• 橙縁社公式

香典返し|金額相場や時期、人気のある品物やタブー等、葬儀や法事の返礼品である香典返しについて徹底解説

更新日:2021年12月26日


  • 通夜

  • 葬儀

  • 49日法要

などの際、香典』を渡した時に、当家からお返し物を頂いた経験があると思います。




この『香典』のお返し物を、『香典返し』と言います。

また、『返礼品』と呼ぶこともあるでしょう。




この『香典返し』ですが、実は渡す時期があり、その時期について意外と知られていません。




そして、『香典返し』には一般的な金額相場があり、もし葬儀に参列した場合、その『香典返し』の金額相場を理解して、『香典』を包みたいものです。




そこでこの記事では、『香典返し』の一般的な金額相場や渡す時期、『香典返し』に選ばれやすい品物からタブーまで、『香典返し』の基本について紹介していきます。




ただし、地域や宗教・宗旨の違いがありますので、参考としてお考え下さい。


一般会葬者の香典金額|友人や知人、仕事関係の相場はいくら?恥をかかず、失礼にならない香典マナー
https://www.touensha.com/post/sougi07


 

  • 『葬儀費用が高過ぎた。。。』

  • 『葬儀内容がイメージと違った。。。』

この葬儀の2大トラブルを回避するためには、葬儀の事前相談が最も有効!!




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓



 

香典返し|金額相場や時期、人気のある品物やタブー等、葬儀や法事の返礼品である香典返しについて徹底解説



香典返し』とは、頂いた『香典』に対してのお返しの品物や、その品物を贈ることをいいます。




そして、後ほど解説しますが、『香典返し』には、

  • 当日返し

  • 忌明返し

の2種類があります。




『香典』には、遺族に対しての葬儀費用の負担の意味もあります。

また、故人への最後の贈り物という考え方もあり、遺族は故人の代行として、お返しをすることが葬儀マナーとなっているため、『香典返し』を贈るのです。


香典金額が多過ぎるのは失礼|一般会葬者の高額香典の目安はいくらぐらいなのかを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi72


 

香典返しを贈る時期について



一般的には、通夜や葬儀に参列した際に、『香典』を渡して『香典返し』を受け取ることが多く、『香典返し』を贈る時期については意外と知られていません。




『香典返し』を贈る時期は、

  • 当日返し

  • 忌明返し

以上の2つとなり、本来の『香典返し』を贈る時期は、『忌明返し』となります。




『忌明返し』として『香典返し』を贈る時期は、

  • 通夜

  • 葬儀、告別式

  • 49日法要

といった弔事が無事済んだ報告も兼ねており、『忌明け』から1ヶ月以内に贈ります。


香典の渡し方|通夜と葬儀どちらで香典を渡すのが正しい葬儀マナーなのか徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi70


 

忌明返しで香典返しを贈る時期|宗教、宗旨ごとの違い



先程説明したように、本来『香典返し』を贈る時期は、『忌明け』の後になります。




しかし、宗教・宗旨によっても、『忌明け』の時期は異なるため、簡単に主な宗教・宗旨の『忌明け』を紹介します。




亡くなった日から『忌明け』の日数


  • 仏教 ⇨ 49日【七七日忌(なななのかき)】

  • 神道 ⇨ 50日【50日祭】

  • キリスト教(カトリック)   ⇨ 30日目(追悼ミサ)

  • キリスト教(プロテスタント) ⇨ 1ヶ月後(昇天記念日)


神道の葬儀・神葬祭とは|仏教との違いや作法、参列の注意点など神式の神葬祭について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi98


 

香典返しの金額相場



次に、『香典返し』の金額相場を説明していきます。




一般的に『香典返し』の金額は、

  • 『香典』の半値返し

とされています。




また、地域や関係性によっては、3分の1返しの場合もありますが、一般的な『半値返し』を基本として説明します。


親族の香典金額|年齢や関係性での相場はいくら?恥をかかず、失礼にならない香典マナー
https://www.touensha.com/post/sougi06


 

香典返しの半値返しはいくらになるのか?



『香典』の『半値返し』といっても、いくらになるのかイメージ沸きずらいですよね。

そこで、目安を紹介します。




会葬者の立場や関係性、年齢などによっても異なりますが、

  • 5,000円~7,000

が、一人頭の『香典』の平均金額になることが多いものです。




そのため、『香典返し』の金額としては、

  • 2,000円~3,000

ぐらいの品物を選び、準備しておくのが一般的です。


一日葬とは|通夜を行わない一日葬の流れ、葬儀費用の平均など近年支流の葬儀形式一日葬について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi78


 

香典金額が多い人には半値返しをどうすれば良いのか?



