• 橙縁社公式

粉骨は自分で行ってもいいの?粉骨の方法や専門業者との違い、メリット・デメリットまで徹底解説


遺骨をお墓ではなく、『自然葬』として散骨する新しい供養の形。




墓守の継承が社会問題となり、

  • 海洋散骨

  • 樹木葬

  • 手元供養

などが注目を集めています。




そして、新しい供養の際に必ず必要なのが『粉骨』です。

『粉骨』とは、文字通り遺骨を砕き、粉末状にすることを言います。




大切な人の遺骨を『粉骨』するのであれば、

  • 自分の手で行いたい!!

そんな考えをお持ちの方も、多数いるのではないでしょうか?




そこでこの記事では、『粉骨』を自分で行っていいのか、業者に依頼する時の違いや、『粉骨』のメリット・デメリットを紹介していきます。


粉骨とは?粉骨方法や費用、業者の選び方、散骨のために遺骨を粉骨にする内容を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi29



粉骨は自分で行ってもいいの?粉骨の方法や専門業者との違い、メリット・デメリットまで徹底解説




まず、『粉骨』を自分で行ってもいいのでしょうか?




結論から言えば、自分で行っても問題ありません

法律やルール違反ではないのです。




ただし、他の遺族・親族ともしっかりと話し合って、合意があった上で行って下さい。

一度『粉骨』してしまうと、二度と元の状態には戻りません


樹木葬とは?費用が安い樹木葬の内容、デメリットやトラブルの原因まで徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi27



粉骨する場合2mm未満にするのが絶対



『粉骨』を自分で行うことは、法律に違反しません。

しかし、『粉骨』した遺骨のサイズを

  • 2mm未満

にしないと、散骨した時に『遺骨遺棄罪』で法律に違反します。


海洋散骨とは?海洋散骨の費用や法律的な問題、メリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi28



自分で粉骨をする方法と流れ



それでは、自分で『粉骨』をする前提で、『粉骨』の方法と流れを解説します。

  1. 遺骨を骨壺から出し乾燥

  2. 遺骨以外のものを除去

  3. 遺骨を細かく砕く

  4. 粉骨した遺骨の保管


臨終~火葬、葬儀後までの流れ|これさえ読めば焦らない、葬儀の流れを簡単に分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18



1・遺骨を骨壺から出し乾燥



まず、骨壺から遺骨を取り出します。

そして、しっかりと乾燥させましょう。




遺骨は火葬されていますが、骨壺の中の湿気などにより、遺骨自体が水分を含んでいるケースがあります。

特に墓じまいなどで、お墓から取り出した場合、骨壺の中に水が溜まっていることが多くなります。

水分がある状態で『粉骨』すると、上手くパウダー状になりません




そのため、骨壺から遺骨を取り出したら、遺骨同士が重ならないように広げて、自然乾燥させましょう。

自然乾燥が難しい場合、乾燥剤を使ったり、ドライヤーなどを使用し、しっかりと遺骨を乾燥させる必要があります。


分骨とは?分骨の方法や内容、分骨証明書の受け取り方など分骨について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi26



2・遺骨以外のものを除去



遺骨を乾燥させる段階で、遺骨以外のものを取り除きます




火葬の際、燃えないものは棺に入れられません。

そのため、故人の身に着けていた

  • 眼鏡

  • 入歯

などが、骨壺の中に納められています。




また、棺桶に使われていた釘などが、混合している場合もあります。

しっかりと取り除いておきましょう。


お墓や墓石の値段、年間費用の相場|お墓を建てるために掛かる金額、お墓とお金の話を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi31



3・遺骨を細かく砕く



遺骨を乾燥させ、遺骨以外のものを取り除いたら、ついに『粉骨』です。




自分で『粉骨』するには、

  • 自宅にある道具を使う方法

  • 機械をレンタルする方法

があります。


合祀の意味や合祀墓の費用|お墓がいらない人の選択肢、合祀の内容などを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi35



自宅にある道具を使う



  • 袋に入れて叩く

  • すり鉢、乳鉢で粉砕

  • ミルを使う

などの方法で、『粉骨』していきます。




袋に入れて叩く方法は、時間が掛からない方法ですが、綺麗なパウダー状にはなりにくいです。

また、遺骨を強く叩く行為が、人によっては強い抵抗感を覚えるかも知れません。




すり鉢や乳鉢を使う方法は、乳棒などを使って遺骨をすりつぶしていきます。

一度で粉砕することは難しいため、何回かに分けて作業を行います。

時間はかかりますが、きれいな細かいパウダー状にすることができます。




ミルやフードプロセッサーを使う方法は、最も簡易的に『分骨』が行えるでしょう。

ただし、どの程度の硬さまで粉砕でき、刃こぼれや故障しないように、ある程度確認をしてから行いましょう。


お墓の値段・費用は建てる場所によって変わる?維持費によっても変わる、いまさら聞けないお墓とお金の話
https://www.touensha.com/post/sougi32



