式であるため、仏教の『死装束』の考え方を中心に考えていきます。




仏教での一般的な『死装束』は、経帷子(きょうかたびら)です。

『経帷子』とは、単(ひとえ)で仕立てられた裏地のない、経文などが書かれた白色の着物です。




『経帷子』には、故人の極楽浄土を願う経文が書かれており、

  • 『この世に留まることなく、真っ直ぐあの世へ行けるように』

と願いを込めています。




そして、故人とゆかりのある女性の手で、

  • 糸の玉止めをしない

  • 返し縫いをしない

など仕立てにも特徴があります。


戒名とは何?戒名は絶対に必要なのか?よくある戒名の質問を簡単に分かりやすく徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi22




死装束が白色の理由は?



『死装束』が白色の理由は諸説あります。

  • 白と相対する紅が誕生の意味

  • 綺麗な状態で極楽浄土へ向かう

  • 穢れを落とす




白と相対する紅が誕生の意味



紅は誕生の意味を持っています。

赤ちゃんという言葉も、誕生を司る紅からきているのです。




そのため、紅と相対する反対の色である白は、死を表すとされています。

そして、死者が身に着ける『死装束』も、白が相応しいとなりました。




綺麗な状態で極楽浄土へ向かう



白は、何も汚れていない証でもあります。

そのため、綺麗な状態で極楽浄土へ向かうためという説もあります。




穢れを落とす



巡礼を行う物が着る白装束には、

  • 世俗に染まらず清らかな心を保つ

という意味が込められています。




また、穢れを落とすための滝行なども、同じような理由で白装束を着ます。




これらの理由で、

  • 『この世の邪念や欲などを捨てて、清らかな気持ちで浄土への旅立ちに出発してほしい』

という思いから、『死装束』が白くなったと言われています。




死装束はなぜ左前で着せるのか?



『死装束』を着せる時は、左前で着せなくてはなりません。




その理由は一般的に、人が亡くなることは非日常のことから、

  • 逆さ事

として、普段の日常と真逆の関係にあることをするためです。




また、故人と生者を区別する意味もあると言われています。




生きている人が着物を着る際は、右前になります。

相対する死者に着せる『死装束』は、左前で着せましょう。




死装束以外に身に着ける旅支度の装飾品



元々『経帷子』は、仏教の巡礼者や修行僧のための衣装でした。




そして仏教の教えでは、人が亡くなると49日の旅を経て、御浄土へと生まれ変わると言われています。

そこで、死後の旅路に相応しい『経帷子』が、『死装束』として着せられるようになりました。




また、着物一枚で旅に出る人はいないため、『経帷子』以外にも旅の支度を付けてあげるのです。

そこで、旅支度の代表的な装飾品を紹介します。

なお、宗派や地域ごとに、必要・不必要な旅支度があるため、足りない装飾品がある場合はご了承下さい。


  • 三角巾【天冠(てんかん)】

  • 頭陀袋(ずだぶくろ)

  • 数珠

  • 手甲(てっこう)

  • 脚絆(きゃはん)

  • 白足袋、草鞋(わらじ)



エンゼルケア・ラストメイクとは?葬儀社の人間なら誰でもできるエンゼルケアの内容を徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi20




三角巾【天冠(てんかん)】


頭に付ける三角の布です。




意味としては、

  • 閻魔様の前での正装

  • 冠を付けて高貴な身なりで送ってあげたい

など、諸説あります。




頭陀袋(ずだぶくろ)


三途の川の渡し賃である六文銭を入れる袋です。

また現在では、六文銭を印字した紙が入れられています。




頭陀袋は、無くなさないように、首から掛けて持たせます。





米は、旅の間の食事です。

昔は五穀(麦、粟、ひえ、きび、大豆)を持たせていました。




死装束の懐に入れてあげます。




数珠


旅の途中の魔除けとなるものです。




手甲(てっこう)


旅の途中、手を守るための防具です。





49日の旅は、長く険しいものだと言われています。




そのため、生前杖を使っていなかった人にも、

  • 道中倒れず浄土へ辿り着ける

ように願いを込め、転ばぬ先の杖を持たせます。




脚絆(きゃはん)


旅の途中、足を守るための『すね当て』です。




白足袋、草鞋(わらじ)


白足袋と草鞋を履かせます。

現代でいう、白足袋は靴下、草鞋は靴に相当するものです。




死装束のを着ける際の注意点



仏教の教えによる旅支度となる『死装束』ですが、注意するべき点もあります。




まず、同じ仏教の『浄土真宗』です。




『浄土真宗』では、人が亡くなるとすぐ御浄土に行く教えがあります。

つまり、49日の旅がないのです。

そのため、『浄土真宗』においては、『経帷子』の死装束はいらないのです。




次に、神道(神社)やキリスト教など、仏教の以外の宗教でも、『死装束』は異なります。




例えば神道の場合、『神衣(かむい)』を死装束として身に付けます。

そして『神衣』は、男女で異なる特徴があります。




【男性】

  • 白い狩衣

  • 烏帽子(えぼし)

  • 笏(しゃく)


【女性】

  • 白い小袿(こうちき)




他に死装束として着せるものを紹介



仏教は『経帷子』、神道は『神衣』を着せることは理解して頂けたでしょうか。




しかし、最近では宗教や死生観の違いから、『死装束』も多様化しています。




それでは『死装束』として、どのような物を着せるのでしょうか?

  • 故人が生前に愛用していた衣服

  • 着物や浴衣

  • エンディングドレス


葬儀でのエンバーミングとは?内容や費用、注意点や勘違いされているエンバーミングの範囲など徹底解説

https://www.touensha.com/post/sougi21




故人が生前に愛用していた衣服



『経帷子』や『神衣』など、宗旨・宗派の考え方以外の『死装束』としては、

  • 生前に愛用していた衣服

を着せてあげることが最も多くなっています。




キリスト教が支流の国では、納棺の際にスーツや愛用していた衣服を、着せてあげることが一般的です。

現在の日本でも、『死装束』にこだわらないケースが増えており、『死装束』として洋服を着せることは珍しくありません。




ちなみに、『死装束』としての色は問いません。

つまり、白以外でも問題ないのです。

生前の故人らしい衣類を、一緒に持たせてあげましょう。




着物や浴衣



普段着とは別に、着物浴衣を『死装束』とするケースも多くあります。




生前に華道や茶道などの習い事で、着物を着る機会が多かった人はもちろん、最後は和服でと考え、お手持ちの浴衣などに着せ替えてあげるのです。




この場合も、生前好んでいた物であるため、白以外でも問題ありません。

しかし、逆さ事として左前で着せるのが一般的です。




エンディングドレス




エンディングドレス』という言葉が、聞きなれない方も多いことでしょう。

近年、新たな『死装束』として注目されていて、『エンディングドレス』専門店も増えています。




対象になるのは基本的に女性で、

  • 最後の瞬間を華やかに締めくくりたい

という考え方から、選択肢として広がっています。




華やかさを大前提としているため、白以外でも問題はありません。




まとめ



今回は、『死装束』の意味や着せ方、選び方や注意点などについて紹介しました。




近年、お葬式の選択肢が広がり、その当家ごとに様々な葬儀イメージがあります。

それに伴い、納棺前に着せてあげる『死装束』も、多様化してきました。




仏教の教えに沿った旅の衣装から、エンディングドレスなど華やかな衣装まで。




故人を想い、最も故人らしい『死装束』を選んで、その人に合った見送りをしてあげたいものです。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。


水戸市の葬儀は橙縁社(とうえんしゃ)高過ぎる葬儀費用を安心できる適正価格に

https://www.touensha.com/