先程、『香典』の平均金額が、

  • 5,000円~7,000

になると説明しました。




しかし、一人一人の金額で見ると、

  • 親族

  • 故人と関係性が深い方

など、『香典』を平均金額よりも、高額な金額包まれる方が多数いるものです。




高額な香典を包んだ方には、香典返しはどうすれば良いの?』

と悩む方も多いことでしょう。




この件に関しては、地域ごとで考え方が変わりますので、参考となる方法をいくつか紹介します。


  1. 香典返しを数種類用意しておく

  2. 法事などの香典と合わせ考える


エンバーミング処理トラブルとデメリット|葬儀社の嘘で広がってしまった?エンバーミングトラブル
https://www.touensha.com/post/sougi101


 

高額な香典の場合の香典返し【1】香典返しを数種類用意しておく



まずは、『香典返し』を数種類用意しておく方法です。




この『香典返し』を数種類用意するケースは、『当日返し』ではなく、

  • 忌明返し

の場合に、よく見られる方法です。




葬儀当日や弔問時、法要などの際に頂いた『香典』金額に合わせ、『香典返し』を数種類用意し、忌明け後お贈りします。




なお昔は、一軒ずつ家を回り、『香典返し』を手渡していましたが、現在では郵送で送ることが一般的でしょう。


葬儀の服装マナー【女性編】葬儀参列時、女性の喪服選びのポイントを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi50


 

高額な香典の場合の香典返し【2】法事などの香典と合わせ考える



次に、49日法要などの香典と合わせて、『香典返し』を、

  • 半値返し

  • 3分の1返し

に合わせる方法です。




このケースの場合、葬儀の『当日返し』では、

  • 金額に関係なく同じ香典返し

を、親族・一般問わず贈ります。




そして、49日法要が終わった時に、

  • 葬儀の香典

  • 49日の香典

受け取った『香典』の合計金額に対して、差額分に見合う『香典返し』を贈る訳です。




参考例として、高額な『香典』を頂いた一般会葬者を、例に挙げてみましょう。


  • 葬儀の香典 ⇨ 3万円

  • 当日返し  ⇨ 3,000円




仮に3分の1返しだとすると、差額が、

  • 10,000円-3,000円 = 7,000

となるため、忌明返し』として、7,000円前後の『香典返し』を贈る訳です。




しかし現実的には、

  • 3,000~5,000円の品物

  • 義理事として追加の香典返しは贈らない

ことが、一般的な対応だと言えるでしょう。


家族葬は葬儀費用が割高|値段の安さで有名な家族葬が最終的に費用が高くなる理由を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi05


 

香典返しの品物選び|選ばれやすい物からタブーまで



『香典返し』の金額も分かった所で、実際に贈る品物を選びましょう。




しかし、『香典返し』の葬儀マナーの中には、タブー視されている品物もあるため、選ぶ際には気を付けたいものです。




そこで、『香典返し』として選ばれやすい品物やその意味、タブー視されている品物について紹介します。


  1. 消耗品

  2. 飲食料品

  3. カタログギフト

  4. タブー視されている品物

  5. 番外編


葬儀の流れ|臨終~火葬、葬儀後・これさえ読めば焦らない葬儀の流れを分かりやすく徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi18


 

香典返しの品物の選び方【1】消耗品



『香典返し』では、

  • 悲しみや不幸が消えるように

という意味を込めて、長く残らない『消えもの』が選ばれます。




そこで、使えばなくなる物として、『消耗品はよく選ばれる品物です。




昔からの代表的な物で言えば、

  • タオル

  • 洗剤

  • 石鹸

といった日用品が、『香典返し』によく選ばれていました。




しかし現在では、親族・会葬者の年齢層にもよりますが、日用品にはこだわりがある方が増え、あまり選ばれない傾向ではあります。


エンバーミング処理とは|内容や費用、日本で必要ない理由など、勘違いされているエンバーミングを徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi21


 