機械をレンタルする




自分で『粉骨』する際、粉骨機などの道具を一式レンタルすることもできます。

レンタル期間は、

  • 1週間20,000円前後

が、最も一般的です。




手動で『粉骨』するのに比べ、時間も掛からず、きれいなパウダー状に仕上がります。




4・粉骨した遺骨の保管



『分骨』が終了したら、遺骨を保管しなくてはなりません。

パウダー状になった遺骨は、ちょっとしたことで散らばってしまうため、真空パックにしておくのが良いでしょう。




なぜ真空パックかというと、パウダー状になった遺骨は湿気をどんどん吸います。

そして、カビが繁殖しにくい環境をつくるために必要なのです。




また、『海洋散骨』などを考えている場合は、水溶性の袋に前もって入れておきましょう。


小さなお葬式、よりそうお葬式、イオンなど葬儀社紹介サイトの実際の内容とメリット・デメリットを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi25



粉骨業者に依頼する違いとメリット・デメリット



ここまで、自分で『粉骨』をする方法を解説しました。

確かに、道具を準備できれば、作業が多少大変ですが、自分で行うことも十分可能です。




しかし、『分骨』サービスをメインで行っている業者に頼めば、お金は掛かりますが、何かと気が楽でしょう。




そこで、業者に頼む場合とのメリット・デメリットを紹介します。


葬儀費用の内訳の見方|葬儀屋の見積書で絶対チェックするべきポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi12



自分で粉骨するメリット



まず、自分で『粉骨』を行うメリットです。

  • 費用が掛からない

  • 故人を最後まで見送ったと思える




費用が掛からない



『粉骨』を自分で行えば、『粉骨』を業者に頼む費用が掛かりません




『粉骨』の費用としては、

  • 手作業か?機械か?

  • 持込立ち会いか?郵送か?

などの条件で変わりますが、おおよその目安として、

  • 9,000円~40,000円

が、『粉骨』の一般的な費用となります。




故人を最後まで見送ったと思える



他人に任せず、自分の手で全て『粉骨』を行えば、

  • 『最後まで見送れた』

故人を偲ぶ気持ちを、行動に表現することができます。




特に、個人に対して特別な思い入れがあれば、なおさらのことでしょう。


納棺の儀式とは?家族で行う納棺式の重要性や納棺時の服装、火葬式が増えているからこそ納棺式が大切な理由
https://www.touensha.com/post/sougi64



自分で粉骨するデメリット



次に、自分で『粉骨』をするデメリットです。

  • 精神的な負担がかかる

  • 粉骨に時間がかかる

  • 遺骨を場所ごとに分けられない




精神的な負担がかかる



大切な人の遺骨を、自分の手で砕くことは、精神的に大きな負担になる可能性があります。




確かに、『最後まで見送れた』と思えるメリットもありますが、人によっては酷いことをしてしまったと感じ、大きなトラウマになってしまうこともあるのです。




粉骨に時間がかかる



遺骨を2mm未満のパウダー状まで『粉骨』するのは、かなりの時間が掛かります




また、時間短縮のために、先程紹介した機械をレンタルすれば、『粉骨』業者に頼む時と同じぐらいの費用が掛かります。




そして、遺骨には発がん性物質を含む危険性があり、無害化処理を行う必要がありますが、素人で行うのは難しいものです。

『粉骨』に至る前段階で、かなりの時間を要することになります。




遺骨を場所ごとに分けられない



『粉骨』業者は、普段から遺骨に接しているため、骨に関しての知識も持っています。




そのため、喉仏や特定の場所の骨だけ分けることができます。

例えば、遺骨を手元供養するため、喉仏だけ分けて『粉骨』したいなどの要望に、業者であれば応えてくれます。




しかし、自分で『粉骨』をする場合、特定の骨を分けることが難しいのです。




まとめ



今回は、『粉骨』を自分で行っていいのか、業者に依頼する時の違いや、『粉骨』のメリット・デメリットを紹介しました。




故人を偲び、思いが強い人の中には、自分で『粉骨』を行いたい人もいます。

確かに、大切な人の最後を、他人に任せたくない気持ちも分かります。




しかし『粉骨』は、想像以上に肉体的・精神的負担がかかる大変な作業です。




自分で『粉骨』を行うメリット・デメリットを比較して、検討した上で判断して下さい。




葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ

  • 葬儀費用が高かった