香典返しの品物の選び方【2】飲食料品



先程の『消耗品』と同じく、『消えもの』として定番なのが『飲食料品』です。




昔からの代表的な物で言えば、

  • お茶

  • 海苔

  • 乾物

  • 梅干し

などが、『香典返し』してよく選ばれていました。




しかし現在では、食習慣の変化や家でお茶を飲む人が減っており、昔の代表的な『飲食料品』は選ばれない傾向です。




近年選ばれやすい『香典返し』としては、

  • 調味料セット

  • 珈琲とクッキー詰合せ

  • フリーズドライスープ

といった、手軽に使える品物が選ばれやすい傾向です。


葬儀内容の選び方|6種類の葬儀から家族に合った形式を選ぶポイントを分かりやすく解説
https://www.touensha.com/post/sougi17


 

香典返しの品物の選び方【3】カタログギフト



個人や家庭ごとに、趣味・思考が強くなったことで、『香典返し』を受け取った相手が、好きな品物を選べる

  • カタログギフト

を贈るケースも増えてきました。




特に、比較的若い世代に選ばれる傾向があります。




しかし、年配の方の中には、

  • 選ぶのが大変

  • 注文方法が分かりずらい

などの声を拾うことも多々あり、『香典返し』を贈る年齢層を考えてから検討するのがよいでしょう。


納棺式の服装は?|納棺師が教える納棺の儀の服装、平服の意味など、納棺式のマナーについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi77


 

香典返しの品物の選び方【4】タブー視されている品物



『香典返し』の品物選びとして、タブー視されている品物も紹介しておきます。




まずは、『四つ足生臭もの』と呼ばれる、

と、その加工品です。




地域の風習などもありますが、本来は、

  • 49日の忌明け迄

生肉、生魚といった生き物は、食べずに過ごすものでした。




次に、

  • 鰹節

  • 昆布

  • 酒類

といった不祝儀に向かない食品です。




特に鰹節や昆布は、慶事を象徴する品物で、祝い事の定番の品物となっているため、『香典返し』としては避けるようにして下さい。


葬儀とは何か|なぜ葬儀を行うのか?葬儀の意味を理解してお葬式を考え直すための知識を徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi62


 

香典返しの品物の選び方【5】番外編



最後に紹介するのは、番外編として、

  • 商品券

  • クオカード

といった金券と呼ばれるものです。




結論から言えば、商品券やクオカードを『香典返し』として贈ることは、タブーではありません




荷物にもならず、好きな時に好きな品物を買える商品券は、確かに喜ばれ、選ばれる方も多いものです。




しかし、目上の方年配の方に、商品券単体で送るのは避けた方が良いでしょう。




なぜなら、商品券やクオカードなどは金券です。

つまり、現金と同じように受け取られる可能性があるのです。




時には、商品券を贈ったことで、心遣いが欠けていると判断され、失礼にあたる場合もあります。


キリスト教の葬儀|キリスト教の葬儀マナーや仏式との違いなど、キリスト教のお葬式について徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi94


 

まとめ



今回は、『香典返し』の一般的な金額相場や渡す時期、『香典返し』に選ばれやすい品物からタブーまで、『香典返し』の基本について紹介しました。




葬儀参列時に受け取ることが多い『香典返し』。

これは『当日返し』と言い、近年のお葬式では、『当日返し』の『香典返し』が基本となっています。




ですが、本来の『香典返し』の時期は『忌明返しであり、『忌明返し』が当たり前の地域もまだまだあります。




また、遺族側は『香典返し』を準備する立場にあり、

  • 金額相場

  • 品物選び

の参考にしてもらえれば幸いです。




そして、葬儀に参列する立場の方も、『香典返し』の平均金額を理解してもらい、下手に少ない『香典』を渡し、『香典返し』を受け取ることが無いように心掛けて欲しいものです。


互助会解約トラブルは年間3,000件超|解約手数料の違法性など互助会解約トラブルについて徹底解説
https://www.touensha.com/post/sougi15


 

葬儀に関するご相談は『橙縁社』へ



葬儀に関する知識は、分からない事が当たり前です。

しかし、分からないからこそ、後々トラブルの原因にもなってしまいます。


  • 葬儀費用が高かった

  • イメージと違った

これが、葬儀の2大トラブルであり、クレームの大半だと言えます。


そんな葬儀トラブルを回避するためにも、葬儀の準備は事前に行うことが大切なのです。


いざという時困らないように、葬儀全般の疑問は

  • 橙縁社(とうえんしゃ)

にお問合せ下さい。


一級葬祭ディレクターの専門スタッフが、24時間365日対応させて頂きます。




茨城県の葬儀に不安がある方は、こちらをクリック

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓




閲覧数:14回0件のコメント